目指せ「モノづくり一家」。



久しぶりにブーケのプリザーブド加工のお写真です。
こちらのお写真は、昨年秋にご結婚された東京のお客様からのご依頼。
以前、長女のお嬢さんがご結婚されたときに、東京で頼まれたご経験があり、
そのとき、あまりに高額だったとのことで(汗)わざわざHPを辿ってご依頼くださいました。




こちらの写真はプロポーズでいただいたお花の加工です。
そろそろ、今春の挙式ブーケ加工のご予約依頼も入ってまいりました。
最近は、数を制限してお受けしておりますので、お早目のご予約をおすすめします。

--------------------------------------------------------------------------

最近のこと。

小6の娘が、お正月に親戚からいただいたお年玉で、ミシンが欲しいと言い出しました。
実は私、ミシンは全く使えません。
娘には、自分一人で頑張れるんだったら買ってもいいよという約束をしたので
最近は、時間が空くとはしょっちゅうミシンに向かって格闘しています。←わたしのアトリエで。

私が家の2階に16畳もの広さのアトリエを作ってしまったせいで(というか、アトリエのあとに子供が生まれたわけなので)
家族にはとても狭い生活を強いてしまい、大きくなった今、個室らしい個室もろくに与えず、不便をかけているなーと思っていましたが、それが案外よかったような気もします。

思春期になっても、部屋に閉じこもることもなく(というか、閉じこもる部屋がないんですけどね)なんとなくみんな一緒でいつもワイワイやっています。
常にお互いを思いやったり、相手の都合を考えねば、同じスペースで平穏な生活はできません。

そして大きなアトリエは、何をするにも広々しているので、作るものものびのびとなり、工作、エコクラフト、ミシンと大活躍。
ここ数年は、夜になると息子の勉強部屋とも化し、テーブルが広く夜は静かなので使い勝手がいいようです。

我が家には、大きなリビングと、大きなアトリエの2つだけ。(あとは物置部屋)
最初から考えてやったことではないけれど、こんなライフスタイルも、ちょっとおもしろい環境だなと思います。

うちの家族は皆、手先がとても器用なので(実は私が一番不器用)
いつかモノづくり一家になるのでは?なんて思っている今日この頃です。


 

だいじょうぶ、だいじょうぶ



プリザーブドフラワー加工のお写真です。
プロポーズでいただいたというバラを、黒いフレームに3つに分けてお入れしました。
1つはお二人のもの、残りの2つはそれぞれのお母様へのプレゼント。

わたしがいつもお世話になっているショップの店長さんからのご依頼ですが
お二人そろって花束を持って、わざわざうちまでご依頼にきてくださいました。

3つに分けるという発想、とてもすてきです。

---------------------------------------------------------------

<本日のおまけ>

 うちの娘のお友達のNちゃん。
 何か忘れ物したり、やばいっ!と冷や汗が出るようなとき、いつもこんな声をかけてくれるのだそうです。

 「大丈夫、大丈夫。もちつけ、もちつけ!」

 「落ち着け!」って言われると、逆に焦ったりしちゃうけど
 「餅つけ!」っていわれると、なんだか可笑しくてフーッと力が抜けてきます。これホント、ぜひお試しあれ。(笑)


 

プロポーズのお花

 

久しぶりにプリザーブド加工のお写真です。

プリザーブド加工は毎月いくつかお受けしているのですが、いつも納期がぎりぎりで(汗)、完成次第すぐに発送しなければならないために、ブログに登場することなかなか厳しいのであります。

今週も東京と神戸から。さきほど処理を終えました。
全国各地からのご依頼ありがとうございます。


さて、きょうのお写真ですが、プロポーズにいただいたというバラの花束を加工してフォトフレームに入れたものです。

相変わらず、芸も何もないただ撮っただけ、の写真で申し訳ありませんが
最近、プロポーズのお花をとっておきたいというお客様がとても増えています。

わたしの経験からいわせていただくと、プロポーズは圧倒的に冬が多いようです。
  ・・・プロポーズの経験ではなくて、加工依頼の経験ですが(笑)

