Search this site
MY MAIN SITE ( click please ! ) banner 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
新潟市のプリザーブド&アーティフィシャルフラワーデザイナーの日常
<< カフェ・ルフレ  | TOP | 最後の教室 >>
フロッタージュ
  



時がゆったりと流れていく 新緑の一室。


一見フツーの壁紙に見えますが

葉っぱのフロッタージュ(擦り出し絵)が

一枚一枚丁寧に切り取られて壁や天井に貼ってあります。








フロッタージュとは凹凸のある素材の表面に紙をあて

鉛筆などでその地肌を擦り出す創作作業をいいます。






 一口に「緑」といっても、この部屋の緑は18色もあって
 
 緑って、こんなに沢山あったのかと気づかされます。



 町の人々が一枚一枚作った緑のフロッタージュ。
 
 松代が 冬になって真っ白な雪に覆われてしまっても

 この部屋だけは いつも新緑に包まれていて・・・。
 
 春を待ちわびる町の人々の思いが 
 
 一枚一枚の葉っぱに込められているのですね。

 

 越後妻有アートトリエンナーレ大地の芸術祭 エントリー作品NO.206

  artist : 酒百宏一 (空き家プロジェクト作品)
 


posted by Reiko | 12:08 | art | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.7rpm.biz/trackback/1181296
トラックバック