Search this site
MY MAIN SITE ( click please ! ) banner 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
新潟市のプリザーブド&アーティフィシャルフラワーデザイナーの日常
<< 今年一つ、新しいこと。 | TOP | 新しい生活、春。 >>
紙辞書と電子辞書

 

久しぶりの更新です。

本日のお写真は、ブライダルフラワーのドライフラワーリース。

 

ブーケや会場装花のいいところをプリザーブド加工して、残ったお花をドライにしたものです。

最近はドライフラワーブーム。

自然の花の色はいいなあ。

 

****

 

さて、本日のおまけ余談コーナー。

 

うちの娘の高校受験もようやく終了いたしまして、現在、春休み中ではありますが進学準備に明け暮れております。

先日、高校からもらった書類にこんなものがありました。

 

「紙辞書使用のお願い」(一部抜粋)

 

コンパクトで手軽というのが電子辞書の魅力ではありますが・・・・・・・・

紙辞書は語義の一覧性に優れ、例文・用例がみやすく、必要に応じて書き込むことが出来るなど・・・・・・

ことばの「重みと厚さ」を紙辞書の物理的存在から感じてもらえば幸いです。

 

ふむふむ。なるほど、電子辞書じゃなくて紙辞書を使おうということですね。確かに。

 

紙辞書は、目的の単語以外も視界に入るし、アンダーラインも引けるし、書き込みもできる。使い込むほど愛着もわく。

私も断然「紙辞書派」でした。

 

しかしながら2年前に息子が高専に入学したころから、少し考えが変わり・・・

高専というところは、電子辞書のようなハイテク機器を開発するエンジニアを育成する学校なので、

授業中のパソコン・スマホ使用OKですし、WIFIも飛んでます。

 

そんな学校なので、抵抗はあったものの本人の希望もあり、電子辞書を買ってみたところ

これも案外いいじゃない。

 

何が一番いいかって、音声が出ること。

英単語は、すぐに音声を出して発音を確認することができます。

英語は、最終的に話せなきゃ話にならんわけですし。

今の電子辞書はアンダーラインも引けるし、機能もなかなかのものなんですね。

 

一台の電子辞書に国語、漢和、英和、和英、ことわざ、百科事典まで入ってる物もあり、

これはこれでスバラシイ。

 

人工知能VS人間、どっちが勝つかみたいな不毛な対決よりは、アナログもハイテクも両方上手に利用して

いいとこ取りで快適に暮らすのも手かなあとも思います。

 

やっと終わった受験のあとに、合格通知と一緒に山のような課題を高校から渡され

また受験勉強に逆戻りしている娘は

わたしがこんなのを書いてる間に、さっさとスマホに翻訳アプリをダウンロードして課題をこなしております(笑)。

 

さあ、私も年度末のご注文に本格的に取り組まなければ。

もう春ですね。

 

posted by Reiko | 23:02 | family | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.7rpm.biz/trackback/1487638
トラックバック