まるで「笑点のお題目」なのです



アーティフィシャルのレッスン写真です。
もうだいぶ前にコースレッスンを卒業されて、現在はご自宅で教室をなさっている方の作品です。
当時のレッスンはプリザーブド作品がほとんどで、大型アーティフィシャルはあまり作らずに卒業された方なので
大物レッスンにチャレンジすべく、久しぶりに訪れてくださいました。

超個性的な方なので、私の選んだ花材には目もくれず、結局全部自分で選んじゃいましたが
実は、その場でいきなり選んだ素材で大きなデザインを構築していくのは、かなり難しいのです。

まるで「落語家の笑点のお題目か!?」というレベルの難問で、こういうときは講師として、私の方が試されます。
はたして私は「真打」か、はたまた「二つ目」、「前座」でしょうか!?   後者でないことを祈ります。

できあがった作品は、Lシェイプの変形版といったところでしょうか。
それにしても、動きのあるすてきな仕上がりになりました。
この写真、うちの廊下で撮りましたが(汗)このままポストカードや年賀状に使えそうです。


 

2016年 始動。





遅ればせながら
あけましておめでとうございます。

昨年12月に行われた、お正月にちなんだアレンジメントのお写真の一部をアップいたしました。

いまころみなさん飾ってくださっているかな?
しめ縄リースは、毎年必ず新規のお客さまが作りたいとおっしゃるので、ネタとしてはもうだいぶ前のものなのですが
毎年趣向を変えてレッスンをしています。

昨年は、JAみらい白根支部さまより12月に団体レッスンのご依頼もいただきまして、

こんな様子で楽しんでいただけました。
この日は12名さまでそんなに多くなかったし、時間帯も夜だったので、私一人で講習を行いましたが…甘かった。
とにかくメチャメチャ忙しくて、写真なんてものは、この一枚をスマホで撮るのが精いっぱい。
終わったときにはもう、汗だく状態でした。
でも楽しかったなー。この年代のお客様のレッスンは大好きなんです。



それから、こちらも年末のレッスン作品。
黒竹の末広を使ったフリーアレンジ。
材料のチョイス、デザインもすべてお客様ご本人です。

わたしも見本に1個作製してみたんですが、作ったとたんに売れちゃったので、残念ながらお写真がありません。
自由にいろんなことができる材料なので、面白いレッスンです。

              苺 

今年の仕事始めは4日くらいだったかな?
今日は、とまつ衣裳店さんに成人式用髪飾り40個納品と
宝石みのわ万代店さんへ、新年のご挨拶を兼ねてディスプレイのメンテナンス。
資材屋さんへ、初仕入れなど、本格始動です。

みのわ万代店さんのディスプレイ写真。
以前は開店直前でバタバタで、写真もまともに撮れなかったので、今回撮りなおして参りました。
よかったらご覧ください、というか、ぜひ実物を見に行ってみてください。ステキなジュエリーがたくさんあります。
新潟伊勢丹のすぐ向かい、万代シティバスセンタービルです。



忙しくてなかなか更新がままなりませんが
本年もどうぞよろしくお願いいたします。



 

長年で得た大切なもの



アーティフィシャルフラワーの花束。
レッスンでの作製ですが、ギフトとしてご使用になられたものです。
パッと見、ほとんど本物に近いですが、すべてアーティフィシャル。
お持ちの花瓶などに挿して飾れるように作られています。

このレッスンに来られたSさん、地元のローカルラジオでパーソナリティをされていた方ですが
ご家族の都合で、最近千葉へ引っ越されてしまいました。残念だなー。



このお写真は、ウンリュウ柳を使って骨組みを作ったアレンジメント。
秋冬のカラーを使ってシックな作品になりました。
実物はもっとステキなんですが、写真がいまいちで申し訳ないです。

このレッスンのKさんには、家にたくさん余っているとおっしゃる「鼓童」のコンサートチケットを家族全員分いただいたり、本当にいろいろお世話になりました。



そして最後、こちらは久しぶりにプリザーブドフラワーのレッスン。
単発レッスンで、プリザーブドは初めてとおっしゃるFさん。
このあと、ブラックのコンポートの底に、白いマジックで贈る日付と名前を書いてお贈りになられたそうです。

この方、某銀行の融資担当者さんでしたが、レッスンしながら雑談してて
うちの住宅ローンを借り換えすると、○○万円も浮くことが判明。
さっそく手続きしてくださって、うちも相当助かりました。

