Search this site
MY MAIN SITE ( click please ! ) banner 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
新潟市のプリザーブド&アーティフィシャルフラワーデザイナーの日常
Congratulations on your graduation!


卒業式シーズンまっただ中。。。
きょうのお写真は、うちの子供たちも卒業した近所の小学校からのご依頼の卒業式用コサージュ。
子供たち1人1人の胸につけるものです。
小学校の卒業式は今月22日。 なので、きょうこれから納品に伺います。


ところできょうの午前中は、息子の中学校の卒業式でした。

あっという間の3年間。でも中学三年間は心も体も大きく成長します。
長いおつきあいの友達で保育園から12年間も一緒だった子もいるので、みんな大きく成長した姿を見て感無量です。

そして、明日あさっての二日間は新潟県公立高校入試。
みんなそれぞれの道を歩んでいきます。

高校入試で思うこと。

息子の進路を考えるに当たり、ずいぶんたくさんの高校のHPをのぞかせていただきました。
というのは、進学するにしろ、就職するにしろ、本人の今後の希望に添った学校を選ぶのが一番なわけで
決して成績だけで選ぶべきではなく、内容で選ぶべきだと思ったからです。

あらゆる学校の卒業生の進路を興味深く見させていただくにあたり、気づいたのは
どこの高校でも、入ってからがんばる子はがんばるし、そうでない子はそうでない。
たとえば地元国立大学は、多い少ないはあるにせよ、さまざまな高校から合格者が出ているようだし
私立大に至っては、推薦・AOの影響か、出身高校ランクなどあまり関係なさそうです。

そして、実業系の高校は「手に職」というすばらしいものを得ることができるし、就職・人材は豊富。
わたしの仕事もそうですが、「手に職をつける」ことは一生の強力な武器となります。


もし、第一志望の高校に入れないことがあったとしても
もし、今はあまり勉強に身が入らない中学生だったとしても
行った高校で運命の出会いがあるかもしれない。世界観が変わるかもしれない。

5年後、10年後、どんな大人になっているかな。
勉強の出来、不出来なんて関係なく、それぞれの分野で充実した生活が送れているかな。

良くも悪くも高校にとらわれず、自由に羽ばたいて欲しいなと思います。



 
posted by Reiko | 14:17 | family | comments(0) | trackbacks(0) |
時の経つのは早いもので・・・

久しぶりの更新です。またまたお写真が溜まっておりますので、ぼちぼちとアップしてゆきたいと思います。

本日のお写真は、きものの髪飾りをご注文くださったお客様の成人式の前撮りのお写真です。
大変喜んでいただけまして、お写真を送ってくださいました。

いろんな種類のお花をバラバラにパーツ分けして納品させていただいたので



着物の柄や髪型によって様々に付け替えることができます。
このお写真で使っている量の倍くらいのお花をお渡ししましたので、
これからいろんな場面で何度もお使いいただけると思います。

このお嬢様、以前、中学の卒業式の日にお母様と一緒にうちに来られて
ギフトのオーダーをくださったことがあります。

あれから5年。あっという間に成人式となり、とってもきれいなお嬢さんになりました。
時の経つのは早いものです。


一方、今年度はうちの息子が同じ中学校を卒業します。
ということで、余談ですが以下、またオマケの話。我が家の会話。どーぞ、笑ってください。


<本日のオマケ>

そろそろ高校入試を控えて、願書やら書類を広げているときの会話。


わたし : そういえば、願書に貼る証明写真を撮りにいかないとね。


息子 : その辺にある証明写真ボックスで撮ればいいんでしょ。


わたし : 制服着て撮ってね。写真サイズ4センチ×3.5センチ、無背景、上半身脱帽・・・


娘  : えっ???上半身脱毛???  ← んなわけないだろスキンヘッドか!?




