学校コロナあるある

 

梅雨の時期に入りました。

マスクをしていると暑い季節です。

 

さて、娘の高校が再開して、ようやく一カ月になろうとしております。

 

4月から高3になったわけなんですが、3年生になってクラス替えがあり

しかしながら、ずっとコロナ休校だったので、クラスメイトの顔と名前がイマイチ覚えられないとか。

おまけにマスクで顔半分隠れたままで暮らしているので、全容がわからない・・・

 

 

「明日、卒業アルバムで全体写真を撮るらしい。全員がマスク外して外で撮影するんだってさ〜」

 

「マスク取ったら、全然イメージ違うってやつがいるかもね!」

 

「あれ? あいつ誰だっけ?」って人がきっといる(笑)」

 

「そしてまたマスクの日々が続き、よくわからないまま卒業。」

 

「卒業アルバム見て、あらためてまた「こんなやつ、いたっけ?」となる。。。」

 

 

 学校コロナあるある でした。

 

 

 

世の中が変わるとき

 

暑くなってまいりました。

 

夫の誕生日が来週なので、前倒しになりますが、昨晩、玄関先でバーベキューをしました。

ありがたいことに、うちの玄関先は土手で遊歩道があるので、バーベキューをやってもご近所迷惑にならず助かります。

それに合わせて久しぶりに息子が一泊だけ帰省してきたので、久しぶりに家族そろってゆっくり過ごせました。

 

    ☆ ☆ ☆

 

我が家の子供たちは、今年2人とも受験の年。

 

息子は高専5年なので、大学3年生への編入試験を控えており

娘は高3なので、大学入試を控えています。

 

大学編入試験というのはあまり知られていないのですが、どこの大学でも毎年、6〜8月の夏の時期に行われています。

息子も本来なら、7月には決まっている予定でしたが、

今年のコロナ渦で、9月に延期になる見込みです。

 

そんな現状の息子と話していて、昨日、おもしろい話を聞きました。

編入試験と同時に、大学院の院試も並行で行われている大学が多いようで、

これは院試の話であります。

 

東京大学・大学院の院試の一部が、8月にオンライン試験になることが決まったのだそうです(←※うちの息子が受験するわけではありません)

 

オンライン入試!?

オンラインでどうやって? カンニングし放題じゃない? 

 

素人目にはナンセンスではないか!と思えるのですが、内容を聞いて納得。

 

オンラインによる口述試験、または「Google検索を前提とした試験」なのだとか。

よーするに、Googl検索を使いながら、答えのない問題に取り組んでもらおう、ということのようです。

 

つまり、従来の「単なる暗記」では、人間はAIに絶対に勝てないので

もう暗記はやめようという流れであります。

 

たしかに、日本史も世界史も、スマホやパソコンで瞬時にすべて出てきます。

徳川三代将軍が誰かなんて、もう人間が覚える必要なんてないんです。

 

答えのない問題に取り組むことこそが、人間の最大の価値である。

すばらしい〜!

これ、従来の古い大学入試制度の流れを変える、よいきっかけですよね。

 

この流れ、今後、高校生の大学受験にも取り入れられる時がくるのではないかな。

自動翻訳機能の飛躍的な向上で、英語の勉強も今みたいに必要なくなりそうだし。

 

コロナ渦をきっかけに、世の中、いい方向へ確実に変わりつつあるのを実感します。

 

 

料理は最初が肝心である

 

おにぎり、冷凍焼き餃子、ハムエッグのレシピ。

ふつう使うか、こんなもの(笑)。

 

さて、これは何かといいますと

つい先日、息子が一人暮らしを始めたので持たせたレシピであります。

 

現在高専5年生。

長岡で寮生活をしておりましたが、ここへきて学校がストップしてしまい、もちろん寮も閉鎖。

2カ月ほど自宅で過ごしておりましたが、この状況にもかかわらず研究室だのなんだのと

教授たちに会いに、しょっちゅう電車や高速バスで長岡を往復している模様。

 

このままでは本人の感染はいざしらず、学校にコロナウイルスを持ち込んでもらっては困るしな。もう20歳だし、君は長岡で暮らしたまえ、ということで始まった自炊生活であります。

 

