Search this site
MY MAIN SITE ( click please ! ) banner 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
新潟市のプリザーブド&アーティフィシャルフラワーデザイナーの日常
Bangladesh Lunch
  
 

        
 

新潟大学で研究・講師をしているバングラデシュ人の知人宅に
初めてランチに呼んでいただきました。

ご家族にお会いするのは初めて。
子どもの年齢がすごく近いと聞いていたのでとても愉しみにして伺いました。
     
写真は、ごちそうになったバングラデシュのカレーです。


        


イスラム教徒は豚は食べませんので、ココナッツミルクとチキンとマトンの3種類。

お米もタイ米で細長くて
日本のカレーとは違ってさらっとしていますが、

数種類の本物スパイスを配合したカレーはさすが美味。
香りが違います。

チリペッパーを抜いてくださったので 子どもたちももちろん大丈夫。

         

こちらは子どもたちの様子。初対面で最初は大人しくしおりましたが・・・
            ↓
            ↓ 帰るころ。         

        
          もう撮影不可能な騒ぎ様。

 わたしたち親が片言の英語と日本語で苦労しながら会話している間に
 子どもたちはすっかり仲良しに。
 
 ちなみにLaida & Lahatt(子ども)は日本生活の方が長いので
 バングラ語より日本語が上手。
 日本語で兄妹げんかして、親が仲裁に入れないらしい・・・。

           

 おみやげにいただいたバングラの伝統工芸「ノクシカタ刺繍」のバッグ。
 一つ一つ手作りの、手の込んだ刺繍です。

 私にくださったというのに、あっという間に娘の肩に。
 「保育園バッグにする。」だって。

 久々に外国の方と片言でお話ししてみて思うこと。

 会話って、完全でなくても伝わるんですよね。 
 相手のことを本気で理解しようという気持ちさえあれば。
 
 
 

 最近少し忘れてたかも。 そういう気持ち。




 

posted by Reiko | 18:32 | food | comments(0) | trackbacks(0) |
柔らかい水




 今年の新潟は30度前後のほどよい暑さが続いています。
 夏嫌いな私でも結構快適。
 
 そこで今日の写真は 題して柔らかい水
 
 このホースから出てくる水、本当に柔らかいんです。



続きを読む >>
posted by Reiko | 22:12 | my favorit | comments(0) | trackbacks(0) |
夏休み親子クラフト教室・続報 


始まりました。夏休み親子クラフト教室
今週はラッシュだったので、一部ご紹介。



<男の子中心・炸裂派チーム> 



 ↑流木を組み合わせて作ったイノシシ? なぜか頭に葉っぱが・・・
  (本人いわく 雨宿り。)  とにかく目が真剣なんです。
         
                    ↓右下の写真は恐竜?目はブドウです。

  

↑ワイヤーで 「な」 の字作製中・・・ななみちゃん。

こういう類の作品に 全く意味づけをせずに黙って見守る母2人が印象的でした。



<正当派・女の子チーム>

  

 いろんな花材を選んでリース作製中・・・
これだけの花材があるとたくさん入れたくなるのが人情というもの。

 mai  もっとたくさんお花つける〜!
 母   これ以上入れるとウルサクなるわよ!
 mai え〜っ!うるさくないよ、だって喋らないもん(リースは・・・) 
 

        

    
     
   姉と母たち二組の脇で3才の妹hanaちゃん。
   ドライフラワー用オアシスをひたすら切る・・・。切る。切る。
     (ちなみにナイフではないので安全)
           
          ↓

          ↓

          ↓       
  


完成したのは・・・ごはんだそうです(笑)

 


 結論 : 子どもって・・・だからスキ。




posted by Reiko | 16:29 | lesson | comments(2) | trackbacks(0) |
せみのぬけがら
  
  


あっ・・・




 これは・・・




 こっちがきっと女の子だ! だって目がカワイイもん!
        

