Search this site
MY MAIN SITE ( click please ! ) banner 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
新潟市のプリザーブド&アーティフィシャルフラワーデザイナーの日常
料理はテンション

 

最近はまっていること。 アップルパイ作り。

冷凍パイシートを使うと簡単なので、一日おきくらいに作っています。

 

冬はリンゴの旬なので、スーパーにもいろんなリンゴが並んでいます。

お菓子として販売されている中には、カスタードクリームやシナモンが入っているものもありますが

うちのアップルパイは、ほんとにリンゴだけ。

 

薄切りにしたリンゴを電子レンジで10分加熱し、冷凍パイシートに挟んで焼くだけ。

超かんたんで味もシンプル。朝食にもおすすめです。

 

リンゴの品種によって、仕上がり具合が違うので、味もそれぞれ楽しめます。

 

             ☆

 

ここ1年くらい、娘が料理にはまっており、

買ってきたものより、何でも家で作る方が美味しいといいと言いだし

お菓子も料理も、買ってくることはほとんどなくなり

コンビニ弁当やお総菜もあまり食べたがらなくなりました。

 

せっかくの機会なので、わたしも料理をがんばろうと

重い腰を上げるときは、イヤホンで大音量のロックを聴きながら料理に挑んでいます(笑)。

 

不思議と音楽に助けられて、料理も楽しくやれるようになってきたここ最近。

キッチン御用達のミュージシャンは、なんと言っても「ONE OK ROCK」 でしょうかね。

かなりテンションあがります。

ワンオクのおかげで、つくりおきレシピもばんばん作るようになり感謝。

 

料理はテンション。

レシピ通りに作ればいいのだから、要するにテンションが上がればできるもの。

面倒なものは、対決するより乗っかってしまった方が楽しい。

 

 

 

posted by Reiko | 16:01 | food | comments(2) | trackbacks(0) |
せまい家でも世界は広く

最近はまっているもの。
バターも卵も使わないお菓子づくり。

最近、頻繁に来られている生徒さんから手作りクッキーをいただいて
それがバターも卵も使ってないのに、すごく美味しい!

早速わたしも、教えていただいた本を買ってみました。
娘がチョコケーキを好きなので、先にマフィンに挑戦。
もちろん、これもバター卵なし。なので低カロリーです。
なのに超簡単でおいしい。あっという間にできます。バターを使わないので洗い物も楽ちん。

家にいる時間が長い私としても、つい手が出てしまうおやつは低カロリーがいいのです。(娘用ではなくて、結局は私用ですな。)
一気に10個以上つくって、ラップに包んで冷蔵庫へ。冷えるとまたおいしい。
冷蔵庫の中で毎日のおやつとして待機しております。
レッスン後のお茶請けにも、タイミングが会えばお出しできると思います。

それにしても、仕事柄家にいることの多い私ですが
情報量としては、外で仕事をしている人に負けない自信があります!!
それもこれも、お客様のおかげ。

最近よく服を買うようになった行きつけのお店も、お客様に教えていただいたお店。
今回の手作りお菓子もそうですが、ランチ情報、芸能界の話まで。
わたしが知らないことを、ほんとにたくさん教えてくださって、みなさんありがとうございます。

せまい家での生活ながらも、世界は広く、楽しく生活させていただいております。


 
posted by Reiko | 15:34 | food | comments(0) | trackbacks(0) |
自家製ポップコーン


本日のお写真はトウモロコシ。
隣の空き地で畑をやっているおばあちゃんに頂いたたものです。

「普通のトウモロコシだと思って植えたら、ポップコーン用だったのよー・・・ゆでても食べられないし、どうしていいかわからないから全部あげる。なんとかしてー(汗)」

ということで10本近くも頂戴したので、調べに調べ、自家製ポップコーンに挑戦してみました。
ドライ花材でも、よくこんなドライコーンが売られていますが、ずっと単なるインテリア用なのだと思っていましたが
食べるために干すのだとは知りませんでした。

二週間ほど天日干しして、フライパンでいためてふたをして・・・わくわくハート
ポンポンと音を立ててはじけて、たくさんのポップコーンが完成です。



お塩をかけて、アツアツでいただきました。
ポップコーンって、種さえあれば結構簡単なのですね。

けど、畑に植えて収穫して、干して、わざわざポップコーンを作る日本人はあまりいないだろうなー・・・。
コーンを作ってくださったおばあちゃんにも、おすそわけしたいと思います〜


 
posted by Reiko | 23:09 | food | comments(0) | trackbacks(0) |
新年は肉まんで。

 

本年初の更新です・・・

みなさま、どうぞ今年もよろしくお願い申し上げます。

本年一発目のお写真は、昨年秋にオーダーでいただいたブライダルギフトです。
ブーケのように仕上がりました。

年があけて、6日から少しずつお客様も来られ、今年も楽しくお仕事をさせていただいております。


                                               


年が明けてから、最近はまっているもの。。。

実は、「肉まん」づくりであります。

先日テレビ番組で手作り肉まんの話をしていたのをたまたま見掛けると
子どもたちが「肉まん食べたい」といいだしまして
ほかほかでお肉がぎっしり詰まった肉まん、わたしも食べたーい!