              いちご

こうやって書いてみると、私の方がお客様にお世話になっているような気がします(汗)。

一年間で私がお会いするお客様の数は数百名さまにも及ぶわけで(団体レッスンや、プリザーブド加工などもありますので)
ほぼ初対面の人と、ブーケなどではかなり長時間過ごすこともあり
花の技術だけでなく、話術に長けてないとこの仕事は勤まらないわけなのですが
花という媒体物があるせいか、短時間でもお客様ととても親しくなります。

長年で私が得た最も大切なものは、お客様との出会いかな。
この仕事をしていなかったら絶対にお会いすることのない職業の人や
聴くことのできないお話しなど、日々、いろいろな新しい発見があります。
来年はどんな出会いがあるか、今からとても楽しみ。

今年もあと1日。
みなさまには本当にお世話になりました。
心より御礼申し上げます。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。


 

年の瀬に向けて



Merry Christmas !

クリスマスイブは終わっちゃいましたが、みなさまクリスマスを楽しんでいらっしゃいますか?
今日のお写真は、クリスマス向けのアーティフィシャルのレッスンお写真。
一か月くらい前のレッスンだったのですが(汗)ぎりぎりクリスマスにアップさせていただきました。

キャンドルを使ったアレンジメント。
シャンパンカラーがとってもステキ。正直、わたしもコレ欲しい。



こちらもうお一方の作品お写真。ちょっと角度を変えて。

このピンクのキャンドル、以前ウェディングで使用してたまたまうちにあったものですが
このアレンジメントにぴったりでした。

このアレンジメントをはじめとして、以前ご案内したクリスマスレッスンの「シャンパンクリスマスツリー」も
10名様近くにおつくりいただきまして、最近はアトリエの床にラメがいっぱい落ちていて床がキラキラ・・・



そしてもう一つ。
こちらも11月のレッスンでしたが、絵画タイプのアーティフィシャルアレンジメント。

アートっぽい感じの仕上がりを追及し、材料は私の方で選ばせていただきましたが
額はお客様ご自身の持参です。

この作品、ご自身でもとても気に入られて、この後同じ額を数個購入されたそうで
おうちで違う花材で作られて、並べて飾っておられるそうです。
コレクションにしてもステキですね。

              いちご

今年は、なかなかブログの更新ができなかったのが一番の反省事項なのですが
おかげさまで、切れることなくお仕事をいただき

大きいお仕事が増えたのが今年の特徴でした。
クリスマスイブの夜もプリザーブド加工依頼の来客があり、
そして年末年始は、とまつ衣装店さんの成人式髪飾りの大量作製をしながら過ごすこととなりそうですが

年末の季節行事だと思えば「追われてる感」はすっかりなくなりまして
お正月の退屈しのぎに、髪飾り制作でも楽しもうかなと思っています。
やっぱり好きなんですね、この仕事。

が、年賀状まではまだ手が回っておらず、これからです。

先週、お正月飾りの団体さまレッスンなどもありましたので
年内、もう一回くらい更新できるといいのですが。
どうかな?



 

★シャンパンゴールド・クリスマスツリー★レッスンご案内

 

今年はクリスマス仕様のレッスンをご用意しました。(珍しく。)

というか、サンプルを作っていたらステキなのができまして、わたしも作りたいとおっしゃる方が多いので
みなさんにもご紹介いたします。

いまからでも材料が揃えられそうなものばかりを使っているので
もし、ご希望の方がおられたらぜひご連絡をくださいませ。

★シャンパンゴールドのクリスマスツリー レッスン料材料費込み7500円

高さ:30僂曚鼻写真よりもさらに高級感あります。

なんででしょうか、私の作る作品はイケイケの一般的なよくあるクリスマスタイプではないので
材料が欠品してしまうことがあまりない・・・(さらには、ときどき廃盤になったりするマイナーなものが多い)

そして、お客様もわりとシック好きな個性派の方が多いです。

シックなクリスマスをご希望の方、どうぞどうぞ、ぜひいらしてください。

初めての方もぜひどうぞ。 お申込はHP★★のメールマークより、ご連絡くださいませ
(ご希望日の一週間以上前にご連絡をください)








JAみらい プリザーブド講習会



10月21日に行われましたプリザーブド講習会の様子。(だいぶ前ですが)
南区のJAみらいさんにて。

このような大きな講習会では、ただアレンジメントの指導をするだけではなく
「プリザーブドフラワーとは、いったいどういうものなのか? どういう課程で作られているものなのか?」
このようなことを、自らプリザーブドフラワー加工をしている私ならではの視点でお話しています。

