Search this site
MY MAIN SITE ( click please ! ) banner 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
新潟市のプリザーブド&アーティフィシャルフラワーデザイナーの日常
毎日たくさんの出会いが

 

ご両親の銀婚式のプレゼント。 中央区にお住いのお客様からのオーダー。

レッド、ピンク、カスミ草の3点がご指定で、ローラアシュレイがお好きとのこと。
あとはお任せということでしたが

どちらかというとシック系が得意な私としては
こういうタイプ、案外苦手な配色、花材でもあります。

苦手な中にも、自分らしさを表現できたらいいなあと思いながら
そして、こんなふうに、自分の世界が広がっていくのも楽しいものです。

                     

先日、プリザーブドフラワーのご結婚お祝いギフトを求めて、東区からあちこちめぐってこられたお客様が
わざわざここまで足を運んでくださいました。

「あちこち見たけど、なーんかピンと来るものがなくて。」

西区まで流れて来られ、とうとう西蒲区まで。
私の作品を一目で気にってくださって、とてもうれしかったです。


                       

                     
今日は、小学校の文教部主催のプリザーブド教室。
21名さまの講習会。

無事終わってほっとしております。
久しぶりに子供たちと、楽しかったなー。

お写真はまだ後日アップしますが、
毎日、さまざまなお客様と、さまざまな出会いを楽しんでおります。



posted by Reiko | 18:11 | order made | comments(0) | trackbacks(0) |
ふつうにみんなが綺麗に思えるもの



工務店さんから、お客様へ住宅お引き渡し用プレゼントの御注文です。
わたしの定番的スタイルかな。

ときどき御注文をくださるお客様ですが、いつも「デザインはお任せします」とおっしゃってくださいます。
昔は、お任せといわれると、個性を出そうとへたに力が入って、お客様を驚かせてしまったりして
失敗したことが何度かありましたが

今では、初めてのお客様には普通に綺麗なものをお届けするよう心がけています。
「普通に綺麗なもの」って表現、すごーくベタな言い方ですが

それ以外の言葉が見つからない。 
そう、普通にみんながきれいに思えるものを作るって、案外すごくハードルが高いこと。


長年この仕事をやってきて、「プリザーブドギフト」という世界をぐるりと一周し、
また元へ戻ってきたのだけれど
次の一周は違う世界が見えてきたような感じ。

限りなくスタンダードな美しさを追求していく、というのも
一周してそぎ落とされ、浮き彫りとなってきた結論。



-----------------------------------------------------------------------

<本日のオマケ>


現在、夏休み真っ盛り。 (といってもいまだ梅雨明けせずの新潟・・・)
先日、某、通信講座の付録で、簡易顕微鏡が届いた小5の娘。

顕微鏡というものも、また新しいミクロの世界に出会えるスバラシイ道具の1つであります。
早速、あーだこーだといろんなものを覗き込んで楽しんでいるようで
七味唐辛子、ストッキングなどを覗いた様子を、あとから話して聞かせてくれました


娘 : ストッキングって、繊維がからまってる感じがおもしろい。

息子 : ストッキングってなに?

わたし : (えーっ!ストッキングを知らないのか今の男子は。 でもそうか、最近の女子は履かないしなー。わたしも冠婚葬祭の時くらいしか履かないし。)

 ストッキングってさ、ほら、長い靴下のスケスケのやつ。 履いてるようで履いてないみたいな、ノビノビのやつよ。
  ( ↑ われながら、何と説明してよいかわからない語彙の無さに絶句)

息子 : あー。わかった。 (← こんな説明でわかるキミはえらい。 ありがとう)

娘 : 七味唐辛子もきれいだったよー。赤くて。 (← あたりまえだよ。青かったらこわい)

それにしても、頼むから七味の中ブタ、ちゃんと、はめておいて欲しい。。。 
危うく、豚汁にどさっと掛けちゃうとこだったよ(汗)




 
posted by Reiko | 03:33 | order made | comments(0) | trackbacks(0) |
プリザーブド・ヘアコサージュ
 

先日行われました新潟大学の卒業式のヘアコサージュのお写真。

西区内野にあります美容室「匠for hair」さんにてヘアスタイリングをされたお客様のうち
20名様近くの方から髪飾りのご注文をいただきまして
そのうちのいくつかのお写真を頂戴しましたので、ご紹介いたします。