料理は全くやったことがないし、今後もやるはずなどないからスーパーのお惣菜で暮らしておくれと、スーパーの隣にアパートを借りてやったのに

 

料理は、生きるうえで最重要な技術であるっ ('ω')ノ

 

とかなんとか格好いいことを言い放つので、私が用意してやったこのレシピ。

料理レシピのテンプレートをダウンロードして、適当に書いただけですが、結構それっぽくできました。(笑)

 

というのも、料理って最初が肝心だと思うのです。

どんなに狭いキッチンでも、まずは料理ができるようにワゴンなどを買ってスペースをつくってやり、あとは、超簡単なクックドゥシリーズや焼き肉のたれ料理などを、数週間繰り返し作り続ければOK。

 

勘さえつけば、あとは本人が好きなようにレシピを選んでやっていけると思います。

 

毎日、料理の写メが送られてきますが

まあまあ、それらしく作ってますし、鍋料理などは簡単で野菜を大量に食べられるので、やはり自炊は最高です。

 

そこそこ料理ができるようになってくれればOK

これからの世の中、家事は夫婦でやらなきゃですから、料理のできない男子はもらい手がない。

 

がんばれ!そして一人暮らしを楽しんでおくれ。

 

 

☆夏は中華の季節☆

たまには花とは関係のない記事を。

 

いよいよ夏がやってきました。毎日うだるような暑さですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

夏野菜のシーズンがやってまいりました。

 

このあたりは家庭菜園をやっている人が多い地域なので

あちこちから余ったお野菜をいただいたりします。

 

夏といえば中華。

なすとピーマンとか。

ちょっと辛い味付けが、ビールやご飯のお供に最高ですよね。

 

夏野菜が冷蔵庫にあふれたときは、食卓は中華三昧にすると決めています。

大量消費できますし。

 

なかでも私が大好きなのが、トマトと卵の炒め物。

トマトと卵をごま油で別々に炒めて、あとで軽く合体。

鶏ガラスープの素を使って味付けするだけなので、超簡単。(3分くらい)

今年はトマトが安いので、しょっちゅう作っています。

 

このメニューを作るといつも思い出すエピソードが一つ。

10年ほど前に、中国人留学生の友人がこんなことを言っていました。

 

「日本はトマトが高いです」

 

そうかな?と、一瞬思いましたが、3つで298円くらいが普通だから1個100円程度かな。

 

「中国ではトマトは1個10円くらいだから、お金がないときはみんな、トマトと卵の炒め物を食べています」

 

まさかのトマト1個10円とは。

日本の10分の1の値段ではないか。(今のお値段はわかりませんが)

卵が1個20円として、トマトが1個10円だったら、一食が数十円でできちゃうんですね。

日本でも一食250円くらいですから、まあ安い方のお料理といえますが、中国にはかなわんな。

 

 

若いころはお酒大好きで有名だった私も

最近はめったにお酒を飲まなくなりましたが(笑)

夏野菜中華の食事には、やっぱりビールですね。

 

もうすぐ夏休み。

子供たちのお昼の準備が大変な季節がやってきます。

次回は、オススメのランチメニューを1つご紹介してみます。

 

 

 

紙辞書と電子辞書

 

久しぶりの更新です。

本日のお写真は、ブライダルフラワーのドライフラワーリース。

 

ブーケや会場装花のいいところをプリザーブド加工して、残ったお花をドライにしたものです。

最近はドライフラワーブーム。

自然の花の色はいいなあ。

 

****

 

さて、本日のおまけ余談コーナー。

 

うちの娘の高校受験もようやく終了いたしまして、現在、春休み中ではありますが進学準備に明け暮れております。

先日、高校からもらった書類にこんなものがありました。

 

「紙辞書使用のお願い」(一部抜粋)

 

コンパクトで手軽というのが電子辞書の魅力ではありますが・・・・・・・・

紙辞書は語義の一覧性に優れ、例文・用例がみやすく、必要に応じて書き込むことが出来るなど・・・・・・

ことばの「重みと厚さ」を紙辞書の物理的存在から感じてもらえば幸いです。

 

ふむふむ。なるほど、電子辞書じゃなくて紙辞書を使おうということですね。確かに。

 

紙辞書は、目的の単語以外も視界に入るし、アンダーラインも引けるし、書き込みもできる。使い込むほど愛着もわく。

私も断然「紙辞書派」でした。

 

