Search this site
MY MAIN SITE ( click please ! ) banner 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
新潟市のプリザーブド&アーティフィシャルフラワーデザイナーの日常
<< プチ・リフォームいたしました。 | TOP | ☆ランチ付きレッスンin BISTRO NAOMI☆ >>
調味料は大事。

 

本日のお写真は、花束のプリザーブド加工。

プリザーブド加工は随時お受けしているのですが、いつも完成品の発送が迫っているので写真を撮るのを忘れてしまい

ブログに載せることはあまりありませんが、HPからのお申し込みを月に数件いただいております。

きょうはそのうちの2つ。

 

最近多いのが、お誕生日やプロポーズの花束です。

お誕生日に年の数のバラとか、108本のバラの花束でプロポーズとか。。。

プリザーブド加工で、記念のお花を一生お手元に。いかがでしょう。

 

*********

 

さて、本日の雑談コーナー。

 

先月、とある料理研究家の方にお会いする機会がありまして

そこで聞いたのが、このお塩。

 

 

ゲランドの塩。フランス産。

実は、料理研究家の方の多くが、密かに使っているそうなのです。

 

料理って、もちろん腕前も大事ですが、実は調味料で味が相当変わるのだとか。

塩や醤油を変えただけで料理がおいしくなるなんて、こんな簡単なことってないですよね。

 

お値段は、1キロ1000円近いので、高いじゃないか!と思われるかもしませんが

このお味で1袋で半年近くはもつそうですのですので、特に高いとは感じません。

(バーゲンで衝動買いしてる服を1つやめるだけで、買えちゃうと思うんです)

 

そのままなめてみて思ったのが、たしかに味がやわらかい。

私は今までスーパーで売ってる沖縄の塩などを使っておりまして、もちろんそれもおいしいのですが

そのままなめるとクシャミが出るのです。(刺激が強いので)

 

このお塩、クシャミが出ません。

味がやわらかくて、旨みが長ーく続く感じ。

 

夏場は特に、枝豆やトウモロコシなど、塩だけで食べるものが多いので、違いがよくわかるのですが

チャーハンも塩こしょうだけでOKですし、パスタの塩ゆで、おにぎりなども

シンプルなものほどひと味変わります。

 

普段、化学調味料で舌が麻痺しちゃってるので、こういうシンプルなお料理の良さは、残念ながらわかりづらい世の中ではありますが

なるべく素材のおいしさを大切にしたい。

そいういう意味でも塩って、ほんとに大事なんだなーと、痛感している今日このごろなのです。

 

 

posted by Reiko | 23:09 | プリザーブド加工 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.7rpm.biz/trackback/1487621
トラックバック