上のお写真の方、髪飾りと袴がバッチリ合っています。笑顔がとてもステキ。



なかなか凝った髪型です。とてもかわいいですね。
お一人お一人、美容師さんの細かい打ち合わせのもとにメインのお花を決めていただき
小花類は私が選んで作成しています。




こちらの方は着替える前のお写真とのことですが、
髪の色と肌の色が淡いイエローにとても合ってます。

私の作成するヘアコサージュは、過剰にキラキラさせないのが特徴かもしれません。
どちらかというと、ナチュラル系です。

そのままでも充分に美しいお嬢さんたちには、花も過剰に手を加えない方がきれいに見える、
個人的意見ですが、そんな気がします。

ほかのお写真も、また折をみてご紹介いたします。







posted by Reiko | 16:15 | order made | comments(0) | trackbacks(0) |
きょう、あえて1Q84の話




ご結婚のお祝いのオーダーのお写真です。プリザーブドのリース。

ご依頼主には大変気に入っていただけて、「わたしも欲しいーー!」と言っていただけました。
ありがとうございます。


                    ★


ところで、きょうは村上春樹さんの新刊 「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の発売日だそうでして
早朝から並んで購入された方もおられるようです。

すごい熱狂ぶりだなと感心してしまいますが・・・といいながらも
なんとワタクシ、実は今ごろ「1Q84」を読んでおります。(笑)

えーっ、いまごろーーーー!とバカにされそうですが
まあまあ、いいじゃないですか。

寝る前に本を読むのが私の小学生の頃からの習慣でして
最近は疲れてすぐ寝ちゃうせいか、2ヶ月以上かかってやっとBOOK3まで来ております。

村上さんご本人いわく、「1Q84」はジェットコースター的なストーリー展開であるとのことですが
ぐいぐいと惹きつけるストーリー展開の中に、ハッとするほどの美しい文章表現が巧みに織り込まれ、ストーリー構築力と表現力、そのどちらも持ち合わせている希有な作家の一人であるとつくづく感じます。

と・・・、3年ぶりの新刊発売日に「1Q84」について語っているのは、世の中で私くらいですな。



(おまけ)

 それにしても「1Q84」って、本当のところどういう意味なんでしょ。
 
 IQ(アイキュー)84の知能指数を示唆しているだとか、いろんな説があるようです。

 そこで、うちの息子の一説もぜひその仲間に加えて欲しい。


 「1Q84」って・・・・・「 い・く・わ・よ〜 」って読むんでしょ。  ← アホか。





 
posted by Reiko | 17:31 | order made | comments(0) | trackbacks(0) |
歩く姿はクマモンか。


 

久しぶりの更新です。。。

本日のお写真は、3月に納品させていただいたプリザーブドのフレームです。
バタバタのピークに納品でしたので、写真がちょっと・・・といった感じですが
ほぼご要望通りに出来上がりまして、大変喜んでいただけました。

多人数さまからお一人様へのギフトとのことで
「みなさんで差し上げるので、中身が見えるように箱に入れてラッピングしてください」
という御依頼。

作品を作るのはさほど大変ではありませんが、
ラッピングや梱包に知恵を絞ることが、案外多いこの仕事。

言われてすぐに、アトリエ内にあるもので上等のラッピングを考えねばなりませんので
そこが腕の見せ所。

といっておきながら、そのお写真がなくてすみません。(ご想像におまかせします)

前面ガラスフレームを外から中身が見えるように、そしてなるべく安全に・・・とは
難易度の高いお題目でありました。


                ★  



さて、仕事が忙しいこともさることながら
現在、プライベートでも忙しく、この春、中学校入学を迎えました我が息子。

かなり小柄で、非常に痩せ型の彼。(はっきりいえば痩せ過ぎでガリガリ。)
ブカブカの学生服を、必死に着ている姿を横で見ておりましたら
あまりにでかすぎるので、上のボタンを3つだけはずして、頭から被って着ている姿を発見!