 
posted by Reiko | 21:17 | family | comments(0) | trackbacks(0) |
夏の思い出
 

涼しくなってまいりました。
子どもたちの中学校も夏休みが終了し、わたしもまたいつもの日常生活が戻りつつあります。

きょうのお写真は、夏休みに家族で出かけた唯一の場所。
越後妻有トリエンナーレ。


以前も何度か訪れているのですが、やっぱりここが一番好きだなあ・・・というのがこの松代。
写真は「まつだい里山食堂」。松代能舞台内にあります。

これも一応、作品の一つでありまして
ジャン=リュックヴィルムート(仏)のデザインといわれております。

店内のブルーと外のグリーンの対比が本当に美しく、写真が上手く撮れているわけでもなんでもなくて
ほんとにこのまんまです。


ランチは、地元のおばちゃんたちの手作りお総菜で、ビュッフェスタイル。
ほんとに美味しかったです。


この能舞台の中にある作品をもう一つご紹介。



教室内がすべて黒板でできていて、どこにでも落書きOKです。






うちの子どもたちも地球儀に落書き。
というか、世界地図を見ないでどこまで描けるか???



案外難しい。



外にはこんなものもあったり。



これはガイドブックの表紙などでも有名です。

なかなかアート地域が広くて、一日で全部は見きれない妻有アートトリエンナーレですが
一箇所だけ行くなら、ぜひ「まつだい能舞台」をおすすめします。

9月半ばまでやってます。



今年は息子が高校受験だし、8月末に友達とBSN数学選手権に出るとか言い出して
なんだかバタバタしているし

娘も部活で毎日忙しいので
近場で済ませた夏休み。

子どもたちが大人になってきたせいか、結構のんびりした夏休みでありました。





posted by Reiko | 15:54 | family | comments(2) | trackbacks(0) |
GW報告。


みなさますてきなGWをお過ごしでしたでしょうか。
お天気に恵まれ、我が家も昨年に引き続き、家族で東京へ行ってまいりました。

一応、メインは代々木第一体育館にて行われました「世界卓球2014」の観戦であります。


これは男子の様子ですが、石川佳純ちゃんの試合なども見て参りました。
息子が中学で卓球を始めてから、わたしも少しだけ卓球に興味を持ちましたが、実に奥が深い。

ラケットの角度、速度、ボールの回転などを、瞬時に分析していく競技のようですが、背の高さ、体格、年齢などによる大きな影響の出にくい競技の1つ、ともいわれています。



そして翌日、訪れましたのは、国会議事堂見学。
よく見かける建物の写真。 希望すると内部の見学をすることができます(もちろん無料。職員ガイド付き)





憲法記念日ということもありまして、たくさんの方がおられました。
国会議事堂なんて勉強かよ!と(笑)あまり乗り気でなかった息子も、中に入って驚愕。

テレビでよく見かける国会中継の行われている衆議院本会議場。(写真撮影不可のため写真お借りしました)


ものすごい広さと豪華さで、圧巻です。
天井はイギリス製ステンドグラス、壁はあちこちに大理石、あの有名な赤じゅうたんは1メートル2〜3万円もするとか。

総建築費は、現在のお金に換算すると約700億円近いというから、ものすごい豪華さです。
建立から70年以上経過しておりますが、歴史的建造物としても一見の価値あり。

どなたでも、当日行ってそのまま見学できます。(時間などは随時、衆議院・参議院にお問い合わせください)

