好きなことを好きなだけ

 

 

本日のお写真は、ボールブーケのレッスンのお写真。

タッセルをつけて、ぶら下げて飾るタイプです。

春らしく、とってもかわいくできました。^^

 

日を追うごとに暖かくなってきて、いよいよ春が近づいてまいりました。

春はウキウキしますね。

 

3月に入り、確定申告が終わったと思ったら

いきなり世の中が動き出したかのように、仕事が次々舞い込んできて目が回りそうですが

収入保証などない自営業者にとって、お仕事をいただけるって本当にありがたいことです。

 

 

さて、話は変わりますが

私の友人も大勢見てくださっているこのブログ。

本来ならば今年大学受験をしているであろう年齢の息子が、今一体どう過ごしているのか

友人たちも気になるところだと思いますので、少々私事を書きたいと思います。

 

高専に進学した息子ですが、5年制の学校ですので当然受験もないわけでして

現在、ロボティクスに没頭しており、ロボカップという大会で頑張っております。

オール全自動のマシンで、ロボットにサッカーをさせる競技。

 

長岡で行われた地区大会の様子をちょこっと。

 

このあと全国大会、そして世界大会まで視野に入れているという、ものすごい没頭ぶりで

久しぶりに会ったら髪はボサボサ、顔もガサガサ、昨晩は寝てないとか。(友達はこの会場の床で寝たとか寝ないとか)

ここまでくると、食事もしてるんだかしてないんだか、なんともたくましく育ちました。

 

「ここまで没頭できる物に出会えた君は幸せだな」と言いながら

親の私たちはもうお金くらいしか手助けはできませんが

彼らは世の中の受験戦争とは全く関係ないところで好きなことして暮らしてて

同じ人間として、なんだかうらやましいなと思います。

 

とりあえず自分の息子の話は置いといて、

今日、この会場で目にして気になったのが、子供たちのロボコニスト。

右端にチェックシャツの小学生が写ってますし、息子のチームと対戦している右の学生服の子は中学生。

 

長岡という土地は技術者養成に非常に力を入れていて、ITやベンチャー企業などの若者の起業を応援しています。

その流れからか、たくさんのロボット教室があり、子供たちがロボット製作やプログラミングを日常的に楽しんでいます。

 

世の中どんどんAI化して変わっていますし、新潟市もそろそろ学習塾ばっかり増やすのやめて

プログラミング教室とか、技術者養成に力を入れた方が世の中に貢献できるんじゃないかと

勝手に思っている今日このごろです。

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL