Search this site
MY MAIN SITE ( click please ! ) banner 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
新潟市のプリザーブド&アーティフィシャルフラワーデザイナーの日常
<< ロボット掃除機、たのしい。 | TOP | ワークショップ in グラスアート展 >>
パスタのゆで時間。

 

本日のお写真は、ショップディスプレイ。ヘアサロンさんに納品予定で、レッスンでの作成です。

 

以前、うちで資格を取られた生徒さんと私と二人で、ほぼ2週間ほどかけて打ち合わせしをしまして

二人の合作とでもいいましょうか。

 

全体像はこんな感じ。

 

雲竜柳は、実際にサロンに持って行ってから、最後に高さを調節することになっていて、実はこれは適当に入ってます。

実際はもう少し短くなると思いますが。

ショップディスプレイは、最後の仕上げはその場で作る方が失敗がないのです。

空間とのバランスですね。

 

そして、雲竜を外しても飾れるようにできてます。

 

 

彼女も私も、思わず「自分の家に飾りたーい」と言ってしまうほどのお気に入りの仕上がりとなりまして、

二人とも大満足でした。

たまにこういうお仕事は楽しいです。

 

..........................................................

 

さて、またまた雑談コーナー。

きょうはパスタのお話。我が家の休日の昼食には、パスタがよく出てきます。

私の得意なメニューは、ミートソースとカルボナーラ。もちろんソースから作ります。

 

わたくし実は、細めのパスタが大好きで、1.4mmがお気に入り。

最近気になるのが、国産のパスタのゆで時間の短さ。

短いもので3分。これって、あっという間でバタバタなんです。

 

一方、イタリア産などの外国産パスタは、1.4mmでも普通に5分くらいのゆで時間だったりします。

実際調理してみると、パスタって、ゆで時間が5分〜7分くらいあると、実はちょうどいいんじゃないかと思うのです。

 

お皿やフォークを揃えたり、使った調理器具を軽く洗ったりもできます。

日によっては、サラダ1品できちゃうときもある。

 

パスタはゆで上がってからが勝負。

ぐずぐずしていると、のびちゃってまずくなるので、その心の準備として最低5分くらいあるとちょうどいいんじゃないかしら。

 

国産パスタのゆで時間3分って、いろいろ改良を重ねて可能になったのでしょうが、せっかち日本人の象徴のように思えます。

カップ麺じゃないんですからもっとゆとりを持って料理をしたいなあ。。。と思うのです。

 

 

posted by Reiko | 23:06 | lesson | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.7rpm.biz/trackback/1487615
トラックバック