クリスマス、年越しカウントダウン、その他、寒いから一緒に暖め合おうぜなど(笑)
ドラマティックな季節感だからでしょうか。

最近、更新が少ないので
欲張らず短い文章での更新を心がけたいと思います。(短時間できりっとね)



 

大切なチューリップ



本日のお写真は、 チューリップのプリザーブド加工です。

プリザーブド加工にして残しておきたいというお花は
ウェディングに限らず、プロポーズ、お誕生日などさまざまなシチュエーションのものがありますが
今回は、お子さんを亡くされたという茨城県の方からのご依頼でした。

「冬に子供を亡くしました。秋にその子が最後に植えたチューリップが、春になり芽を出してきたので加工してずっとそばに置いてとっておきたいのですが・・・」

当初、事情がわからないときはチューリップは上手くできないと申し上げ、いったんはお断りしたのですが
お電話の内容を伺って、わたしも同じ子供を持つ身、何でもいいから残したいという親御さんの強いお言葉に お受けすることにしました。

お預かりしてからの数ヶ月、たった一本しかない大切なチューリップをお預かりしてしまったわけですから
それはそれは緊張の毎日。 壊さないよう、失敗しないよう・・・

先日完成して、無事お母様のもとへお送りさせていただきました。

このチューリップ、「ママ〜!」と両手を挙げて語りかけているように、わたしには見えます。

ずっとご両親のそばで、ご両親を見守り支え続けてくれますよう。。。


 

ほっこりした生活がすき

 

またまた大変ご無沙汰いたしました。
最近、このくらいのペースになってきてしまっていて申し訳ないですが、マイペースでいきたいと思います。

例年、2月はヒマなはずなんですが
今年は秋にお預かりしたプリザーブド加工の発送で忙しくさせていただいております。

きょうのお写真も、秋にお預かりしたものです。
ほんの一部だけアーティフィシャルで代用させていただいている部分がありますが
ほとんどすべて、加工したものをお入れしています。

もとのブーケのお写真なんですが
お持ち込みいただいたときに、うっかりお話ししながら、ブーケをばらして水につけてしまったので
以下のような写真です(汗)



かなりきれいに加工できたと思います。
このほか、本日、5名さま分の発送を一気に終え、ちょっと一段落。
お待たせしておりましたお客様、どうもすみません。

まだまだ、発送の締め切りがどんどん続きますが(汗)
お仕事をいただけていることに感謝です。

=================================

ここよりまたしても雑談コーナー。

今年は太平洋側でも大雪となり、大変なことになっておりますが
雪国である新潟市内では、例年よりもずっと雪の少ない快適な冬を迎えております。

雪がなくて、ほどほどに暖かくてお日様も出る、こんな冬が私は大好き。
はっきりいって一年中冬でもいいくらい冬が好きです。
(虫も出ないし、花粉も飛ばない、日焼けもしないし)

それにしても、ここ数年、自分の体がすごく健康だなと感じます。
若いころは、毎日くたびれるハイヒールを履いて夜遅くまでお酒飲んだり
ゴルフで腰を痛めたりしてたけど

いまでは冷え性も治ったし、腰痛も以前にくらべるとよくなって
ファッションなどさほど気にせず、寒いときは暖かく過ごし、
エネルギーを使う恋愛や結婚、出産も無事通り過ぎ

好きなものを食べて、大好きな仕事をして
家族と笑いながら過ごして
(いや、ほんとに最近、腹筋が痛くなるほど子供たちと笑うことが多いんです)
これが一番幸せだなーと思う。

悩みはもちろんあるけれど
それも上手に回避できるようになり
歳を重ねるって、結構いいなーと思います。

また若いころに戻りたいという方もおられるけれど
いやいや、私はもう十分ですな。(というか、あの生活はもう無理(汗)

今は
このほっこりした生活が、とても気に入っております。



なぞの散歩道

 

