プチ・リフォームいたしました。

 

本日のお写真は、七五三の撮影用バッグブーケ。

お客様のレッスンでの作成です。

 

以前、同様の淡いお色で髪飾りを作られたお客様ですが、それに合わせてバッグブーケを追加で作製されました。

一般的な赤やピンクのお着物ではないそうで、淡い優しい色あいなのだそうです。

3歳と7歳のお嬢さんお二人、撮影も終わられたかなー。

 

  * * *

 

さて、本日の雑談コーナー。

 

我が家、実は10月にプチリフォームをいたしました。

主にトイレ、風呂などの水回り。

 

トイレが壊れたのをきっかけに、住宅メーカーさんから水回り格安セットプランのご提案がありまして、

来年は消費税も上がりそうだし、今年なら我が家は、国と市のリフォーム補助金が2つとも該当になるとのことなので、

思い切って手掛けたわけなのであります。

 

リフォームをやってみて思うのが、家を整えるって大事だなあということ。

確かにお金がかかるけど、水回りがきれいになると考え方が変わる。そして、人生も変わる。

これホントです。

 

よくよく考えてみれば、安い中古車1台買うのと同じくらいで

車だとなんとなく買っちゃう値段だけど、リフォームってなーんか敷居が高いですよね。

 

でもうちの娘に言わせれば、

「車なんて乗ってる人だけが楽しくて、他の人は楽しくない。リフォームは家族全員が嬉しいんだからリフォームの方がいいお金の使い方だと思う」

だそうです。

これは車好きの父に対するイヤミでもありますが(笑)。

 

リフォームに伴い、あちこち片づけてみたら、山ほどの不用品が家に眠っており

それらを始末することで、生活がすっきりとし、無駄な動作が減って時間にも余裕ができました。

 

この勢いで、手つかずのキッチンも年内に断捨離しようと計画中。

持ち家なので長期間引っ越しがなく、家の中はどこもかしこも不用品の山です。

 

家の中がきれいになるということは、時間を生み出し、余裕ができる。

余裕ができると気持ちもゆったり過ごせます。

 

 

 

 

☆ランチ付きレッスンのご案内☆

 

毎年恒例、年に一度のランチ付きレッスンのご案内です。

 

カジュアルフレンチのお店ビストロ・ナオミさんにて、 アーティフィシャルフラワーのランチ付きレッスンを開催いたしま す。

レッスン料をすべてランチとしてお客様に還元いたします、年に一度のス ペシャル・レッスンです。
どうぞみなさまこのチャンスをお見逃しなく❤️

★ホワイトブラウンで飾る冬のスワッグ

ウィンターホワイトとブラウンを使ったクリスマススワッグ。 壁に掛けたりドアノブに掛けたり。シックな冬を演出します。

★日時
●第1回 11月22日(水) 10時〜14時

●第2回 12月7日(木) 10時〜14時

●場所
ビストロ  ナオミ 燕市吉田堤町3-1
0256-92-2334

●募集人数   各回8名様

●参加費 6800円

都合により、すでに予約が始まっております。

まだ若干名様の空きがございます。

定員になり次第締め切らせていただきますので、 お早めにご連絡くださいませ。
 

 

ワークショップ in グラスアート展

 

先週の土曜日。

西蒲区角田のSeptember25アートスタジオにて アーティフィシャルフラワーのワークショップを開催させていただきました。

 

このアトリエの持ち主は、ガラスアート作家の遠藤綾子さん。

山の中のとても素敵な空間です。

 

館内では遠藤先生をはじめとする生徒さんたちのガラスアート展が開催されていました。

 

わたしのワークショップはその一角で、午前、お昼、午後の3部、計12名さまにご参加いただきました。

 

 

午前10時から16時まで、2時間ずつ3レッスンでしたので休憩がほとんどなく、かなりハードではありましたが

久しぶりにお会いしたお客様との楽しい時間はあっという間で、きれいなグラスアートに囲まれてとても楽しく過ごさせていただきました。

なんだかバタバタしていて、いい写真が撮れず(汗)

 

こちらのアトリエ、近日公開予定の映画「ミッドナイト・バス」のロケにも使われたとのことですが

普段は展示会やパーティーなどでもレンタルしているそうですよ。要チェックです。

 

 

 

パスタのゆで時間。

 

本日のお写真は、ショップディスプレイ。ヘアサロンさんに納品予定で、レッスンでの作成です。

 

以前、うちで資格を取られた生徒さんと私と二人で、ほぼ2週間ほどかけて打ち合わせしをしまして

二人の合作とでもいいましょうか。

 

全体像はこんな感じ。

 

雲竜柳は、実際にサロンに持って行ってから、最後に高さを調節することになっていて、実はこれは適当に入ってます。

実際はもう少し短くなると思いますが。

ショップディスプレイは、最後の仕上げはその場で作る方が失敗がないのです。

空間とのバランスですね。

 

そして、雲竜を外しても飾れるようにできてます。

 

 

彼女も私も、思わず「自分の家に飾りたーい」と言ってしまうほどのお気に入りの仕上がりとなりまして、

二人とも大満足でした。

たまにこういうお仕事は楽しいです。

 

..........................................................

