Search this site
MY MAIN SITE ( click please ! ) banner 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
新潟市のプリザーブド&アーティフィシャルフラワーデザイナーの日常
新潟エンジン02

 

以前ブログでご紹介いたしましたが、お客様が羽生結弦くんのイベントでいただいてきたという、赤いカーネーション。

プリザーブド加工して、このような感じに仕上がりました。

 

先日納品に伺いましたが、大変喜んでくださいまして、いい思い出になったわーとおっしゃっていただけました。

ラッピングについていたシールを、中に一緒に入れてあります。

 

                ☆ ☆ ☆

 

 

さて、はなしは変わりますが、昨日の9月30日、行ってきました「新潟エンジン02」。      

こんなイベントです。

 

 

新潟開港150周年記念事業ということで開催されました。

実はわたくし、一週間前に車のラジオでたまたまこのイベントを知りまして

 

気になったので車の中でそのままスマホで調べてみたら、私の大好きな茂木健一郎さんのセッションがあると知り

そのまますぐに、スマホでチケットを予約。(←便利な世の中になりました)

 

参加したのはこの2つ。

 孱械僑菊炎上!ネット社会の生き方」 茂木健一郎・夏目剛・石田純一・中井美穂 

◆屬△覆燭涼里蕕覆AIとのつきあい方」 茂木健一郎・夏目剛・映画監督の安藤桃子 

 

さほど広い部屋でもないので、早く入って前の席に座り、3メートルくらいの至近距離で見られました。

 

 

どちらかというと1つめのセッションは石田純一ファンが多くて、石田さんの話が多かったかな。

 

私がいつもYou Tubeで聞いている茂木さんのガチなパネルディスカッションとはまた違い、

一般市民向けなので、内容は私でもとてもわかりやすかったのだけれど

 

それはともかくとして、茂木さんの視野の広さというか気配りがすばらしかったのです。

パネラーの様子を見ながらMCになったり脇役にまわったり

会場にマイクを持っていきなりインタビューしてみたり。

 

年配のお客様が多かったせいか、退屈しないようなテレビの話題を交えてくれたり。

身振り手振り、大きな声で笑わせてくれる。

 

講演やパネルディスカッションとは、ある種のショーである、と思うのです。

 

お客様を楽しませてナンボなんだなあと思う。

自分たちのしゃべりたいことを、自己満足でしゃべってるだけじゃだめなんだ。

 

相手のことを、お客様のことを常に見ながら進めなければ。

お客様を楽しませるって、そういうことなんだと思う。

 

これって、すべての接客のにおける極意ではなかろうか、とも思う。

 

 

 

posted by Reiko | 21:30 | プリザーブド加工 | comments(0) | trackbacks(0) |
自分の一票。

 

本日のお写真は、バラの花束のプリザーブド加工のご依頼。

最近、ブーケの加工よりもプロポーズや記念の花束の加工ご依頼が増えてまいりました。

思い出の大切なお花。

きちんと加工して、ご依頼主のお手元にきれいにお返しいたします。

 

 

さて、本日は新潟県知事選挙。

新潟県には柏崎刈羽原発がある関係もあり、県知事選には注目が集まっております。

 

5月生まれで、つい先月18歳になったばかりの息子も

長岡で寮生活をしているにもかかわらず、わざわざ選挙のために帰省してきました。

 

わざわざ帰ってくるというので

なんとなく、ただ「選挙」というものに興味があるのかなあ・・くらいに思っていたのですが

帰って来るなり、ずいぶんといろいろ考えているのだと分かり、ちょっとオドロキ。

 

寮の友人たちも、選挙のために帰省した子が何人かいると聞いて、またまたオドロキ。

帰省前に、誰に投票するか?なんて話し合いをしたという。

 

若いから、政治の派閥のことはよくわからない。

でも、高専という学校の特色のせいか、電気や原発に興味があり、電力会社に就職する学生も多く

やはり原発が話題の中心となったようです。

 

柏崎刈羽原発は世界最大規模の原発。

廃止の方向でも電気は足りるんだろうか。

上手につきあっていくべきではないか。

いや、焦ることなく、ゆっくり廃止の方向へ行くべきなのではないだろうか。

柏崎や刈羽地域の救済も大事だよね。

でも、原発にミサイル一発落とされたら、もうおしまいだね。

 

これからを担う若者たちが、ほんの一瞬でもまじめにそんな話し合いをするって、いいことだなあと思います。

 

みんな、誰に投票したのかな?