しかしながら2年前に息子が高専に入学したころから、少し考えが変わり・・・

高専というところは、電子辞書のようなハイテク機器を開発するエンジニアを育成する学校なので、

授業中のパソコン・スマホ使用OKですし、WIFIも飛んでます。

 

そんな学校なので、抵抗はあったものの本人の希望もあり、電子辞書を買ってみたところ

これも案外いいじゃない。

 

何が一番いいかって、音声が出ること。

英単語は、すぐに音声を出して発音を確認することができます。

英語は、最終的に話せなきゃ話にならんわけですし。

今の電子辞書はアンダーラインも引けるし、機能もなかなかのものなんですね。

 

一台の電子辞書に国語、漢和、英和、和英、ことわざ、百科事典まで入ってる物もあり、

これはこれでスバラシイ。

 

人工知能VS人間、どっちが勝つかみたいな不毛な対決よりは、アナログもハイテクも両方上手に利用して

いいとこ取りで快適に暮らすのも手かなあとも思います。

 

やっと終わった受験のあとに、合格通知と一緒に山のような課題を高校から渡され

また受験勉強に逆戻りしている娘は

わたしがこんなのを書いてる間に、さっさとスマホに翻訳アプリをダウンロードして課題をこなしております(笑)。

 

さあ、私も年度末のご注文に本格的に取り組まなければ。

もう春ですね。

 

極寒と断水と

 

しんどかった〜この2週間。やっと一段落したので更新しております。

 

先週は極寒の雪嵐。お風呂のシャワーが、いきなり凍結して出なくなりました。

たまたま学級閉鎖で寮から帰省していた息子が、床下まで調査してくれて2日後に直りましたが

 

やっとお湯が出たと思ったその数日後に、なんと今度は断水

夕方4時から翌朝6時まで。断水って本当にしんどいのです。

 

トイレの水は一回で2リットルくらい使うし

貯水で料理はできるのですが、手を洗うのが本当に面倒。

お肉や魚を触った手を、いちいち洗わなきゃならないのに、お湯も出ないしきれいに洗えない。

 

その日は、たまたま一人暮らしの母が病気で、家に連れてきていたというのに、

お風呂も入れないし、トイレで手もまともに洗えない。

病人や老人・赤ちゃんがいる世帯では、断水は本当にしんどいと思います。

 

佐渡地方では、現在も断水が続いているとのことですが、長引けば長引くほど病気の蔓延が心配です。

水を買って保存しておくのは大事。賞味期限切れの水すらも、水洗トイレで役に立ちました。

 

            ☆

 

本日のお写真は、大雪の家の前で雪かきがてら、犬を放して遊ばせている様子。

家の前が土手なので無駄に広いスペースがあり、散歩に行けない犬にとってはいいストレス発散です。

 

気がつけば、今日はもう2月1日ではないですか。

お正月のあと、大雪と病気に振り回されて、1月はつらかった記憶だけ。

 

本当にしんどかった新潟の1月。

今年の苦行は、きっとこれで全部終わり!とプラス思考で

これからはすてきなことがたくさん待ってると、春を楽しみにしています。

 

 

人工知能搭載ダイエットアプリ

 

あらためまして、戌年なのでうちの犬の写真。

双子のトイプードル2匹かっております。今まであまりブログに載せたことがなかたので、初めての全貌。

 

実はわたくし、この2匹の散歩を毎日、朝晩2回行っています。

こんな小型犬、天気の悪い新潟市で1日2回も散歩に行ってるのはわたしくらいではないかと思いますけど(汗)

 

なぜかというと、基本、家で仕事をしている人間なので、家の中に一日中いることが多いもので

気分転換と体力作りのためでもあります。犬も喜ぶしね。

犬でもいないと、自分一人でウオーキングの習慣をつけるなんて、とても無理なんです。

 

年齢のせいか、めっきり痩せにくくなってるし、散歩ついでにダイエットもしたいというのが正直なところですが、なかなか痩せない。

今年の目標は、今から3キロ減をスタンダード体重にすることかな。

 

とまあ、そんな私がここ数ヶ月で、話題のアプリを実践しておりますのでご紹介。

(このブログ、最近ご紹介ブログみたいになってますが、もうこれで最後ね。)

