Search this site
MY MAIN SITE ( click please ! ) banner 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
新潟市のプリザーブド&アーティフィシャルフラワーデザイナーの日常
春。新しいこと始めよう


本日のお写真は、還暦のお祝いのギフト。 レッスンにてお客様が作製されたものです。
HPに載せていた作品のイメージで、ということでおつくりいただいたものです。

リボンもレースもない、シンプルなもの・・・というご依頼が多いのが、
うちのレッスンやご注文の特徴の1つでもあります。

やはり4月なのか、最近は新規のレッスンお申し込みが多く、今週は毎日、レッスンのお客様がこられています。
                        
                        


毎日、さまざまな方が来られますが
この仕事をしていなかったらこんなに親しくお話しする機会などないような職業の方々にお会いできるのが、わたしのひそかな楽しみでもあります。
家にいながらにして、視野が広がるさまざまなお話を聞かせていただけるなんて、本当に幸せ。

たとえば

OLさん、看護師さん、介護士さん、小学校〜大学の先生、美容師さん、グラフィックデザイナーさん、建築士さん、薬剤師さん、裁判所にお勤めの方、ピアノの先生、雑誌編集者さん、などなど・・・

ちなみにきょうのお写真のお客様は、弁護士秘書さん。 弁護士先生へのプレゼントだそうです。

                        

そして、ここ数年多いのが、ほかのフラワー協会をやめられて流れて来る方。

わたしは今、協会無所属の完全フリー状態でやっておりますので、
ほかの団体でなかなか芽を出し切れなかった方たちが、再度チャレンジするためのフォローもしております。

せっかくお金と時間をかけてやってきたことですから、一度や二度の失敗であきらめないで欲しいのです。

そんな方たちの応援も、わたしに与えられた1つの役目なんだなー、
などと感じている 2014年春、なのであります。




posted by Reiko | 20:45 | order made | comments(0) | trackbacks(0) |
知っていそうで意外と知らない言葉。
 

本日のお写真は、アーティフィシャルのクラッチブーケ(茎の見えるブーケ)。
大阪市のお客様よりご依頼です。

最近は、アメリカの写真サイトPinterestの影響なのでしょうか、こういったナチュラル系クラッチブーケのご依頼が多くなりました。

キラキラ、フリフリ系のブーケも人気なのでしょうけれど、そういうお客様はあえてうちには来られないだけかもですが。
ナチュラルなクラッチブーケに、ドイツ製のストライプリボンを使用しています。
わたしも家に飾りたいなーと思わず思ってしまうような、素敵なブーケになりました。

----------------------------------------------------------------------------


<本日のおまけ>

先日、うちの小6の娘がこんな質問を。

 娘 : おかーさん、「 オカメは、チモク 」 ってなに?

 わたし : えっ?? オカメは、ちもく?? オカメはちもく・・・ おかめはちもく。
       おお、それはひょっとして「岡目八目(おかめ はちもく)のこと?

 娘 : へえー。オカメはチモクじゃなくて岡目八目っていうのか。 どういう意味?
 
 わたし : おかめ顔の人や、八目顔の人も、みんな面白い顔だ、とか、そういう意味じゃないの?
 (いやこれは、「おかめひょっとこ」の間違いのような気もする。いいのか、こんないい加減なことを言って。だいたい八目顔ってなんなんだ。。)     

 (;´∀`)      

 辞書を引いてみる。

 (;゚Д゚)

 岡目八目------囲碁を打っている人よりも、まわりで見ている人のほうが、八目先の手まで見えるということから来た言葉。まわりで見ている人のほうが、ことのよしあしがわかるということ。

 ぜんぜん違ってるではないか。ヾ(゚д゚;)
 
 わからない言葉は、ちゃんと辞書をひきましょう(笑)

 
 




posted by Reiko | 21:27 | order made | comments(0) | trackbacks(0) |
着物用ヘアコサージュその2
 

着物用ヘアコサージュその2。

こちらは実際に使われた方のお写真を頂戴しました。

先日のモデルさんのお写真もステキでしたが

こちらはまた別な意味で、着物と合わせて着けられた実際の感じがよくわかると思います。

花を着物に合わせることも大切ですが、

こうやってみると、着物の色と違っても別によいものですよね。。

お嬢様の表情が、とてもお花とマッチしているように思えます。

お母様がお嬢様の成人式のために、ご自身で作られたものです。

Sさま お写真ありがとうございます。





posted by Reiko | 20:35 | order made | comments(0) | trackbacks(0) |
ヘアコサージュ撮影用
 

中央区上近江にあります ヘアサロン・IROHA さん>>の着物撮影に協力させていただきました。

店長・坂井さんより
撮影用なので華やかなイメージで作ってねと言われましたので、私にしてはちょっと濃い〜感じ。

着物は古町 ワズスタイルさん>>  なかなかセンスのいい着物だなあ・・と思います。

両店のブログに別な写真もアップされてますので、よかったらごらんくださいませ〜




posted by Reiko | 00:26 | order made | comments(0) | trackbacks(0) |
毎日たくさんの出会いが

 