本日もまたプリザーブド加工のお写真。
左はレッドローズの花束をプリザーブドアレンジメントに。
右は、カスミソウのリースをプリザーブドにしてお返しです。

今回の左のご依頼は、オリジナルアレンジメントということで、お任せいただけましたが
中には、アレンジメントを再現してほしいとおっしゃるお客様もおられます。

加工をお待たせしておりますお客様、これから一気に発送いたしますので楽しみにしていてくださいね。

--------------------------------------------------------------------------

ここからは、おまけ。こっちがメインか(汗)
花とは関係ない話ですが、ご興味のあるかた、よろしかったらぜひどうぞ。

                 いちご

ブログには書いておりませんでしたが
わたくし、今年、犬を飼いました。
(室内犬ですが、玄関には出しませんので、犬の苦手な方もご安心ください)

ご存知のとおり、我が家は河川敷沿いの景色のよいところ。
そんな散歩コースをときどき散歩にいくわけなのですが、
2度ほど、犬が道端でものすごい反応を示し、あり得ないものをくわえてきたことがあります。

ありえないもの。 そう、ほんとにありえないものなんです。

1度目は、なんと海老
それも生のものでブラックタイガーみたいな黒いエビ。

2度目は。動物の脊髄みたいなもので、ラーメン屋さんが豚骨だしに使うようなものです。

えーーーっ!なんで草むらにエビが???
なんで豚骨が枯葉の下に???

もう、すんごい悩みました。。。
誰かがお弁当から落としていったとか? いやいや、生のエビだから違うだろ。
ラーメン屋さんが、散歩しながら豚骨を落としていったとか? そんなばかな。

ずいぶん考えた末、ふと思い出したのがこれ。
昔、北海道の旭山動物園に行ったときに撮影してきた看板です。↓

上段右、「なぜ、カラスは賢いのか?」にご注目。



「余った食料を100箇所以上の場所に隠しても正確に覚えていて、しかも賞味期限に合わせて掘り出して食べます。」
この「貯食」というカラスの習性の成せる技の行く末が、今回の散歩道でのエビと豚骨の発見に至ったのだと、私は分析しています(笑)。(←ほんとかよ

それにしても、動物園にわざわざカラスを展示するあたりが、さすが旭山動物園って感じですが
こんな看板をいちいち写真に撮って保存してる私も私だよなと、自分のデータファイルを見て感動している次第です。
それにしても、これを見ると、改めてカラスってすごい生き物ですね。





 

ジャスミンのブライダルブーケのプリザ加工


大変ご無沙汰してしまいました。(約半月)

前回のブログを更新した翌日に父が亡くなりまして、ずっとバタバタしておりました(汗)
レッスンのキャンセル等、みなさまには大変ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんでした。
その他、いろいろほかにもお待たせしておりますお客様にも、心よりお詫び申し上げます。

最近もレッスンがいろいろありましたので追々、アップしていきたいと思いますが、溜まりすぎてしまったのでできる範囲でがんばります。


本日最初のお写真は、久しぶりにプリザーブド加工の作品ご紹介です。
今年は本当にたくさんのご依頼をいただき、一週間の受付数を限定させていただだいておりました。

大量にお受けすると流れ作業となってしまい、私のポリシーに合わないので
ほどほどの数で、1つ1つ丁寧に対応させていただいております。

 

ブーケの簡易再現。もとのブーケのお写真はこちら ↓



ホワイトローズのブライダルブーケ。

そしてもう一つ。 だいぶ前に納品した作品ですが、珍しい花材なのでご紹介。
ジャスミンとブルースターのブーケをフォトフレームに。



もとのブーケのお写真はこちら ↓



ブルースターとジャスミンは、わりときれいに加工できます。


<おまけ>

前回の記事でアップした扇ブーケの後日談です。
ゼクシイネットの記事にて、取り上げてくださったと、ご依頼主からご連絡がありました。

http://zexy.net/wedding/c_7770039380/blog/article/431101.html

写真がとてもきれいです。
ぜひぜひのぞいてみてください

久しぶりの更新です。どーもすみません

 