             ↓
             ↓ (ムシ嫌いの方 戻る推奨です)            
             ↓
             ↓
             ↓

   
     
        セミのぬけがら2匹

  これのどこが目で、どっちが女の子なんだっつーの。
           

  たのむから こーいうもの、引き出しの中にしまっておかないで欲しい・・・
  ギョッとするんだってば。
 




posted by Reiko | 21:29 | family | comments(0) | trackbacks(0) |
Happy Wedding
  
     



 今月ご結婚予定のお二人。

 引き出物の一部や
 お二人がお世話になった衣装屋さんや美容室の方へのお礼などなど・・・

 お二人で手作りのプリザーブドフラワーを差し上げるということになり
 ほぼ一日がかりで製作中・・・
 
 差し上げる方のイメージを相当深くまで掘り起こし
 「他にないものを作りたい!」というかなりのこだわりで
 1つのアレンジメントに1時間以上悩んでおられる様子。

 時間がかかるので 先生どうぞ適当に・・・。たまに来てくださればいいですよ

 そうですね。二人っきりにさせておいてあげましょうか (おばさんだわね) 
 
 ということで、まだまだ続く次回のレッスンは
 私は家事をやりながら適当に・・・ということになりそうです(笑)



 
 

 
posted by Reiko | 05:56 | wedding | comments(4) | trackbacks(0) |
Lost memory
   
   
   


   あなた誰・・・でしたっけ?

   先日入院した認知症の父。
   
   それも、照れ笑いしながら、恥ずかしそうに・・・。

   Reikoです。 あなたの娘ですよ。

   手を握ってあげると

   そうですかと、とてもうれしそうにして・・・。


   
   


     
    思わぬところでまさかの自己紹介。
     
    これからも どうぞよろしく お父さん。




posted by Reiko | 02:48 | family | comments(4) | trackbacks(0) |
In the Summer sunset



 
 真夏の夕暮れ。







真っ暗になる寸前が好きです。







posted by Reiko | 09:49 | my favorit | comments(2) | trackbacks(0) |
おめでとう!


 私のプリザーブドフラワー教室にもう2年以上も通ってくださっている生徒さんが
 5月にご出産されたので、先日、赤ちゃんの顔を見に行ってきました。

 松嶋菜々子似のとても美しい生徒さんなのですが
 美しい人というのは 母になるとさらに美くなるものだなあと思います。
 (深みが増してより一層・・・)

 
続きを読む >>
posted by Reiko | 09:32 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
明治時代のガラス?


 一見何てことのない ただのガラスの器。

 実はこれ
 数年前に友人宅の蔵の奥で発見された代物です。





続きを読む >>
posted by Reiko | 17:41 | my favorit | comments(2) | trackbacks(0) |
japanese taste
   
 


 「還暦のお祝い」 「赤」 「和風で」。
 それ以外は完全お任せのオーダーメード。

 お祝いなので、少々賑やかにつくりましたが
 贈られる方の人生の節目になるような作品には
 使う花材にも非常に気を遣います。

 カビや虫がつきやすいものは極力避け
 なるべく長く飾っていただけるように・・・。

 こういったテイストの作品を作るときは
 自分の中で今まで蓄積してきたフラワーアレンジメント・生け花・プリザーブドの
 三要素を無意識に融合させているのですが
 それぞれの分野の講師・先生たちのおっしゃっていた理論が
 作りながらも再三、頭をよぎっていきます。

 応用しようとするときほど 基本の大切さに気づきます。


 
posted by Reiko | 17:10 | order made | comments(0) | trackbacks(0) |
夏 ・ 夏 ・ 夏



 梅雨が明けて いよいよ夏本番。
 夏野菜オンパレードの我が家の食卓です。




続きを読む >>
posted by Reiko | 22:10 | food | comments(0) | trackbacks(0) |
人生は


 怒られたり・・・
 つらいこともあるけれど・・・





 そうやって見守ってくれる人がいるってうれしい。





  泣いたり笑ったりしながら 素敵な人生歩んでいきましょう。


 



 撮影協力 : 娘(5才)。人形の配置は彼女の勝手な思いつき。

   
 ふと目を離したら こんな荷物を背負わされていた・・・ これもまた人生(笑)。







posted by Reiko | 10:33 | my favorit | comments(0) | trackbacks(0) |
アロマ&クッキング


 こちらの写真は新潟市西区坂井砂山にある
 アロマサロン・カレンデュラの佐藤陽子さん。
 私のプリザーブド教室に来られている生徒さんのお友達なのですが
 アロマサロンを運営されています。