明日には結果がはっきりしますね。

 

自分の投じた一票が県政を変える。

 

 

posted by Reiko | 22:44 | プリザーブド加工 | comments(0) | trackbacks(0) |
羽生くんのカーネーション

 

本日のお写真は、カーネーションのプリザーブド加工のご依頼。

 

4万人の応募の中から75組150名という、超レアな羽生結弦さんのトークショーに見事当たったというお客様からのご依頼。

羽生くんからもらった赤いカーネーション。加工すると枯れずにずっと手元に置いておけます。

 

それにしても、4万人の中から75名様ペアでご招待ですから、当る確率としては40,000分の75ですよ!

倍率でいうと、約540倍(笑)。とてつもない確率。

 

一生分の運を使い切ったのではないかというと言葉が悪いですが、運のいい方、いるんですね!

 

 

 

posted by Reiko | 21:12 | プリザーブド加工 | comments(0) | trackbacks(0) |
★いまどきの小学校授業★

 

本日のお写真は、どちらも花束のプリザーブド加工です。

左のピンクのバラは、挙式でお母さまが花嫁さんからいただいたお花なのですが

うちに来られたときには、もうほとんど枯れかかっていて、無理なのでお返ししようと思いましたが

仕上がりなんてどうでもいいから、娘がくれたお花を絶対に残したい!」とおっしゃる母心。

わたしも一応母ですので、痛いほどわかります。形は悪いですが、なんとか残せました。

 

一方、右側のお写真はプロポーズのお花を加工したものです。

4輪で、一見、数が悪いように見えますが、

フレームに入る分だけおねがいします」とのことでしたので4本加工しました。

残ったお花はドライフラワーにして、カゴに挿してご返却。

ドライも素敵です。

 

余談ですが、最近、ドライフラワーのウェディングブーケが流行ってきていて

実はひそかにドライフラワーブームが到来中です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さて、ここより余談です。

昨年から地域のボランティア的な仕事のご依頼を受けまして、あれこれと携わるようになり

昨日も、小学校の授業参観へ行ってまいりました。(うちには小学生はいないんですが)

 

そこで目にしたもの。面白かったです。

俗にいう、「アクティブラーニング」ってやつだと思います。

 

なんと、3年生の授業では、こどもたちが落語の小ばなしをやっていました。

教室の前の方に座布団を5枚並べて、5人座り、一つの小噺をパートごとに分かれて披露します。

ちゃんと落語用の出囃子のCDを用意して、はじめとおわりに鳴らしてくれる担任の先生の演出がにくい!

 

最終的に、これが一体なんの授業につながるのかといいますと

「人を惹きつける話し方や演出のしかた」といったことについての意見交換のようでした。

 

コミュニケーション能力が求められる最近の傾向。

政治家・小泉進次郎氏の名演説も、落語を参考にして構築しているとのことですし

落語家やお笑い芸人から学ぶことは多いようです。

 

今後、学生や社会人になればなおのこと、コミュニケーション能力や、プレゼン能力は非常に重要になってきます。

先を見据えた、とてもいい授業。

小学生のうちにこんな体験のできる今の子供たちが、うらやましいなあ。

 

 

 

 

posted by Reiko | 16:19 | プリザーブド加工 | comments(0) | trackbacks(0) |
☆仕事納め☆

 

今年最後のお写真は、プロポーズでいただいたとおっしゃるお客様の108本の赤いバラの花束。

すごーいですよね!!!こんな花束もらったら嬉しいだろうなぁ

 

保存しておきたくて、プリザーブド加工のできる店を必死で探してくださったそうで

とても喜んで来てくださいました。

 

クリスマス後の数日は、このような幸せなお嬢さんたちからの加工依頼が毎年数件ありますので、

年末ぎりぎりまでお仕事がいくつか舞い込んできます。

 

あと2日で今年も終わり。

さきほど、オーダーの成人式用の髪飾りを納品してきて私も仕事納めとなりました。

 

私の仕事は、ほとんどがいきなりの電話やメールなどを経由して入ってくるので、

年末年始の数日間は仕事の電話が鳴らないというだけで、かなり精神的に休めます。

全国一斉にお休みとなるお正月は、一年に一度の私にとっての本当の休養日かな。

 

今年は、わたしにとっての節目の年でありました。

苦手な営業をして新規の取引先を開拓したり、新しい出会いもたくさんありました。

 

一年間、お世話になりました皆様に心より感謝申し上げます。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

posted by Reiko | 16:16 | プリザーブド加工 | comments(0) | trackbacks(0) |
調味料は大事。

 