半月以上も休んでしまいましたブログ。。。
このまま消滅か!とおもわれたかたもおられるのではないかと。

訪問してくださった沢山のみなさま、どーもすみませんでした。

今までさぼってたわけでもなんでもなくて、さまざまな活動をしておりましたが
暑さでぐったり。
ブログをアップできずここまできてしまい、申し訳ありません。

明日から、少しずつ振り返りながら、ピッチを上げてアップしていきたいと思います。

お盆も終わり、本日より本格始動。

今日の午前はブライダルの打ち合わせがあり、お盆ですっかり休眠状態だった頭が一気に起きあがりました。

本日のお写真は、5月に沖縄で行われました挙式のブーケをプリザーブド加工したものです。
もとのブーケ写真が見あたらないので、完成品のみのご紹介です。



もう一つこちらも。
こちらは東京での挙式のお客様。

このほかにも、発送した作品がいろいろあったのですが
納期が遅れていたために、慌てて発送してしまいお写真がありません。

われながら、残念で仕方ないのですが。

夏休み中に、うちで行われましたクラフト教室の様子など
次回はご紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに〜








クリスマスローズのブーケ・プリザーブド加工



 

珍しいブーケのプリザーブド加工が仕上がりましたので、ご紹介いたします。

5月のGWにお受けしたものですが、クリスマスローズを使ったグリーンのブーケ。

もとのブーケのお写真はこちら。



わたしのところに届いたときは、ブーケ全体がすでに痛み始めていたのですが
クリスマスローズは丈夫なお花なのです。
想像よりもずっときれいに出来ました。

7月に入りまして、日本列島は連日猛暑が続いておりまして、ブライダルシーズンも山を越えてまいりました。

ブーケの加工も、お花の痛みを考慮して、現在は事前予約のお客様のみとさせていただいております。
季節柄もありますが、プリザーブド加工は夏期期間中、少々休憩を入れようと思っております。



先日、2013年上半期に、全国からいただいたプリザーブド加工御依頼の集計をしてみましたところ
35名さま、作品数、約50点ほどとなりました。

全て一人でこなしておりますので、ときどき休みもいただかないと・・・というところですが
みなさまの思い出に残る大切なお仕事ですので、出来る限りお受けしていきたいと思います。

お写真もすべて紹介できませんが、時間のあるときはご紹介していきますね。






ブーケのプリザーブド加工あれこれ

 
久しぶりの更新です。
あまりに写真を溜めすぎて、何からアップしてよいかわからず
しばらく放置となってしまいました。申し訳ありません。

ということで

手始めに、ブーケのプリザーブド加工特集です。



ブーケの一部をフレーム内で再現しました。

もとのブーケのお写真はこちら。



濃いピンクのカラードレス用とのことで、大阪からの御依頼です。



こちらはフレーム2点。
もとのブーケはこんな感じ。 プルズブーケ用なので小さめです。




金沢市のお客様からの御依頼。
お姉さんの結婚式のプルズブーケを妹さんが引いちゃった!なんていう楽しいエピソードも聞かせていただきました。





こちらの作品は新潟市のお客様。
完成後、直接取りにきてくださいましたが、大変喜んでくださいまして
「大切にしますー!!」と感激してくださったのがとても印象的でした。

もとのブーケはこちら。



色とりどりのブーケの加工は、実は一番難しいのです。
現物に近い色に染めたつもりでも、組み直してみると色が合わないことが圧倒的に多く
難しい作品の一つです。

ちなみに、残ったお花をドライフラワーのリースにしてお渡しもしています。(有料)
こんな感じ。



ドライフラワーもかわいいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日の夫の誕生日のこと。

彼の帰宅前にサプライズでいちごの生クリームケーキでも作るかと
娘と一緒に作り始めたのですが、なんと手順を間違ってしまい生地がトロトロに。

時間も遅いし疲れていたので

「あ”−失敗だ。 この生地、捨ててもう片付けようか。」とわたし。

 しかしながら

「もったいないよー。これ、何かに使えないかな?」と娘。

ということで、試行錯誤の末、ホットケーキに変更。

・・・しかしそれもまたまた失敗し、最終的に出来上がったのがなんと「お誕生日クレープ」だったのでした(笑)。

夫はとりあえず喜んでくれたので ←(というか彼はなんでもいいらしい)
苦労の甲斐がありました。

クレープを初めて食べたという娘に言わせると
「失敗は成功の元だね!」とのこと。

久々に娘に教えられたいい一日となりました。

しかし、平日の夜遅くにお菓子作りというのは、やはり無理がありますな。。。