Search this site
MY MAIN SITE ( click please ! ) banner 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
新潟市のプリザーブド&アーティフィシャルフラワーデザイナーの日常
<< 在宅仕事と子育てのマイルール | TOP | クリスマスは楽しまなくっちゃ >>
在宅仕事と子育てのマイルール・その2

 

アーティフィシャルフラワーを使ったリース。
ウェディング用です。
このまま花冠に出来そうですね。

2つとも同じ方の作製で、フラワーアレンジメントは初めてとおっしゃる方ですが
驚くほど勘のよい方でした。

クリスマスとは関係ありませんが、かわいいリース・・・


                        


さて、昨日に引き続きまして「在宅仕事と子育てのマイルール・その2」。

あくまでも私のための、自分のルールですが、
自分なりに役に立ったので、ちょっとだけご紹介。


 出来る限り料理に時間を取れるように、スケジュールを調整する


今から2〜3年ほど前、まだ、今ほど仕事が軌道にのっていなかったころ
乗らないからこそ、何でもかんでも手を出してがむしゃらになりすぎて
今より忙しい時期がありました。
家でやる仕事だから尚更、朝から夜中から、やりだしたらもうきりがない。

あまりに仕事に力を入れすぎて、明らかに家族のことがおろそかになってしまい
そのおろそかさの象徴となったのが料理だったのでした。

いつも、おかず1〜2品の食卓で、なんとなくすさんだ感じ・・・
とにかく昼間忙しいので、夕方は疲れてキッチンに立つ元気もないし
代わりに作ってくれる人などいるはずもなし。。。

夫は仕事で帰宅はいつも深夜。
なんで私ばっかり、子育てや家のことやらなきゃならないのよーーーー!と
いつもイライラしていました。


   
                            


あれから数年。
最近は、ようやく仕事量を調整できるようになり、料理にも時間をとれるようになりました。

きちんと包丁を持ち、心を込めた料理を作ることを心がけるようになったら
その姿が楽しそうに見えるのでしょう。
子どもたちも、キッチンへ寄ってくるようになり、
夕食を楽しみにしてくれるようになりました。

夫とは、お互い言葉に出して感謝の気持ちを伝えるのはムズカシイし
なにせ、一日の間に顔を合わせる時間がほとんどない。

そんなとき、夕食をきちんと整えて揃えておくと喜びます。
言葉でダイレクトというのでなく、
なんとなーくぽわわんと伝わるのって、今の私たち夫婦には合っている気がします。

これから思春期を迎える子どもたちとも
喋らなくなったときは、料理で心を通じ合わせていけたらいいなあ。


                        


どんなに忙しくても、料理の時間だけはなるべく確保するようにしています。
手の込んだものでなくてもいい。
家族のことを思いながら、キッチンに立つのは
短い時間ですが、自分の気持ちが整う気がします。








posted by Reiko | 15:20 | 子育てなど | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.7rpm.biz/trackback/1487350
トラックバック