本日のお写真は、花束のプリザーブド加工。

プリザーブド加工は随時お受けしているのですが、いつも完成品の発送が迫っているので写真を撮るのを忘れてしまい

ブログに載せることはあまりありませんが、HPからのお申し込みを月に数件いただいております。

きょうはそのうちの2つ。

 

最近多いのが、お誕生日やプロポーズの花束です。

お誕生日に年の数のバラとか、108本のバラの花束でプロポーズとか。。。

プリザーブド加工で、記念のお花を一生お手元に。いかがでしょう。

 

*********

 

さて、本日の雑談コーナー。

 

先月、とある料理研究家の方にお会いする機会がありまして

そこで聞いたのが、このお塩。

 

 

ゲランドの塩。フランス産。

実は、料理研究家の方の多くが、密かに使っているそうなのです。

 

料理って、もちろん腕前も大事ですが、実は調味料で味が相当変わるのだとか。

塩や醤油を変えただけで料理がおいしくなるなんて、こんな簡単なことってないですよね。

 

お値段は、1キロ1000円近いので、高いじゃないか!と思われるかもしませんが

このお味で1袋で半年近くはもつそうですのですので、特に高いとは感じません。

(バーゲンで衝動買いしてる服を1つやめるだけで、買えちゃうと思うんです)

 

そのままなめてみて思ったのが、たしかに味がやわらかい。

私は今までスーパーで売ってる沖縄の塩などを使っておりまして、もちろんそれもおいしいのですが

そのままなめるとクシャミが出るのです。(刺激が強いので)

 

このお塩、クシャミが出ません。

味がやわらかくて、旨みが長ーく続く感じ。

 

夏場は特に、枝豆やトウモロコシなど、塩だけで食べるものが多いので、違いがよくわかるのですが

チャーハンも塩こしょうだけでOKですし、パスタの塩ゆで、おにぎりなども

シンプルなものほどひと味変わります。

 

普段、化学調味料で舌が麻痺しちゃってるので、こういうシンプルなお料理の良さは、残念ながらわかりづらい世の中ではありますが

なるべく素材のおいしさを大切にしたい。

そいういう意味でも塩って、ほんとに大事なんだなーと、痛感している今日このごろなのです。

 

 

posted by Reiko | 23:09 | プリザーブド加工 | comments(0) | trackbacks(0) |
梅雨入り前の一仕事。

 

本日のお写真はアフターブーケのプリザーブド加工。

春にお預かりしたものを、なるべく梅雨入り前に仕上げてお返ししたいので今、発送ラッシュです。

お待たせしておりますお客様、きょうも発送しましたのでどうぞお楽しみなさっていてください。

 

上の写真は、108本のプロポーズの花束をお持ちになったお客様のバラをプリザーブド加工したものです。

もとの花束の写真はこちら。

あわてて撮ったので写真がへたくそですみません。

 

そしてもう一件。こちらもプロポーズのお花をプリザーブド加工しました。

こんな感じ。↓

 

 

お花が良かったので、どちらもきれいにできました。

 

これらを含め、今日は7件も一度に発送しました。

いつも来てくださるヤマト運輸のおじさんが

「田辺さんのとこの荷物はお酒と同じ扱いで、箱の上にまたエアクッションをかぶせて運搬するんだよ」

とおっしゃっていました。

ご利用いただいているお客様、ヤマト運輸さんはほんとに大切に運んでくださっております。

今年、いよいよ運賃値上げといわれておりますが、まさかここまでしてくださっているとは。

 

送料無料という文字につい敏感になってしまうネットショッピングですが

運送会社には感謝せねば。値上げも当然かもしれません。

 

さて、私事ですが実は今年、新部門を立ち上げることとなり、現在準備に奔走しております。

新しいことを始めるというのは、とてもエネルギーとお金を要することなのですが、でもとても楽しい。

ルーティンワークの苦手な私は、やっぱりこういうクリエイティブなのが好きです。

この年になっていうのもなんだけど、仕事選びって人生においてとても大切なことですね。

 

ということで、本格的にそっちに取り組む前に、お預かりしている大切なお花を加工して早く持ち主様のもとへお返しせねば、なんとなく落ち着かないのです。

 

新部門につきましては、追々、ご報告をしていきたいと思います。

(プリザーブド加工もレッスンも、今まで同様お受けしております)

 

 

posted by Reiko | 21:03 | プリザーブド加工 | comments(2) | trackbacks(0) |
☆ブライダルブーケのプリザーブド加工☆