市販の細身サイズを選んで購入したにもかかわらず、まだまだ、どう見ても大き過ぎ。 
中学生は一生の間で最も成長する時期ですから、と言われ大き目サイズにしたものの
歩く姿は、まるでクマモンの着ぐるみ状態。 



 



がんばれ、クマモン新中学1年生。



母は応援しているよ。










posted by Reiko | 14:17 | order made | comments(2) | trackbacks(0) |
全体像の美しさ
 



オーダーメードの作品です。

多人数さまから おひと方に差し上げるギフト。

みなさんの目に触れずに、私の方から直接発送しますので、
ブログで確認していただきたいなーと思いまして、アップしました。

春らしく、柔らかなイメージ。

息子がこの作品を見て
おぉー、いい感じに生えてるね。」 といっておりましたが

そう。生えてるように作り上げるのがこのアレンジのポイントだったので
彼の言葉を聞いて、自分的には大満足です。


                   


春になると、写真を撮るのも楽しくなります。

私など、どこかでカメラワークを習ったことは一切なく、
恥ずかしながら好き勝手な我流で撮っておりますが

自分が見てきれいだなあと思う景色を
そのまま切り取って形にすることをいつも念頭に置いています。

きょうも、アトリエ内でこんな景色を見ながら過ごしています。

春風が気持ちいい。







posted by Reiko | 13:19 | order made | comments(3) | trackbacks(0) |
タイムマシンの圧力


オーダーメードの作品。

ご依頼主のご希望で、ローズをたくさん入れてみました。
赤を主体に。だけど春らしく。

少しずつ、さまざまな作品のお写真をアップしていこうと思うのですが
なかなか3月分作業の切れ目がなく

もうすぐ4月なのですが、わたしの中ではまだまだ3月モード。
3月末まであと数日。

==================

仕事の話ばかりではつまらないので、雑談コーナー。
( ↑ 実はこっちを楽しみにしている人が多いらしい)

まいどくだらない話ですが、よろしければどうぞおつきあいください。

いつも朝6時半に目覚ましをセットしている小4娘が
先日急に、「明日から6時10分に起きることにする。」と言い出しました。

早起きは三文の得ですから、別にかまわないのですが
その理由を聞いてオドロキ。

最近、いつも夢の山場のところで目覚ましに起こされるーー(いいとこだったのに)。
くやしいから少し早く起きることにするっ!


なのだそうで(笑)。
20分前に起きれば、きっと夢が始まる前であろう、という発想がなんだか笑えます。

そりゃないだろと、ゲタゲタと笑っていた私ですが
実は今朝、同じ体験をいたしました。

夢の中では、なぜか私は高校生。(古っ!)
同じ学校の一番人気の男子を彼氏にした!という夢を見たのですが

なぜかそれが「速水もこみち」君。
(もっと不器用なタイプの男性が好きなはず!?ーー単なるMOCO'S キッチンの見すぎか?)

でも、久々に青春まっただ中というところで、いきなり目覚ましが。

ビーーーーーーーーー

盛り上がってたわけではないけど、目を覚まして高校生から一気に年をくったようで
どどーっと現実が。

タイムマシンで帰ってくるときの圧力って、きっとこのくらい激しいんだろうなと思ったりしながらも
こういう起こされ方ってやっぱり寝覚めが悪いんですね。

わたしも娘のマネして、明日から20分早く目覚ましかけようかしらん?





posted by Reiko | 00:10 | order made | comments(0) | trackbacks(0) |
3月の風
 

久しぶりの更新です。
最近のお仕事をちょっとだけご紹介。

送別のオーダーメードの一部です。



どちらもプリザーブド。
グリーン等はアーティフィシャルを使用しています。

プリザーブドの作品はプリザーブドだけで作る、というのもステキなこだわりですが
わたしが、あえてアーティフィシャルを取り入れる理由は
作品に動きを出せることにあります。

動きの止まった作品からは趣きがあまり見いだせないので
プリザーブドの「静」と、アーティフィシャルの「動」の部分を、
うまく融合して製作するよう心がけています。

                 

かわりまして
こちらは、来週行われる新潟大学の卒業式のお客様からの御注文。
ヘアコサージュです。





新潟市西区内野にあります美容室「匠for hair」さんにて
着付け&ヘアセットをされるお客様の完全オーダーメードです。

新大生御用達の人気美容室だけありまして、
今年は、なんとご予約が30名近くにのぼるとのこと・・・(すごい)

一つ一つ凝った写真を撮っている時間がありませんでしたので
どーんとまとめてパチリ。
半日ずつ2日間、ほぼ缶詰状態で作製。

袴、またはドレス用ということで
メインのお花はご本人のご希望ですが、小花類はわたしが選んでおります。
いろんなことをイメージしながら小花を選ぶ時間はとても楽しいのです。


                 


現在、レッスンと並行してのオーダー作製が続いておりますが
中には大きな作品を作られている方もいらっしゃるので
落ち着いたら、ゆっくり写真のアップをしていきたいと思います。