ご両親の銀婚式のプレゼント。 中央区にお住いのお客様からのオーダー。

レッド、ピンク、カスミ草の3点がご指定で、ローラアシュレイがお好きとのこと。
あとはお任せということでしたが

どちらかというとシック系が得意な私としては
こういうタイプ、案外苦手な配色、花材でもあります。

苦手な中にも、自分らしさを表現できたらいいなあと思いながら
そして、こんなふうに、自分の世界が広がっていくのも楽しいものです。

                     

先日、プリザーブドフラワーのご結婚お祝いギフトを求めて、東区からあちこちめぐってこられたお客様が
わざわざここまで足を運んでくださいました。

「あちこち見たけど、なーんかピンと来るものがなくて。」

西区まで流れて来られ、とうとう西蒲区まで。
私の作品を一目で気にってくださって、とてもうれしかったです。


                       

                     
今日は、小学校の文教部主催のプリザーブド教室。
21名さまの講習会。

無事終わってほっとしております。
久しぶりに子供たちと、楽しかったなー。

お写真はまだ後日アップしますが、
毎日、さまざまなお客様と、さまざまな出会いを楽しんでおります。



posted by Reiko | 18:11 | order made | comments(0) | trackbacks(0) |
ふつうにみんなが綺麗に思えるもの



工務店さんから、お客様へ住宅お引き渡し用プレゼントの御注文です。
わたしの定番的スタイルかな。

ときどき御注文をくださるお客様ですが、いつも「デザインはお任せします」とおっしゃってくださいます。
昔は、お任せといわれると、個性を出そうとへたに力が入って、お客様を驚かせてしまったりして
失敗したことが何度かありましたが

今では、初めてのお客様には普通に綺麗なものをお届けするよう心がけています。
「普通に綺麗なもの」って表現、すごーくベタな言い方ですが

それ以外の言葉が見つからない。 
そう、普通にみんながきれいに思えるものを作るって、案外すごくハードルが高いこと。


長年この仕事をやってきて、「プリザーブドギフト」という世界をぐるりと一周し、
また元へ戻ってきたのだけれど
次の一周は違う世界が見えてきたような感じ。

限りなくスタンダードな美しさを追求していく、というのも
一周してそぎ落とされ、浮き彫りとなってきた結論。



-----------------------------------------------------------------------

<本日のオマケ>


現在、夏休み真っ盛り。 (といってもいまだ梅雨明けせずの新潟・・・)
先日、某、通信講座の付録で、簡易顕微鏡が届いた小5の娘。

顕微鏡というものも、また新しいミクロの世界に出会えるスバラシイ道具の1つであります。
早速、あーだこーだといろんなものを覗き込んで楽しんでいるようで
七味唐辛子、ストッキングなどを覗いた様子を、あとから話して聞かせてくれました


娘 : ストッキングって、繊維がからまってる感じがおもしろい。

息子 : ストッキングってなに?

わたし : (えーっ!ストッキングを知らないのか今の男子は。 でもそうか、最近の女子は履かないしなー。わたしも冠婚葬祭の時くらいしか履かないし。)

 ストッキングってさ、ほら、長い靴下のスケスケのやつ。 履いてるようで履いてないみたいな、ノビノビのやつよ。
  ( ↑ われながら、何と説明してよいかわからない語彙の無さに絶句)

息子 : あー。わかった。 (← こんな説明でわかるキミはえらい。 ありがとう)

娘 : 七味唐辛子もきれいだったよー。赤くて。 (← あたりまえだよ。青かったらこわい)

それにしても、頼むから七味の中ブタ、ちゃんと、はめておいて欲しい。。。 
危うく、豚汁にどさっと掛けちゃうとこだったよ(汗)




 
posted by Reiko | 03:33 | order made | comments(0) | trackbacks(0) |
プリザーブド・ヘアコサージュ
 

先日行われました新潟大学の卒業式のヘアコサージュのお写真。

西区内野にあります美容室「匠for hair」さんにてヘアスタイリングをされたお客様のうち
20名様近くの方から髪飾りのご注文をいただきまして
そのうちのいくつかのお写真を頂戴しましたので、ご紹介いたします。

上のお写真の方、髪飾りと袴がバッチリ合っています。笑顔がとてもステキ。



なかなか凝った髪型です。とてもかわいいですね。
お一人お一人、美容師さんの細かい打ち合わせのもとにメインのお花を決めていただき
小花類は私が選んで作成しています。