ということで、クックパッドで作り方を調べたら
おお〜!すべて家にあるもので作れるではないか!

★肉まんの具レシピ : http://cookpad.com/recipe/1339318

★肉まんの皮レシピ : http://cookpad.com/recipe/2384658

ということに気づき、早速、娘と2人で製作開始。
発酵時間がかかるので、待ち時間が多いですが。






ふかし立ての肉まんは、激うまです!!!

そう!横浜中華街で食べたのにそっくり!!!

こんな簡単に家で作れるとは思いませんでした。

初めて本物の肉まんを食べた子どもたちは、感激の嵐で
息子はなんと、3個ぺろりと平らげました。(巨大肉まん1個含む)

スーパーで袋に入って売ってる「ヤ○ザキの肉まん」って、「肉」と唱っているにもかかわらず常温で売られてるし
一体なにが入ってるの?と、やたら不気味な存在でありましたので、手作りは安心です。

それにしても高級食材や、イタリアン、フレンチに凝るのもステキだけど
私はこういうB級グルメを自作して、おなかイッパイ食べるのが好きだなあ。




posted by Reiko | 15:17 | food | comments(0) | trackbacks(0) |
コーンフレークス入りクッキー



きょうの写真は
一週間ほど前のレッスンで生徒さんが作製された作品です。

以前、ランチ付きレッスンでご案内したシナモンアレンジを
春仕様にしてみました。

春らしい明るくかわいい仕上がりに、ご本人も大満足。
このアレンジ、案外どんな色のお花を入れてもかわいく仕上がるみたいですよ。

------------------------------------------------------------

さて、もう先週の話となりますが
先日、バレンタインデーがありましたよね。

最近は友チョコ流行りといったカンジで
男の子はそっちのけで女の子同士ですごく盛りあがっていて、楽しそうです。

今年はうちの娘も、友チョコづくり。
といっても、13日の夕方にいきなり作ると言い出したので材料が揃わず
チョコチップ入りクッキーを作ることになりました。



実はこれ、ただのクッキーではなくコーンフレーク入りです。
普通のクッキーと違って、ざくざくとした食感が
他にはないおいしさ。

以前、商社に勤務していたとき
とても料理上手な先輩がおりまして(ザーサイなんかも手作りしちゃうのです)

彼女の作るお菓子はすべて、美味しいだけでなく簡単。
そのうえ失敗もないので
当時、いろいろと教えてもらいました。

未だに、どんなレシピ本やサイトを見ても
彼女のレシピに勝る手軽さと味を備えたものは他になく、
ボロボロになった手書きのレシピを、未だに活用しています。

このコーンフレークスクッキーもそのレシピの1つ。
娘の友達にも、「お店のクッキーのようだ。」と大変好評でしたのでご紹介。


<コーンフレークス入りクッキー 約15個>

 .丱拭治沓gを クリーム状に練る
◆〆重30g を入れて混ぜる
 卵黄1個 混ぜる
ぁ‐麦粉100g とベーキングパウダー小さじ1 混ぜる
ァ.魁璽鵐侫譟璽(適当) と チョコチップ(適当)に混ぜる
Α.ーブン皿にクッキングペーパーを敷き、少しずつスプーンで置いて
   (4〜5cm 厚さ6〜8mm) 丸く平らにする
А。隠牽亜遒離ーブンで10分焼く

おわり。

焼き時間は、お持ちのオーブンに合わせて調整してください。(うちのは14分くらい)
冷めてから食べた方が、サクサクして美味しいです。
わたしはこの倍の量で、一度に30個くらい作っちゃいます。

おためしあれ〜







 
posted by Reiko | 11:51 | food | comments(2) | trackbacks(0) |
味玉たまごのつくりかた


 



あけましておめでとうございます。



なんじゃ?この雑草の写真は?! とお思いの方、すみません。

昨年の12月に見た、家の前の初霜の写真です。
朝日に照らされ、きらきらと美しかったので、思わず写真に納めましたが
この後、すぐにドカ雪の毎日となりまして、夢幻の光景となりました。