一周、一時間程度かかります。小学校高学年以上のお子さんにぜひお勧め。



そして続きましては、

ヤマト運輸巨大倉庫。「羽田ヤマトクロノゲート見学」。羽田空港近くにあります。



こちら玄関ロビー内。 初代宅配車が展示されております。

ここも建物内撮影禁止となっておりますが、昔、テレビドラマの世界でやっていた宇宙船の中みたいな、最先端、超ハイテク物流ターミナル。


こちらも料金無料で、小学校高学年以上の方にお勧めです。
予約等、詳しい内容はこちら →→→ 

予約は一ヶ月前からですが、すぐに埋まってしまいます。
確実に取りたい方は希望日の一ヶ月前、夜中の0時にどうぞ。
ヤマト運輸関連、おみやげつきです。

こうやってみると、無料で見られる面白いところって結構ありますね。



そして最後は、レストラン情報。

NINJA AKASAKA (ニンジャ・アカサカ)  >>> HPはこちら



店内が暗すぎて、写真がほとんど撮れませんでしたが、ニンジャ大好きの外国人接待に頻繁に使用されるといわれております赤坂のこのお店。(忍者好きの子供客も多い)

ニンジャが店内を誘導してくれて、個室には隠しボタンや、創作料理の数々。

お料理を一品だけ撮影したので、ご紹介。
モンブランケーキ、と思いきや、中から出てきたのはインゲン、にんじん。

そうです、豆腐の白和えでできております。

その他、ニンジャによる手品を目の前で披露してくれたり、2時間かなり楽しめます。
こちらも予約要です。


先日の地震で、震度5弱となりました千代田区のホテルに宿泊しまして、地震前夜に帰宅しておりましたが、
あれが昼間の混雑時だったら怖いだろうなーと、東京の人の多さを見ていつも思います。

東京近郊にお住まいのみなさん、地震時には、落下物もそうですが、人混みパニックにどうぞお気をつけください。


わたしたちはまた、のんびりとした新潟の片田舎での生活に戻っております。







posted by Reiko | 12:51 | family | comments(0) | trackbacks(0) |
ボディランゲージというコミュニケーション
 

8月ももう終わり、いよいよ9月が近づいてきましたので
急いで夏休みネタをアップしたいと思います。

友人親子に誘われて
夏休みに行ってきましたのが、福島県にありますブリティッシュヒルズという施設です。

一見、広大な高級ゴルフ場か、はたまた高級ペンション群か!?といったかんじですが、
これらすべて、中世の英国建築を忠実に再現しています。

で、一体何をするところかというと
神田外語グループの経営する、英語研修施設といいますか、英国文化を体験できちゃう楽しい施設といいますか(説明が難しいので詳しくはHPをごらんください)。 >>>




館内すべてで英語が通用します。。。というか、希望すれば、食事から買い物まですべて英語でのやりとりが可能。
もちろん「Japanese Please.」 といえば日本語で会話もできますが、 基本はすべて英語です。

さらにクラフトレッスンなども、英語で受けられます。
ということで、わたしたち家族&友人親子は、ここでクッキングのレッスンを受けてきました。
(クッキングといっても、スコーン作りね。)

決して勉強をしにいったわけではなく、遊びに行ってきたわけですので
われわれほぼ全員、英語などほどほどにしか理解できないメンバー。
しかしながら、となりのグループを見れば、どうやら帰国子女とおぼしき幼稚園児と英語ぺらぺらのお父さんチーム。

あ”−やっぱり来るんじゃなかった、と一瞬後悔したものの
度胸さえあればなんとかなるもの。

Yes,Sheff Andy! ( イエス シェフ アンディ!)
                ・・・ アンディという名前のシェフに笑顔でお返事

中学息子などは、こればっかりの連発のようですし
小学生の娘にいたっては、無言でニッコリ攻撃。
そして夫は得意のボディランゲージ。

今回の目的は、これから英語を本格的に勉強し始める子どもたちに
外国人や英語に対する壁を取っ払って欲しい、ということが一番ですが
英語をもっと勉強したいと思うきっかけづくりになったらいいなー、というのもありました。

そして、子どもたちだけでなく
むちゃくちゃな英語を話す夫にも(一応、これでも教師です、マズイっしょ、ということで)
そして、英語から離れて数十年の私と友人も、久々にちょいと渇を入れようではないか、という企画だったのであります。