 

ブライダルブーケのプリザーブド加工のお写真。

最近、全然アップしてないので、もうやめちゃったんですか?とよく聞かれますが

いえいえ、お受けしております。

 

溶液の置き場所や、自分の体調のことも考えて (なにせメチルアルコールを常時使うので)

以前ほど大量には手掛けておりませんが

ご依頼いただいたものは、たいていお受けしております。

 

ちなみに、もとの生花のブーケはこちら。

こんなふうに、かなり近い状態にしてお返ししております。

 

振り返ってみると、プリザーブド加工を始めてからもう4年くらいたつのかなー。

ほんとうにたくさんのお花を加工して、たくさんのお客様とお会いしてきました。

お花を残しておくという役割を通して いろんな人生の節目に関わらせていただきました。

少しは皆様のお役に立てたかな。

 

フラワー教室、販売を始めてからはもう10年近く。

冷や汗をかくようなこともたくさんあったし

失敗や謝罪を重ねて、ここまで成長してきたんだなーと

自分の人生をふりかえってみると、しみじみ思います。

 

華々しくお店を出したり、表舞台に立つような派手な仕事はしてませんが

家族とのバランスをとりながら、子育ても楽しみつつ

まあまあ、そこそこ自分の好きなことをやれてきたんじゃかなあと思います。

 

始めたばかりのころは、「自分が自分が」という思いが強かったのですが

とある生徒さんの一言がきっかけて、目が覚めたこともありました。

 

「みなさんに喜んでいただきたい」

 

そう、これが一番大事でしたよね。

(Tさん、ありがとう。12日お待ちしてます。)

 

最後まで、この一言を忘れずに、これからも地味〜にながーく続けていきたいな。

 

 

 

 

 

 

 

posted by Reiko | 14:44 | プリザーブド加工 | comments(0) | trackbacks(0) |
最近、物覚えがわるくなりました、はい。


またまたお久しぶりの更新となっております。
本日のお写真は、ブライダルブーケのプリザーブド加工・再現フレーム。ビッグサイズです。


もとのブーケのお写真はこちら。
加工できない花材はアートフラワーなどで代用し、イメージ残しのような感じです。
新郎さまのブートニアも合わせて加工ご希望でしたので、2つ並べてみました。
どうぞ末永くお幸せに・・・

さて、10月に入ってからというもの、めっきり忙しくなりまして
いろいろお仕事をいただいており、全然ブログも更新せず、黙々と暮らしておりますが、
今週末でだいたい山を越しますので、少しずつアップしていきたいと思います。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

<おまけ>

本日のおまけ。
最近、めっきり物覚えが悪くなったというか、物忘れがひどくなってきたというか
そんな気のする今日このごろなんですが

物の名前やお店の名前なんかも、すぐ忘れちゃうようになりました。
そんな、とある日の会話。

中三息子の身長が伸びたので、新しいスエットでも購入するかと 「GU(ジーユー)」へ。
ちなみにGUとは、皆様ご存じかと思いますが  こんなロゴの、ユニクロの若者向け姉妹店であります。
なぜかわかりませんが、以下の会話のように、わたくしとにかくこの「GU(ジーユー)」という店名が覚えられません。。。

                    ↓
                    ↓


わたし : スエット買いに、JK に行ってくるわ。

息子 : JK・・・!? (まじか!? 母、どこいくん。。。JKって、「女子高生」の略だろ。いい歳してJKファッションか!?)




 
posted by Reiko | 19:30 | プリザーブド加工 | comments(0) | trackbacks(0) |
亡き人を忘れない・・・プリザーブド加工
 

本日のお写真は、プリザーブド加工の作品です。

悲しいお話ですが、生まれたばかりの0歳の赤ちゃんを亡くされたというご家族からのご依頼です。
たまたま、お葬式の祭壇にハート型のひまわりを見つけたとのことで
ひまわりとピンクのカーネーションを一緒に加工してフレームに入れて欲しいというご依頼でした。

赤ちゃんへの思いをこめて、かわいらしい作品にしてくださいとのことでしたので
ハート模様のリボンを使って、かわいく仕上げました。

この仕事をしていなかったら、こういった悲しみを抱えた方にお会いすることもなかったと思うので
本当に貴重な体験をさせていただいております。

どのご依頼も、それぞれの想いがこもったもの。

ご依頼主さまの想いを受けて、1つ1つ丁寧に仕上げます。

posted by Reiko | 11:34 | プリザーブド加工 | comments(0) | trackbacks(0) |