Search this site
MY MAIN SITE ( click please ! ) banner 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
新潟市のプリザーブド&アーティフィシャルフラワーデザイナーの日常
<< ★大雪★ | TOP | 極寒と断水と >>
★いまどきの小学校授業★

 

本日のお写真は、どちらも花束のプリザーブド加工です。

左のピンクのバラは、挙式でお母さまが花嫁さんからいただいたお花なのですが

うちに来られたときには、もうほとんど枯れかかっていて、無理なのでお返ししようと思いましたが

仕上がりなんてどうでもいいから、娘がくれたお花を絶対に残したい!」とおっしゃる母心。

わたしも一応母ですので、痛いほどわかります。形は悪いですが、なんとか残せました。

 

一方、右側のお写真はプロポーズのお花を加工したものです。

4輪で、一見、数が悪いように見えますが、

フレームに入る分だけおねがいします」とのことでしたので4本加工しました。

残ったお花はドライフラワーにして、カゴに挿してご返却。

ドライも素敵です。

 

余談ですが、最近、ドライフラワーのウェディングブーケが流行ってきていて

実はひそかにドライフラワーブームが到来中です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さて、ここより余談です。

昨年から地域のボランティア的な仕事のご依頼を受けまして、あれこれと携わるようになり

昨日も、小学校の授業参観へ行ってまいりました。(うちには小学生はいないんですが)

 

そこで目にしたもの。面白かったです。

俗にいう、「アクティブラーニング」ってやつだと思います。

 

なんと、3年生の授業では、こどもたちが落語の小ばなしをやっていました。

教室の前の方に座布団を5枚並べて、5人座り、一つの小噺をパートごとに分かれて披露します。

ちゃんと落語用の出囃子のCDを用意して、はじめとおわりに鳴らしてくれる担任の先生の演出がにくい!

 

最終的に、これが一体なんの授業につながるのかといいますと

「人を惹きつける話し方や演出のしかた」といったことについての意見交換のようでした。

 

コミュニケーション能力が求められる最近の傾向。

政治家・小泉進次郎氏の名演説も、落語を参考にして構築しているとのことですし

落語家やお笑い芸人から学ぶことは多いようです。

 

今後、学生や社会人になればなおのこと、コミュニケーション能力や、プレゼン能力は非常に重要になってきます。

先を見据えた、とてもいい授業。

小学生のうちにこんな体験のできる今の子供たちが、うらやましいなあ。

 

 

 

 

posted by Reiko | 16:19 | プリザーブド加工 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.7rpm.biz/trackback/1487633
トラックバック