それにしても、いつも思うのが、通じないとすぐボディランゲージに走る夫は、外国人に受けがいい。
どこにいっても相手がなに人であっても、彼はすぐ仲良くなってしまう。

そういえば、昔書いた記事ですが、http://blog.7rpm.biz/?eid=1176323
このときのバングラデシュ人宅での、夫のボディランゲージもすごかった。
でも、ちゃんと会話になってるんです、コレが。

すごいのは夫のボディランゲージ力なのか、それともお相手の理解力なのか!?
でも、ある意味、見習う価値ありです(笑)。





posted by Reiko | 14:16 | family | comments(0) | trackbacks(0) |
旅行のテーマはサイエンス
きょうで3月も終わり。
今年小学校卒業を迎えた息子の卒業祝い旅行と称して、久々に家族で東京へ。
(もう親に大人しくついてきてくれるのも最後かと)



まずは六本木ミッドタウン内の 21-21design sight で行われております
「デザイン あ 展」。
NHK Eテレの、デザインをテーマにした人気番組の企画展です。




 
イクラとまぐろ。
一番小さいものは、イクラ1粒でできた軍艦だったらしい。


テーマ「なんでも100円分」。 ↑この水道水全部で100円です。
水道水って、案外安いんですね。
こうやってみると、販売されている飲料用の水がいかに高額かがわかります。


この「デザイン あ」という番組。
物に対する新しい視点を、いつも斬新に提案してくれます。


             ★


そしてご存じ東京スカイツリー。


曇りだったので、上がかすんで雲の中。
テレビではよく見てましたが、近くで見るとやっぱりこの大きさ、すごいです。



実はこれが案外見過ごされている、スカイツリーの足もと。
イスに座って下をのぞくと、杭に打たれて埋め込まれた基礎の基礎を見ることができます。
何事も基礎が一番大事。


              ★


続きまして、お台場の日本科学未来館。



シンボル展示の地球。
赤道上空の6つの静止衛星と、北極と南極を結ぶ極軌道を回る衛星が撮影したデータから、
1時間ごとの雲の様子を描きだしたものを映像パネルで映し出し、地球を立体化しています。

頭上で、自転しながら雲も動いています。



これが2080年ころの地球温暖化が進んだ様子。(予想)
赤い部分は温度の高いところになります。

怖いですね。 ほっておけば、近い将来こうなるはず。
なんとしても食い止めねばなりません。

この科学館、小さなお子さんから勉強中の学生さんまで、十分楽しめるように出来ており
かなり本格的な内容も扱っていますが、(話題のIPS細胞などの展示もあり)
内容も科学、生物、物理、そして医学まで幅広く、丸一日過ごすことができそうです。

この日は、来館者の3割くらいが外国人だったのには驚きました。


               ★


このほか、写真撮影不可でしたが
お台場にあります、SONNYの経営するサイエンス・ミュージアム
「ソニー・エクスプローラサイエンス」 >>>クリック

キーワードはこちら。




目と手、そして耳や口、五感を使って楽しめます。
子供たちは、ここが一番面白かったと言っておりました。
未来館とセットで、オススメです。


                ★


それにしても、はずかしながら「東京臨海新交通臨海線・ゆりかもめ」が
ゴムタイヤで動いていることを、今回初めて知りました。

息子がまじまじと「ゆりかもめ」を外から観察し、私に教えてくれたわけなのですが
大人になると、案外、電車の足下なんて、見ないもの。

ああいう形のものは、すべて車輪で動く電車だと思っていた。
思いこみが激しいというか、先入観が強いってのは、いかんなあ。。。


今回の家族旅行のテーマは「サイエンス」。
子どもたちには、何にでも興味を持ち、先入観を持たず、新たな発見を楽しんで欲しい。
そんな願いを込めて。





posted by Reiko | 18:48 | family | comments(2) | trackbacks(0) |
あったらいいなこんなもの。
 

アーティフィシャルオーダーメードのアレンジメント。
昨年アップしていない写真を見つけましたので、ぽつぽつとアップしていきたいと思います。

新潟の冬は、毎日お天気が悪くて人々の交流も滞りがち。
子供たちも、足元が悪くなるこの時期は自転車に乗りにくくなるので、
家で過ごすことが多くなります。

そこで。
先日、子供たちと話題になった「あったらいいな、こんなもの」。
自分が発明してみたいと思うものがあったら、挙げてみよう。

先週末から風邪を引いて寝込んでいる娘の意見。

 着けたままで 鼻がかめるマスク。 

↑ これ、確かに欲しい!!!!