 

さて、またまた雑談コーナー。

きょうはパスタのお話。我が家の休日の昼食には、パスタがよく出てきます。

私の得意なメニューは、ミートソースとカルボナーラ。もちろんソースから作ります。

 

わたくし実は、細めのパスタが大好きで、1.4mmがお気に入り。

最近気になるのが、国産のパスタのゆで時間の短さ。

短いもので3分。これって、あっという間でバタバタなんです。

 

一方、イタリア産などの外国産パスタは、1.4mmでも普通に5分くらいのゆで時間だったりします。

実際調理してみると、パスタって、ゆで時間が5分〜7分くらいあると、実はちょうどいいんじゃないかと思うのです。

 

お皿やフォークを揃えたり、使った調理器具を軽く洗ったりもできます。

日によっては、サラダ1品できちゃうときもある。

 

パスタはゆで上がってからが勝負。

ぐずぐずしていると、のびちゃってまずくなるので、その心の準備として最低5分くらいあるとちょうどいいんじゃないかしら。

 

国産パスタのゆで時間3分って、いろいろ改良を重ねて可能になったのでしょうが、せっかち日本人の象徴のように思えます。

カップ麺じゃないんですからもっとゆとりを持って料理をしたいなあ。。。と思うのです。

 

 

ロボット掃除機、たのしい。

 

きょうのお写真は、七五三の髪飾り。7歳と3歳のお嬢さんへお母様からのプレゼント。

レッスンでの作製です。

 

最近の七五三は、こんなシックな色合いの着物も出ているのですが、こんな髪飾りは市販では手に入らないので・・・ということで、お母様がご自身で作られました。

昔からの長いおつきあいのお客様で、子育てで忙しくてずーっと来られていませんでしたが、久しぶりにご連絡をいただきました。

お子さんの成長とともに、お花を作りに来られるお母様たち。

お花とともに、思い出がまた一つ増えていく。

こんな様子に関われる私も幸せです。

 

==========================

 

さて、話は変わりますが、今年の夏、我が家でロボット掃除機を使い始めました。

ロボット掃除機といえばルンバが有名ですが、ルンバではなく、パナソニックのルーロ。

三角形のこんなやつです。

 

 

ロボット掃除機なんて、たいした性能はないだろうと思ってましたが

ダスキンでレンタルしていると知人に勧められ、ためしに使ってみたら、これがほんとに驚くほどゴミがとれます。

 

毎日、小さいおにぎり1つくらいの綿ゴミをゲット。

今までの掃除はいったい何だったのだ?と疑ってしまうほど。

 

こいつの吸引力もさることながら、自分で掃除機をかけていたころは、床の物をよけながらかけていたのですが

ルーロにお掃除してもらうなら、部屋の床に置いてあるものを出来る限り片付けてしまえば楽なのです。

 

子供が小さかったときは、カゴやら箱やらオモチャやら、いろいろ置くので全然部屋が片付きませんでしたが

子供が大きくなった今では、すっきりと暮らせるはず。

ルーロが走り回る場所はほとんど物を片付けてしまったおかげで、部屋の中もすっきり。

 

犬の散歩や洗濯を干している間に走らせてしまえば、あっという間に部屋をきれいにしてくれて、さらに自分で充電器に戻って行きます。

もちろん留守の間でも。すごいなあ。。。

 

いや、これほんとに主婦の見方です。

 

 

お知らせ☆

 

先日お知らせいたしましたワークショップの募集経過です。

☆午後14時の部が早々に定員に達しましたため

☆12時〜の追加レッスンを行います。

 どうしても午後しか参加できない!という方は、13時まで入場していただければ受講可能ですので、お気軽にお申し込みください。

 

☆午前の部はまだ空きがございます。

 

申し込み締め切り:9月30日(土)

 

早々にお申し込みいただきましたお客様、本当にありがとうございます。どうぞお楽しみに☆

 

★イベントのお知らせ★

 

きょうはイベントのお知らせです。

新潟市西蒲区角田浜にありますSeptember 25 Art Studioにて、グラスペイント・ファブリックペイント展のハンドメイド ワークショップに講師として参加します。

<アーティフィシャルフラワーのオータムローズとつるの空間アレンジメント>

 自由に曲がるツルや実物を3本使って自由にアレンジ。レッドローズとグロリオサを使用しますのでクリスマスまで飾れます。

  ★日時 : 10月7日(土)

  ●午前の部10時30分から  /●午後の部14時から 定員各回6名さま(要予約)

  ★参加費 :3500円 (ティーつき)