 

人工知能搭載、ダイエットアプリ「Finc」→ https://company.finc.com/service/app

 

 

こんなやつです。

これ、実はもともとついてる携帯の万歩計機能を使っているので、携帯を持って歩けば歩くほどポイントがもらえます。

1500歩で5ポイント(5円分)、3000歩、5000歩、8000歩、10,000歩と、そのたびに5ポイントずつ付くし

体重を入力するとまたポイント、といった具合に、けっこうすぐにポイントが貯まります。

 

毎日、犬の散歩や立ち仕事で、もともと歩いて暮らしてる方は、その歩数がお金に変わるってなんかうれしい。

本気で痩せたいかたは、ポイント制だとけっこうやる気が出ますし、人工知能が食事や睡眠、トレーニングなどのアドバイスをくれるので、健康管理が習慣になります。

(ちなみに、貯まったポイントはFinc Mallで使えます)

 

ただ、毎月、ほんの数百円ですが月会費を取られるので、あまり歩かない方は損しちゃうかもしれません。

初月は無料なので、お試しで使ってみてもよいかも。(解約時はヘルプを見ると操作が書いてあります)

 

このポイントを貯めて、Finc Mallで私が購入しようと思っているのがコレ。

 

「肥満遺伝子検査キット」3900円。

これ、けっこう評判がよいとのことなので

一度検査してみたいなあと思っています。

 

その結果は、また後日ブログにてレポートしたいと思います。

招待コード欄に「 jvbexlkj 」を入れると、最初に100円分のポイントがつくらしいです。

わたしはこういうのを知らなかったので貰ってませんが、なくてもあっという間にポイントは貯まります。

 

今年こそ痩せたい方、一緒にがんばりましょ!

 

 

 

★あけましておめでとうございます★

 

あけましておめでとうございます。

 

新潟は、比較的穏やかなお天気のお正月を迎えております。

みなさま、どんなお正月をお過ごしでしょうか。

 

わたしはといえば、今年は娘が高校受験だし、どこかに出かけることもなくのんびり過ごしております。

今年は新年早々、オスのキジが道路を横切っているのを見かけたり

 

(ホントにこんなのが、道路を横切っていったのであります)

これからは、2か月ほどオフシーズンなので、普段できないことや整理整頓などにも努めたいと思います。

 

 

ところで話は変わりますが、昨年末にクレジットカードを作るのにふと思い出したサイトがコレ。

お小遣いサイト「ゲットマネー」。

実は私、以前、このサイトを使って稼いだお金を事業資金にあてたこともあります。

 

多々あるお小遣い稼ぎサイトの中でも秀逸で、このサイト経由でクレジットカードを作るとキャッシュバックがすごいのです。

10ポイント1円でキャッシュバックまたはAmazonポイントなどに替えられますが、クレジットカード契約はすごい高額ポイントがつくので必見。

 

私はちょうどSuicaつきのカードが欲しいなと思っていたので、このサイト経由でビッグカメラSuicaカードの申し込みをして、なんと6000円分のポイントをゲットしました。

 

ほかにもさまざまなクレジットカードの申し込み窓口が、日替わりで大量に掲載されるので、

本当にクレジットカードを作りたい方や、子供さんが成人して、そろそろクレジットカードを1枚くらい作ってやろうかなあーなんて方も、有効利用してみてください。

 

その他、ヤフーショッピングもアマゾンも、このサイトからクリックして入っていつも通り購入するだけで、ポイントが貯まります。

 

 お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney! ←これです。

 

ほんとにわたしだけで使ってるのはもったいないので、ご興味ある方、どうぞ有効利用していただけたらうれしいです。

寒ーい冬。おうちでできるお小遣い稼ぎ。新潟の冬にはもってこいかな。

 

 

 

 

よし、来年は5年分くらい進化してやろう。

 

Merry Christmas!