鼻の弱い息子が風邪をひくと、くしゃみの連発と鼻をかむ動作で忙しく、
マスクはあごに終始かかったまま。
そのうちに、家じゅうにウィルスをまき散らして家族全員が風邪を引く。
なんのためのマスクじゃ。
作製するとしたらどんなものが可能か、一応みんなで考えてみました。

(その1)
 
マスクがティッシュで何重にもなっていて、そのまま鼻をかんでは内側から順に捨てていく。
なくなったら終わり。
(しかし、これは息苦しいと思われるので却下。)

(その2)
マスクに紙オムツのような吸水ポリマーが仕込んであって、鼻水を吸収してくれる。
溜まって重くなったら捨てる。
(えーっ!これって、鼻水と共に長時間過ごすってこと!?気持ちが悪いので却下。)

(その3)
マスクに2つ穴が開いていて、そこからチューブが出ていて鼻をかむときはそこからかむ。
(見た目があまりにカッコ悪すぎるので却下。)


どれもしょーもないアイディアですが、この話題だけでかなり盛り上がりました。
どなたか、いいマスクがあったら開発してください。

ではでは、まだまだ続く「あったらいいなこんなものシリーズ」。
また次回〜



posted by Reiko | 10:53 | family | comments(0) | trackbacks(0) |
在宅仕事と子育てのマイルール
 

お手頃サイズのプリザーブドアレンジメント。
お誕生日プレゼントです。

小さなサイズのギフトは全ての作品をブログにアップできないので
ときどきしか載せておりませんが、お手軽にご利用いただいています。
ご希望のお色などが揃っていれば、最短、当日でも時間があればお請けしています。


                           


さて、きょうは毎日の生活のハナシ。

わたしには2人の子どもがおりまして、二人とも小学生です。
子どもがいると、こういった在宅仕事の生活はうらやましいとよく言われますが
やってみると案外大変です。

自分で規則を決めなければ、仕事も家庭もぐちゃぐちゃになってしまうからです。


毎日の生活の中で、私が自分で決めているルールがあります。


 〕縞4時以降、子どもが寝るまでは仕事をしない。
◆〇劼匹發燭舛いる場所では、パソコン、携帯はなるべく触らない。
(もちろん、緊急の場合などはのぞきます。)



近年、ノーテレビデー(テレビのない一日)という言葉が、
世の中で取り沙汰されるようになりましたが
テレビやゲームの長時間接触が子どもたちの成長に深刻な影響を与えることが、
社会問題となってきています。


そんな情報もあり、我が家では子どもたちが小さい頃から、テレビ、ゲームなどに
必要以上に接触させないよう、心がけてきました。

なので、もちろん我が家にはゲームがありません。
テレビを見るのも一日1時間ほど。

テレビをやめるのは、実は思いの外やってみると大変です。
ただ、子どもに良くないからと制限するだけでは、皆がストレスが溜まるだけのようで
その代わりのものが必要になるということが、案外見過ごされているように思います。

その代わりのものってなんだろう?
それは、子どもであれあば、親が向き合って相手をしてやる時間。

ゲームやDVD、テレビを使わない子育ては
正直、部屋も散らかりますし、ケンカもしますし、しょっちゅう子どもに呼び出され
手間がかかること、この上なし。
でも、その一手間が、親と子どもの関係を築く上では大切なことなのではないかなー