 写真は私が勝手にマーク&文字入れしたのですが
 彼女の背後のお花がトレードマーク。(なんとご自身のデザインとか。)

 お部屋の中はアットホームな癒し系。こんな感じです。

 
 
  私と同様、ご自宅の一室を利用して
 すべてお一人で運営しておられます。
 
 

 1時間半のアロマクラフト教室では、手作り石鹸やルームスプレー、
 クリームなど様々なものを
 1点1500円でつくることができます。
 (お茶とお菓子そして佐藤さんとの楽しい会話がもれなくついてきます)

 私も何度か癒されに行きましたが、ほんとうに優しい空間です。

 なんといっても佐藤さんがとても素敵な方で
 男の子3人の母親でもありながら
 毎日たくさんのレッスンをこなしておられます。
 
 平均睡眠時間約3時間 なのにカリスマオーラ出まくりの
 私とは全然違ったパワフルな魅力。 (若さでしょうかね)

 主婦をやりながら、全くのゼロからのスタートで教室を運営するということは
 想像を絶する大変さなんですよね・・・というところで
 妙に話が合ってしまった 私たちなのでした。

 
 
 
 
posted by Reiko | 22:48 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
アロマ&クッキングその2
 つづき・・・ 

 カレンデュラの佐藤さんはお料理教室にも通われていて
 大変料理がお上手だということで、
 通常のレッスン以外にランチ付きレッスン2500円というコースがあると聞きつけ、
 美味しいものが大好きな私は、
 早速ランチ付きレッスンに参加させていただきました。
 
  
  
  メニューは
  夏野菜とサーモンキッシュのプレート・大麦のコーンスープ。
  市販の調味料は一切使わずに
  塩やハーブなどの自然素材だけを使った完全手作りです。



 
  こちらは手作りパン。
  割り箸一本でできるという超簡単レシピ!


  実はこの後さらにデザートのバナナケーキがつきました。
 
  はっきりいって腕前はプロ級。
  アロマのみならずお料理教室まで外部でこなしておられるというのも納得。

  ということで、プリザーブドフラワーは全く関係ありませんが
  ただ単に自分が料理を習いたくて
  佐藤さんのお料理教室を企画させていただきました。
  佐藤さんのご厚意で材料費のみの開催となっています。

  夏休み中なので子ども連れ大歓迎です。

  日 程: 8月21日(木)
  場 所: 黒崎地区保健センター
  時 間: 大体10時ころから14時ころまで
  料 金: 大人1500円 子ども500円
   (いっぱい食べる子1000円 取り分け可能な小さい子無料−母の判断に任せます)

 
  やけにアバウトな内容だな〜 とご心配の方もおられると思いますが
  実はまだ大枠しか決まっておりませんので
  後日詳しくまたご連絡いたします。
 
  日にちと場所、料金は変わりませんので
  お申し込みはいつでもお受けいたします。

  7rpmのHPよりメールまたはお電話にてご連絡くださいね。

  私の知人等で一度食べてみたい!という方がおられたら、
  ランチ付きレッスンに一応私を誘ってみてください。
  空いてたらおつきあいします。
  ほんとに美味しいんだってば! ぜひ一度お試しを。
 
  
posted by Reiko | 20:19 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
思いが通じるとき


 昨日、ブーケのご相談にこられたお客様。
 
 来月、軽井沢で結婚式を挙げられるということで
 仲良くお二人でアトリエに来られ
 2時間にも渡る細かい打ち合わせをさせていただきました。

 お話の流れで、ここへ来られた経緯について
 「7rpmさんのHPやブログを見て雰囲気が気に入ったので」
 とおっしゃってくださったのですが
  
 特に祭りのブログ記事を気に入ったと言ってくださったのには驚きました。
 これがきっかけでブーケの依頼をくださったのだと。

 「なんていうか ブログの雰囲気とか写真が私の好きな雰囲気なんですよ。
  おまかせしてしまってもいいかなと思って。」
  
 直接花ではないものが決め手になって花の注文をくださるお客様。
 
 こんなお客様が現れたことは 
 今後のわたしにとって大きなステップになったことは言うまでもありません。
 




posted by Reiko | 16:17 | lesson | comments(0) | trackbacks(0) |