昨年12月28日に最後の更新をしましてから
何せ家族全員が家にいるわけなので、年末の掃除に年賀状、おせちづくりに
朝、昼、晩の食事まで。とにかく忙しい忙しい。

お正月はゆっくり休めましたか? というセリフは
主婦の方には言ってはいけない質問です。

主婦のみなさま、年末年始は本当にお忙しいこととお察しします。
本当におつかれさまです。

------------------------------------------------------------------
    

さて、この年末年始にわたしが凝ったことを、1つご紹介。

ここ一週間ほど、ほぼ毎日、家族全員の昼食を作っているわけなのですが
ソバ、ラーメン、うどん、毎日代わり映えもなくつまらない・・・

ということで、ラーメンの具に凝ってみました。
チャーシューを手作りするのは以前ご紹介しましたが>>>
この煮汁へ「味玉」なるゆで卵を投入し、味付け卵を大量作製。
日持ちするので、一度つくると一週間は軽く持ちます。

それにしても
ちょうどよい堅さの半熟卵を作るって、結構ムズカシイのです。

そこで。

<失敗しない半熟卵の作り方>---------------------------

1 お鍋に生卵を入れる。
2 火にかけ、沸騰したらすぐ火を止める。
3 鍋にフタをして5分。
4 5分たったら、すぐにお湯を捨て、水に入れて冷ます。

フタをして5分」が肝心です。その後1分でも長く放置しておくとすぐに固ゆでになるので、
5分経ったら鍋から出して、すぐ水に浸けるのがコツ。

たかが1分、されど1分。
カラを剥くのは、完全に冷めてからがオススメです。(柔らかいので崩れる可能性アリ)

※ お鍋や卵の大きさにより、出来上がり時間に微調整が必要な場合があります。


この味玉とチャーシュー、そしてほうれん草や海苔やコーンなんか載せちゃったら
巷では1000円近くもするラーメンに早変わり!
(もちろん、ラーメンはスーパーで売ってるただの生ラーメンだけど)

今年は美味しい味玉をたくさん作って、
家族に最高のラーメンを提供していきたいと思っています。 ← ラーメン屋か!(笑)

----------------------------------------------------------------------------------

 初春のひとこと。 (小6・うちの息子作)

    居眠りは  いいねむり笑点風ダジャレ)


 ということで、毎度くだらない話題が多いですが、よろしかったらお付き合いくださいませ

 本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。





posted by Reiko | 15:55 | food | comments(0) | trackbacks(0) |
人物クッキー。


とある休日のクッキーづくり。



ココア生地とプレーン生地でマーブルクッキー。 

普通だったら、この先はハートとか、ストライプとか、
かわいいエプロンして子供とクッキング〜といった感じになるわけなんですが

我が家の場合、「人物クッキー」になるのであります。
もちろん、小4娘とともに。




今回の力作をご紹介。





 ↓ ウサイン・ボルト。 ↓

 

 ↓ 走ってる最中のウサイン・ボルト。 (微妙な表情の違いを見てほしい)






ねえ、ミッキーマウスってこんな顔だっけ?



おかーさん!ぜんぜん違うでしょー!! 少なくとも口が。 (娘)

こんな感じだよ。



え"ーーーーーーー 全然違うだろ。(わたし)


思い出しながら作るのが いかに難しいかをお互い実感。




<おまけ>

ムンクの叫び。




ココアも。



posted by Reiko | 19:19 | food | comments(2) | trackbacks(0) |
焼きおにぎり
 

オーダーメードのお写真。
宮城県の被災地の会社へ送られるとのことで、元気の出そうな感じでというご注文です。

ご注文者のご職業が栄養士さんでしたので、ちょっとサラダを意識してみましたが(笑)
ケースに入れると、またとても高級感が出ます。


                              


さて、本日は栄養士さんつながりということで、料理の話。
先日、生協の注文チラシを見ていたら冷凍食品売上ナンバーワンは、焼きおにぎり
という文字を見つけました。

焼きおにぎりの冷凍ってそんなに売れてるのかーと、私としてはちょっと驚きでしたが
わざわざ買うなんて、もったいない.
うちの焼きおにぎりは5分でできて、後片付けも簡単なので、たまにはご紹介してみようと思います。
(ちなみに、わたくし料理上手ではありません。簡単なものしかしませんので〜)

-----------------------------------------------------------------------------------

<万能たれ>

焼きおにぎりといえば、たれをつけて焼くだけなんですが
一番大事なたれは、大量に作っていつも冷蔵庫に常備しています。

しょうゆ 1 : みりん 2 
(わたしがいつも作る分量 しょうゆ300cc みりん600cc )

これをお鍋に入れ、中弱火でことこと煮ること約30分。 
アクが出たら取り除いていただいて、最初の分量の半分(900→450cc)になるまで煮詰めます。
割りばしなどに線で目印をつけて、それを目安に約半分まで煮詰めるとよいです。

出来上がったら、保存瓶または牛乳パックなどに入れて、冷蔵庫に保存。

おわり。

---------------------------------------------------------------------------------