今のところ、子どもたちも特にゲームを欲しがる様子も見られず
小6息子に関しては、非常にマイペースなので、
どんなにみんなが持っているものでも、
自分が面白くないものは、あくまでも欲しくないのだ、というのが持論。
でもそれなりに遊べる相手を選んで、友達とは楽しく過ごしています。


子どもたちといる間は、私もパソコンを見ない。
携帯にもなるべく触らない。

だって、みんなでワイワイやってるほうが断然楽しいじゃな〜い!! という家庭が
私の理想なんです。







posted by Reiko | 14:30 | family | comments(0) | trackbacks(0) |
子どものように暮らそう
 

うちの前の土手のサクラが 今朝、咲きました。

娘 : うちの前のサクラが咲いたよ〜     

アトリエで黙々と仕事をしていた私も、手をとめて外へ。

気持ちいいね。 きょうはお外でお昼食べようか。


ということで、急遽、冷蔵庫の残り物でお弁当をつくり、家の前の土手へ。


娘 : うちはお花見に行かなくても家にサクラの木があるからいいね。。。
 ( ↑  ほんとは、うちのサクラじゃないんだけどね。)

わたし : はい、お弁当。 冷蔵庫の残り物だけど。 

息子 :ホントだ。 弁当箱の半分、マカロニサラダだし。 (← コラッ)

わたし : こういう時は、弁当の中身じゃなくて、外で食べるってことが楽しいよね
  
    (↑ と、おかずのショボさをごまかす)

そして、醤油や塩など、足りない物を手軽に家に取りに行けるのもウレシイ。




娘 : あ!あそこに生えてる草、何だっけ 去年も生えてたの。なんて名前だったっけ。

息子 : チンゲンサイじゃない?  (← んなわけないだろ。)

娘 : おかーさん、あそこの木だけ、サクラが咲いてないよ。枯れてるのかな?

わたし : あの木、サクラじゃないね。 きっと、ケヤキだよ。

娘 : ケヤキって、いつ咲くの? (← 咲かないってば。)

(↑ 彼女の頭の中には、ものすごい形のケヤキの花がすでに展開されている)



最近、自分が、なんだか子どもみたいだなって思うときがある。
でも、子どもみたいに過ごしてたら、なんだか毎日がすごく楽しい。

余計な先のことや、周りのことを気にせずに
今の自分に集中して、身のまわりの生活を楽しむというのは、
子どもみたいに、まっすぐに暮らすことなのかなあって思った。





posted by Reiko | 22:03 | family | comments(0) | trackbacks(0) |
マイペースで参ります。
 

うちの子供たちは、明日からいよいよ新学期。
短い春休みでしたが、充実した楽しい日々でした。

3月中は、とにかくバタバタと年度末のご注文に追われていたので
4月に入って2〜3日はレッスンも納品もなく、少しゆったりと過ごさせていただきました。

春休みだからといって、とりたててどこかに連れて行ってやったわけでは全然なく
家でクッキー作ったり、図書館に行って本を一緒に選んだり
ここ数日は、とにかく毎日、ゲタゲタ笑って過ごしていたので、
明日から、そんな子供たちがまた学校へ行っちゃうのかと思うと淋しい。

(今日のお写真は手作りクッキー。
 文字入れは「だれがクッキーを食べたの?」の歌あそびだよ)

私の場合、この仕事は大好きだけど
仕事ばかりの生活は嫌なので、バランスよく暮らすのがモットー。


さて、いよいよ4月。
母の日の準備ですね〜といいたいところですが
私の場合は、ブーケや花束のプリザーブド加工に追われる季節。
今年のGWは、大安が二日もあるので、またどこも行けそうもない予感。

加工があまりに多忙で、近年は母の日にあまり力を入れられませんが
マイペースで行きたいと思います。

posted by Reiko | 18:24 | family | comments(0) | trackbacks(0) |