最近の特徴は、1万円以上の高額オーダーが非常に多いことでしょうか。
それだけ信用していただけているというのは、大変に嬉しい限りです。

といっても、3000円くらいのオーダーももちろんいただいておりまして
小さな物から大きなものまで、どんなものでも心を込めて作製しております。






posted by Reiko | 14:19 | order made | comments(0) | trackbacks(0) |
待つことの意味
 

久しぶりの更新です。。。

きょうのお客様に「最近ブログの更新ないですねー」と、突っ込まれましたので(笑)
慌てて更新しております。

上の写真は、先日、新潟市北区のお客様より御依頼のありましたお誕生日のプレゼント。
若い男性からの御依頼ですが、お渡しするお相手に大変強い思い入れのある印象を受けました。

うーん、ひょっとしてまた、これからの人生に関わる大事なプレゼント!?
責任重大。



そして、こちらの写真は、向こう側が 生徒さんのレッスン作品。
手前は、オーダーをいただきました送別のアレンジメント。

この時期は、明るく春らしいものを作りたくなります。

-------------------------------------------------------------------------------

2月も中旬となりまして、大人たちの間では、もう冬は沢山だ・・といった雰囲気。

しかしながら、子どもたちにとっては、「もう終わりかーあんまり雪が積もらなかったなー」と、なんとも残念そう。

その季節にしか楽しめないことがあることを、子どもたちはちゃんと心得ていて
「早く冬が終わって欲しい」などとは思わないのだなーと、痛感します。

雪国のわたしたちにとって
可愛らしい春色のお花を手に 暖かいお部屋で日々を過ごしながら
春を待ちわびるというのも、楽しいものですよね。

最近は、すっかり省略されることの多くなった、この「待つ」という行為。
しかしながら、季節だけは簡単に省略できないわけでして

一見、無駄で しんどいと思われる「待つ」という時間も 心の副産物を生み出す大切な存在。


  春を待つ
      待つとは夢の 多きこと
 
   
  
                       (新潟日報 ・ 日報抄より抜粋)






posted by Reiko | 14:42 | order made | comments(0) | trackbacks(0) |
1月生まれって損かもしれません



昨年秋の和風オーダーのお写真ですが、
お正月っぽくてステキかなと思いまして載せてみました。

あっという間に1月も10日となりまして、明日はもう鏡開き。
月日の経つのは早いなーと実感するこのごろ。

1月といえば、私の誕生日がやってきます。
ここ数年感じることなのですが、1月生まれって案外損です。

それはなぜか。。。

最近、誕生月になるとあちこちのお店から送られてくる割引クーポンはがき。
パソコンを開けば、メールでも何通か
お誕生日特別割引クーポンみたいなのが送られてきています。


今月お誕生日を迎えるあなただけに


といわれると、ぜひぜひ使わなければ損!と思うのが世の常。

しかしながら、1月というのは一年12か月中で、最も購買意欲の失せている月ではないかと思います。

クリスマス、年末と、すっかり散財し、食欲・物欲はしっかりと満たされ、
さらには、しんしんと雪が降り積もる新潟。。。。
あ〜〜〜さむっ。 欲しいものも特にないし、お金もないから大人しくしていよっと。。

といった感情が最前列に出てくるのが1月。
せっかくの誕生月のお誘いにも、心はあまり動かず。。(氷のように固まったまま)

これがほかの月だったら、もっと有効に使えるのになーと思い
いっそのこと、これから会員登録するお店には、「わたしの誕生日は4月」とか書いちゃおうかしら、と思ったこともありますが(どうせ自己申告だし)

しかしながら、どうでもいいことのようで結構大切な自分の誕生日。
愛着もあるわけでして、こんなくだらない理由でウソをつくのは
案外、抵抗があるわけなのであります。



---------------------------------------------------------------------


<本日のおまけ>

靴下を買うときは、左右マークの付いてない、同じ模様のものを沢山買うと経済的。
特に男性ビジネスものは、たいてい黒や紺だったりしますので
片方穴があいても、組み合わせを変えてやれば、ずっと使えるからです。
最初はたくさんあった靴下も、穴があいたりゴムが伸び、一足減り、二足減り・・・ 
ついに最後の2足、つまり一組残るまで使えます。

と、この話を娘にしてみたところ


  へえ〜 トーナメント方式だねっ


靴下のトーナメント戦・・・ 
最後に残った1足は表彰してやらねば。(1足じゃ履けないけど)
がんばって勝ち残って欲しい(笑)。





posted by Reiko | 13:51 | order made | comments(4) | trackbacks(0) |