 

今日はクリスマスイブ。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

 

本日のお写真は、このたび娘が、長く続けてきたピアノをやめることになったので、ピアノの先生に私からのお礼のプレゼント。

写真は直径20センチ弱の小さなサイズで、トイレのドアなどにもちょうどよい小振りのリースです。

 

前回アップした、住友林業さんの講習会と同じ日、午前が講習会で午後がピアノの発表会でした。

私も一緒に娘と連弾で出させていただき、最後に一緒に弾いたのは、パイレーツ・オブ・カリビアンの主題歌「彼こそが海賊」。

それを最後に、10年間続けたピアノを今月でやめることにしました。(受験だしね)

 

一日の間で講習会とピアノの発表会のダブルはさすがに私の方がハードで、その後、腰痛を発症するほどでしたが

終わってみたら、なんだかほっこりといい思い出になりました。

これからは、好きな楽譜を購入して息抜きにピアノを弾いて過ごすみたいです。

 

 

さてさて、今年の我が家のクリスマスは、長岡で寮生活をしている息子が、今、大阪へ行っており

明日の早朝に夜行バスにて帰宅するため

それを待って、明日、クリスマスらしき食事をしようということになりましたもので

今日は、いたって普通の食卓。(むしろ普通以下かも)

 

年に何度も帰ってこない17歳息子ですが

休み中に読む本をパソコンで大量に予約したので、図書館へ取りに行ってくれといわれ

カウンターに行って出てきた本が、プログラミング、アルゴリズム、ディープラーニング、人工知能・・・(???)

休み中にサイバーテロでもやろうというのか、といった勢いで、わたしには意味不明。

 

一年一年、わたしはゆっくり年を重ねておりますが、彼の一年間は、たぶんわたしの5年分くらいに値するのではなかろうか。

わたしも来年は、5年分くらい進化してやろうではないか。同じ人間なんだものね。

 

 

 

最近の近況。

 

本日は久しぶりにプライベートのお話。

お時間ありましたら、どうぞお読みくださいませ。

 

 

先日の日曜日、長野市のビッグハットで行われましたNHK高専ロボコン・関東甲信越大会の観戦に行ってまいりました。

息子が昨年、長岡高専に入学し、ロボティクス部に入部してロボコン活動を始めてから早一年半。

私たち親も遠巻きに応援してまいりましたが

今年はピットメンバーとして出場するということでしたので、初めての観戦の旅となりました。

 

春にテーマが発表されてから約半年間、アイディア出し、設計、製作とみんなで力を合わせ、

夏休み期間は、盆と週末以外ほぼ毎日、寝袋を持って学校の教室で1カ月間寝泊まりするという夏合宿。

 

朝の9時から夜の10時までパソコンと工作機械に囲まれた生活は、さぞかし大変かと思いきや

うちの息子は機械パソコンオタクなので、これが最高の楽しみだとか。(まじか)

 

半年間改良を繰り返し、がんばって作製してきた努力の結晶を、たったの3分という短い競技時間ですべてを出し切らなければならないわけですから、

ある意味、過酷な競技です。

 

涙、笑い、チームの団結。 これはスポーツの大会と同じなんだなと。見ていてこちらも涙が出ます。

 

                   *

 

私たち親にとっては全く未知の世界なのですが、この業界、先生から習うというよりは、

先輩たちからの技術の継承と改良で成り立っているとのこと。(先生はほとんど関わらないんですって)

 

なので、まったく無知なうちの息子みたいなのが、一年半在籍して活動しているだけで、

優秀な先輩たちの教えにより、まるで別人のようになれるわけなのです。

 

長岡からは2チーム出場し、そのうち1チームが嬉しいことに優勝いたしまして12月3日の全国大会の切符を手に。

もう1チームも、負けはしましたが、競技委員会推薦枠をゲットして全国へ!(ここがスポーツと違うとこなんです)

全国大会出場は8年ぶり、地区優勝は19年ぶりとのこと。〈11月23日午前 NHKにて地区大会の様子が放送されます)

 

長岡高専ロボティクス部。

近年ではロボカップジュニア・サッカー部門での世界優勝という快挙もあり、

めちゃめちゃ優秀な先輩たちの努力により、いよいよ黄金期に突入したようです。

 

ロボットもプログラミングもなにも知らなかったうちの息子ですが、

本当にいい先輩たちに巡り合えて、好きなことを思い切りやれて、そしてチームワークのすばらしさを体で感じ、いい時間を過ごしているよう。

 

わたしたち親が子供を育てる時期は終わったんだなぁ。

みなさんに育てていただき、本当に感謝です。