あまり耳にすることのないお話だと思うので、どこへ出向いても、みなさんとても真剣に聞いてくださいます。



お花はいつも選択制。選ぶところから楽しさが始まります。
初めての方が多かったので、少々時間オーバーしましたが
とても楽しんでいただけたようです。

 

Autumn Arrangement

あれこれやっているうちに、10月になってしまいました。

前回の更新は一ヶ月前。 どうもすみません。


さて、本日のお写真は、秋。オータムアレンジメント。アーティフィシャルのレッスン写真を2点です。
うんりゅう柳を舟形に使って流れを出し、横にアレンジしたものです。
すごく動きがあって、おもしろい作品になりました。



上の作品と比べると、きっちりと作られていてもう少し動きが欲しい感じもありますが
「きちんと感」のあるすっきりした仕上がりです。

なんとなく、作り手さんの性格が出ますよね。


ところで、先日、「二科展巡回展」の招待券をいただいたので、新潟県民会館へ観に行って参りました。詳細はこちら>>>
今年は二科展100回記念巡回展ということで、六本木・国立新美術館を皮切りに、今年は全国に先駆けて新潟が最初に展示されることになったとのこと。

絵画鑑賞はすごく好きで、チャンスがあればいつでも行きたいのですが、残念ながら近くであまりいい展示がなく
そういう意味では東京や大阪という大都市は恵まれているなあと思います。それだけが羨ましい。

それにしてもキャンバスサイズ100号などという大きな作品は、そうしょっちゅう目にすることはないのですが
渾身の芸術の数々の前で、勉強不足の自分の姿が急に恥ずかしくなり、隠れてしまいたいようでした。

絵は
自分では描けないのだけれど

本能的に 自分の心に響くものはわかります。
観た瞬間に、涙が出てくるものとそうでないもの。

二科展のように、タイプの全く違う作品があればあるほど
その1つ1つに逐一、感情移入していくのが大変で、すべてを観終わるころにはすごく体力を消耗しています。

そういった意味では、一人の作家さんの作品を、時代を追ってゆっくりと観ていく方が
おだやかで好きかもしれません。


歳を重ねてくると
自分の人生で今まで起こってきた何かしらの出来事や においや 音などを
目の前の絵画から 思い起こすことができるようになりました。

すばらしい芸術作品というのは
そういったエネルギーを人々に与えることができるものなのだと 確信しています。


 

一万時間の法則・・・



本日のお写真は、ボールブーケのレッスン。
お花の色は、ご本人のチョイスです。
自宅用として飾られてもステキですよね。



こちらのお写真は、最近、初級レッスンから始められました北区のお客様。
初級ですので、まずはシンプルに。 夏らしい作品です。
毎回、1時間もかけて通ってくださっています。


先日のブログにも書きましたが、現在店舗ティスプレイ(大型)作成中のためレッスンをおやすみさせていただいております。
来週末の納品ですので、お写真撮ってまたブログに載せたいと思います。

=======================

さて、現在子供たちは夏休み中。
中1女子、中3男子の2名の子供がおりますが
最近、中3男子が、脳科学者の茂木健一郎さんにはまっております。

パソコン動画から、たまたま茂木さんの講義の動画を見つけてからというもの、あれこれ見始めたら面白くて止まらない。
わたしにもいろいろ紹介してくれて、私も一緒にはまりだし「あれ聞いた?これ、おもしろいよ」と
中学生の息子と、こんな共通の話題で盛り上がれるとは思いませんでした。
近頃は、スマホにイヤホンをつけて茂木さんの話を聴きながら、家事も楽しくこなしております。

そのなかから1つ
「一万時間の法則」という話。

天才、成功する人の法則。
マルコム・グラドウェル氏が提唱した法則で、偉大な成功を収めた起業家や世界的に有名なスポーツ選手など何かの分野で
天才と呼ばれるようになる人達に共通しているのは、10,000時間というこれまでに打ち込んできた時間が関係しているというもの。

簡単にいうと、「一日3時間で約10年間、同じ物事に真剣に取り組むと、その道の達人に近づく」
ということらしいのですが・・・。
ああ、わたしは20代から花に携わってもう何年になるんだろう。

一日3時間とはいわないけれど、ずいぶん長く続けてきたけれど。。。
少しは達人に近づいたんだろうか。。。



 

2015年ランチ付レッスンご報告



6月24日と7月2日の二日間にわたり、燕市吉田のビストロ・ナオミさんで
初夏のランチつきフラワーレッスンを開催いたしました。

 