  ★場 所: 新潟市西蒲区角田浜1976-2 Seotember25 Art Studio 
  レッスン料込です。イベント価格ですので破格でのご提供です!お見逃しなく。

 

 イベントちらし ↓

  

 

人数に限りがございますので、ご参加希望の方は(午前の部)(午後の部)をご記入の上、お早めに田辺まで★★★ご連絡くださいませ。

 

     

 

一人で抱え込まないのが秘訣、かも。

 

本日のお写真は、アーティフィシャルレッスン。

カメラの故障のため、携帯での撮影です。

 

アトリエにある山のような資材の中から、これ、どこにあったの?と思うような資材をひっぱり出してくるのがお上手で、ブティックを経営されているお客様ですが、お色選びと洋服選びは共通しているのかな。 いつもながらシックなセンスのすてきなお二人です。

そして、いつも私の身体を気遣って、こんなことをおっしゃってくださいます。

 

一人で何でもかんでもやっていると、本当に身体をこわしますから、きちんと休むときは休んだ方がいいですよ。私も昔、がんばりすぎて身体を壊した人間ですから。

 

お客様がこんな言葉をかけてくださるなんて、私は本当に幸せです。

実は、私もこの仕事を始めたばかりのころ、子育てもあって無理をしすぎて大病をし、20日間ほど入院したことがあります。

たった一人で0から事業を立ち上げて軌道に乗せるって、本当に大変なことなんです。

 

それ以来、無理はしないで続けてきたつもりですが、最近、またいろいろ事業内容を変更しているせいか、忙しさに拍車がかかってきました。

でも、今は以前と違い、娘が料理を手伝ってくれるようになり、この夏休みも昼食、夕食ともにずいぶんと手助けをしてくれました。

 

子育てと仕事の両立は大変。でも、子供が成長してきたら、できることから少しずつ手伝ってもらえばいいのかも。

自分の仕事をパワーアップすると同時に、家族のパワーアップも進めていく。

一人で全部抱え込まない。

これが主婦が仕事をする上での秘訣、なのかもしれません。

 

 

もう10年ほどのおつきあいです。

 

本日のお写真は、1メートルほどの大型アーティフィシャルフラワー。 レッスンでの作製です。

花器はご自身で持参され、材料は私がその場でチョイスしたものです。

 

実はこちらのお客様、私の第一号の生徒さんなのです。

ほぼ10年前に私がアトリエを始めたばかりのころ、まだ全然お客様もいなころに、宣伝も兼ねて銀行のフロアを借りて1人で展示をしたことがあるのですが、そのときにご連絡をくださいました。

 

プリザーブドにこだわりがあり、ずっとプリザーブドだけしか飾らない主義の方でしたが、最近はアーティフィシャルがお気に入りで、大きなものも時々作られています。

 

こうやって振り返ると、わたしもずいぶん長いおつきあいのお客様が、たくさんいるなあと思います。

お一人お一人、本当に大切なお客様です。

 

 

 

ギフト&珍しく生花ブーケ。

 

ふと気がついたら、前回の更新から一ヶ月近くも経っておりました。

本日のお写真は、ご退職される方に贈るギフト。レッスンにてお客様が作製されました。

 

このお客様は、もう10年くらいのおつきあいになります。

まだ私のHPが、検索しても全然上位に出てこないころに、何ページも下までたどって見つけてくださって

それ以来、年に3回くらいですが、レッスンにお越しくださっています。

派手な色がお嫌いで、シックなお花を好まれるので、市販のお花は苦手とおっしゃるお客様。

 

アトリエで仕事として知り合った方ですが、もうほとんど友達みたいな感覚なので

午前中からこられて、製作しながら、あーだこーだと久しぶりにたっぷりお話しして午後にお帰りになられます。

 

たまにしかお会いしないけれど長ーいおつきあい。

私にとってこういう出会いは財産なので、これからも大切にしてゆきたいと思います。

 

 

さて、更新しない間に、ほかにもたくさんいろいろなことがあったのですが、忘れてしまいましたので

写真が残っているものを1つご紹介。

 

先月、いや、5月の話。

5月に、中学校主催のサックスのカルテットコンサートがありまして、珍しく生花の花束のご注文をいただきました。

 

5月なのに30度という、猛烈に暑い日で

私は花屋ではないので、花用冷蔵庫を持っていないため、用意したバラが開いてしまうというアクシデントもありましたが

配達中の車の中で撮った写真がコレ。

 

 

カルテットなので、4つ用意したうちの2つです。

今風のストライプのラッピングでスタイリッシュに。

 

「東京から来る男性4名のサックス・カルテット」としか聞いてなかったのですが、実際にコンサートを見てみたら黒いスーツにピンクのシャツ。

30代のイケメン風男性で、コンサートの最後に彼らがコレを持ったときはすごく似合ってて、なんだか感動してしまいました。

 

今後、生花の仕事をする予定はありませんが、こういう経験は楽しい。

いい経験をさせていただきました。とても楽しかったです。