こちらの方は着替える前のお写真とのことですが、
髪の色と肌の色が淡いイエローにとても合ってます。

私の作成するヘアコサージュは、過剰にキラキラさせないのが特徴かもしれません。
どちらかというと、ナチュラル系です。

そのままでも充分に美しいお嬢さんたちには、花も過剰に手を加えない方がきれいに見える、
個人的意見ですが、そんな気がします。

ほかのお写真も、また折をみてご紹介いたします。







posted by Reiko | 16:15 | order made | comments(0) | trackbacks(0) |
きょう、あえて1Q84の話




ご結婚のお祝いのオーダーのお写真です。プリザーブドのリース。

ご依頼主には大変気に入っていただけて、「わたしも欲しいーー!」と言っていただけました。
ありがとうございます。


                    ★


ところで、きょうは村上春樹さんの新刊 「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の発売日だそうでして
早朝から並んで購入された方もおられるようです。

すごい熱狂ぶりだなと感心してしまいますが・・・といいながらも
なんとワタクシ、実は今ごろ「1Q84」を読んでおります。(笑)

えーっ、いまごろーーーー!とバカにされそうですが
まあまあ、いいじゃないですか。

寝る前に本を読むのが私の小学生の頃からの習慣でして
最近は疲れてすぐ寝ちゃうせいか、2ヶ月以上かかってやっとBOOK3まで来ております。

村上さんご本人いわく、「1Q84」はジェットコースター的なストーリー展開であるとのことですが
ぐいぐいと惹きつけるストーリー展開の中に、ハッとするほどの美しい文章表現が巧みに織り込まれ、ストーリー構築力と表現力、そのどちらも持ち合わせている希有な作家の一人であるとつくづく感じます。

と・・・、3年ぶりの新刊発売日に「1Q84」について語っているのは、世の中で私くらいですな。



(おまけ)

 それにしても「1Q84」って、本当のところどういう意味なんでしょ。
 
 IQ(アイキュー)84の知能指数を示唆しているだとか、いろんな説があるようです。

 そこで、うちの息子の一説もぜひその仲間に加えて欲しい。


 「1Q84」って・・・・・「 い・く・わ・よ〜 」って読むんでしょ。  ← アホか。





 
posted by Reiko | 17:31 | order made | comments(0) | trackbacks(0) |
歩く姿はクマモンか。


 

久しぶりの更新です。。。

本日のお写真は、3月に納品させていただいたプリザーブドのフレームです。
バタバタのピークに納品でしたので、写真がちょっと・・・といった感じですが
ほぼご要望通りに出来上がりまして、大変喜んでいただけました。

多人数さまからお一人様へのギフトとのことで
「みなさんで差し上げるので、中身が見えるように箱に入れてラッピングしてください」
という御依頼。

作品を作るのはさほど大変ではありませんが、
ラッピングや梱包に知恵を絞ることが、案外多いこの仕事。

言われてすぐに、アトリエ内にあるもので上等のラッピングを考えねばなりませんので
そこが腕の見せ所。

といっておきながら、そのお写真がなくてすみません。(ご想像におまかせします)

前面ガラスフレームを外から中身が見えるように、そしてなるべく安全に・・・とは
難易度の高いお題目でありました。


                ★  



さて、仕事が忙しいこともさることながら
現在、プライベートでも忙しく、この春、中学校入学を迎えました我が息子。

かなり小柄で、非常に痩せ型の彼。(はっきりいえば痩せ過ぎでガリガリ。)
ブカブカの学生服を、必死に着ている姿を横で見ておりましたら
あまりにでかすぎるので、上のボタンを3つだけはずして、頭から被って着ている姿を発見!

市販の細身サイズを選んで購入したにもかかわらず、まだまだ、どう見ても大き過ぎ。 
中学生は一生の間で最も成長する時期ですから、と言われ大き目サイズにしたものの
歩く姿は、まるでクマモンの着ぐるみ状態。 



 



がんばれ、クマモン新中学1年生。



母は応援しているよ。










posted by Reiko | 14:17 | order made | comments(2) | trackbacks(0) |
全体像の美しさ
 



オーダーメードの作品です。

多人数さまから おひと方に差し上げるギフト。

みなさんの目に触れずに、私の方から直接発送しますので、
ブログで確認していただきたいなーと思いまして、アップしました。

春らしく、柔らかなイメージ。

息子がこの作品を見て
おぉー、いい感じに生えてるね。」 といっておりましたが

そう。生えてるように作り上げるのがこのアレンジのポイントだったので
彼の言葉を聞いて、自分的には大満足です。


                   


春になると、写真を撮るのも楽しくなります。

私など、どこかでカメラワークを習ったことは一切なく、
恥ずかしながら好き勝手な我流で撮っておりますが

自分が見てきれいだなあと思う景色を
そのまま切り取って形にすることをいつも念頭に置いています。

きょうも、アトリエ内でこんな景色を見ながら過ごしています。

春風が気持ちいい。







posted by Reiko | 13:19 | order made | comments(3) | trackbacks(0) |