レッスン時のお写真。
ほぼ満席で、たくさんの方にご参加いただきました。

  
今回の作品は、こんなリース。
ただのアーティフィシャルリースか・・・と思いきや、今回のテーマはズバリ 「いびつリース」。
リース台に細かくワイヤリングしたアジサイをビッチリ貼り付ける手法だと、細長い輪っかリースになっちゃうので
そうではなく、大ぶりのきれいなアジサイをガツガツと貼って、バランスをとり、思い切り「太くてきれいないびつ」を目指します。



グラデーションがとてもステキ。
レッスン最中は、意外とわたしはひまなので
インタビュー形式で、みなさんとお話しながら回ります。
みなさんは、各々の対談を横で聞きながらお花を作ってる感覚なので
それはそれで、結構楽しいんではないかと思います。
人数も8名さまほどと、ちょうどよい人数で話も盛り上がり、楽しいひととき。

そしてランチ。


前菜です。豚肉のパテとサラダ。このあとスープがついて・・・


こちらはメイン料理のお魚。わたしの場合、2日目はお肉でした。

デザート3点盛り。 コーヒーがついて、これでほぼフルコース。
はっきりいって、すごいボリューム。いつも通り、間違いなく美味しかったーーー!


              *

ビストロ・ナオミさんのこと。

今回でいったい何回目になったのか不明なくらい、長く続いておりますランチつきレッスン。
今まで、さまざまなお店を利用してまいりました。

が、最終的に落ち着いたのは、このビストロ・ナオミさん。
お料理がおいしいので、お客様のご要望が多いというのが第一ですが、それ以外にもすべてにおいて
利用しやすい心遣いが感じられる、まさに一流店であります。

8名なのに、お部屋はほぼ貸切にしていただいているし
やむを得ない事情の当日欠席も、快く承諾してくださいます。

開店前にお店を開けてレッスンに使わせていただけて、終わり時間に制限もない。
私が2回連続レッスンなので、メニューがかぶらないようお気づかいいただいたり・・・

ああ、こういう店が一流店というのだなと。
高級店だからすべて一流、なんてことではなく
料理が最高でありながら、こういう接客をしてくれるお店が一流店なんだなと、いつも思います。

<カジュアルフレンチレストラン> ビストロ・ナオミ 新潟県燕市吉田堤町3-1

 

マイペースに上を目指して



本日のお写真は、和装用ボールブーケ。
といってもレッスンで、お客様が作成されたものです。

ピンクと赤でとてもかわいく仕上がりまして、このまま本番で使えるくらいの出来だと思います。
どんなふうに飾ってらっしゃるかな?

以前、お嬢さんの結婚式でボールブーケを作成されたお客様で
挙式後にご自宅に持ち帰り、使わなくなった着物の帯を下に敷いて飾っておられた方いらっしゃいましたが
とてもステキでした。すてきなアイディアですよね。


和繋がりでもう一つお写真。
こちらのお写真は、ボックスアレンジメントのレッスン写真。

ふたをきちんと閉めることを前提として作成しました。
花材は、お客さまの選択+私のアドバイスでその日の気分により決定します。

材料選びや、凹凸、花の位置など、お伝えすることはたくさんあります。
同じ花材だけで作る場合や、小さな箱の作品ではそこまで細かくレッスンできませんので、
今回は、かなり盛りだくさんなレッスンとなりました。

            ★


最近思うこと。

カルチャー講師のお仕事は、
その分野だけに精通している方もいれば、多岐にわたりいろんな分野を教えている方もいらっしゃると思います。
私はフラワー専門ですので、多岐にわたり教えられる方はすごいなあと思いますし、
楽しそうだなあと思うこともあります。

しかし、この仕事を始めて8〜9年。
自分の性格を考えると、花以外のものに手を出さずにきて、かえってよかったのかも、と改めて思うようになりました。

昔は、あれこれとほかにもやってみたいことがあったのですが
結局、フラワー以外のものを本格的に習ったり、教えたりすることはありませんでした。

でも、1つの分野しかやっていない分、レッスン時に生徒さんにお話しする内容も濃くなっているように感じますし
専門性も出てきたように思います。
そして、その専門性を求めて来てくださる方が、思いのほかたくさんおられるということも、うれしい発見でした。


「作品を作っては壊し、壊してはまた作り」を何度も繰り返しているうちに、最近は、やっと壊すことなくイメージを形にし
自分の目と手を、少し信じられるようになってきました。作業時間も短縮したし、無駄も減り。

ここまで来るのは、案外時間がかかったなあ。
近頃は、ちょっと一休みで景色を眺める余裕もできてきました。

まだまだ、ゆっくりと上を目指して、マイペースに登り続けたいと思います。



 

Main Site

banner

Categories

Archives

Recent Comments