<焼きおにぎり>



おにぎりを握って、フライパンにオーブンシートを敷き(油なし)、たれをかけて1〜2分焼く。
(ハケは面倒なので、裏表に2回かけるだけ)



おわり。。。

---------------------------------------------------------------------------------

オーブンシートを使用するので、フライパンを洗う必要もなし
朝起きて、ごはんさえあれば5分でできます。 超簡単。

これを冷まして冷凍にすれば、焼きおにぎりはもう買わなくてもよいです。
ちなみに、万能たれは何にでも使えます。
ショウガを入れて生姜焼きのたれとか、肉魚類の照り焼きや、焼肉丼など。
忙しい主婦の味方

一度作ると、何週間かもちます。

おためしあれ〜




posted by Reiko | 15:09 | food | comments(0) | trackbacks(0) |
新緑のピーマン
 


知人・友人と話しをしていると
私のブログのことで一番話題に出てくるのが、どうやら料理のようで
簡単で美味しい、とみなさんいってくださるので、きょうは料理のご紹介。

知ってる方も多いかもしれない、案外定番と思われるこのレシピ。
「ピーマンのしらす炒め」

ホントのレシピはこちら→ click >>>

夏になってピーマンをごっそり戴いたりすると、使い道がなーい!とお嘆きの方もおられるかと思いますが
このレシピだと、一度に10個は余裕でいけます。

しらすは、買ってからいったん冷凍するのがコツです。←しらすは冷凍できるので我が家では常備品。
買ってきてそのまま使うと、油でハネてしらすが飛んできますので火傷に注意。

味付けは、みりんも酒も使わずに醤油だけでも全然OK。 
ピーマンとしらすの量も、そのとき家にある分で適当に。

これだけをごはんに、てんこ盛りにしてピーマン丼も可、というくらい大人にも子供にも人気料理で
なおかつ、ごはんに合います。

実は私は子供のころはピーマン嫌い。
今でも、野菜炒めや焼きそばに少しだけ入っているピーマンはあまり好きではありません。

が。 「ピーマンだけ」となると、俄然美味しくなるのはナゼでしょう。

一人だけ変わってると変わり者扱いだけど
似たような変わり者が大勢集まると、俄然、違った威力を発揮する・・・人間も同じか!?


だまされたと思ってどうぞ一度お試しを。


<本日のオマケ>

昨晩、子供関連の地域会議に出席。

場所は学童保育所。
( ↑ 補足説明 : 仕事をしていて親が留守にしている小学校低学年児童のための、夕方のみの保育所ですね)

ふと、室内の張り紙に注目・・・

<公園遊具を使うときのお約束

その .屮薀鵐海1人でのること。
その◆.屮薀鵐海高さは変えないこと。
その すべりだいは上からすべること。

さすが子供。すごいお約束だな〜。 と、こんなのをメモ取ってるわたし。 (← 全然話し聞いてない)





posted by Reiko | 07:09 | food | comments(2) | trackbacks(0) |
エゾアムプリン

知る人ぞ知る。 エゾアムプリン。
写真では大きさがわからないかと思いますが、直径20センチ高さ6センチもある
陶器の器で作られた大きな焼プリン。大人約8名分もあります。

実はきょうは私の誕生日。
この歳になると、誕生日なんてうれしくもなんともない、どころか憂鬱・・・なわけなので
自分にプレゼントを手配して、少しでも楽しく過ごしてやろうじゃないの。ということで
一ヶ月前の12月の年末のクソ忙しいときに、自分のためにプレゼント予約を入れたのが
このプリンなわけです。希望すれば、パッケージに名前なども入れてくれます。
(かわいい判子で手作りしてくれるんですよ!)


 ↑ 「ハッピーバースデイ レイコでお願いします。」 とかなんとか
自分で電話しといてこんなこと頼んでるわけですから、年を重ねるということは恥ずかしげもなくなるわけです。

北海道のエゾアムプリン製造所>>>click かなり個性的なHPなので、コレを見るとどうしても食べてみたくなります。個数限定ということと、人気があるということで、今頼んでも、2月下旬が最も早いお届けなので、一ヶ月前の手配がMustなのです。

きょう来られた生徒さんにも、おすそわけでお出ししましたが、
すごーく美味しい ♪ ♪ 珍しい〜!!と喜んでくださいました。
とにかく、食べたことのない食感のプリンなのです。
上の方が、まるでベイクドチーズケーキ状態の濃厚さ、そして下の方はあっさりと。
甘過ぎもせず、ハチミツの香りも独特です。 くせになる。

(エゾアムプリン製造所HPより 以下抜粋)
私の身のまわりで手に入る食材を、季節や天候、牛くんやハチさんの調子によって変わるそのまんまを食べることが、とても自然なことで身体にいいと思うので、多少味のばらつきがあっても、エゾアムプリンはできるだけそのまんまにしています。

夏と冬では、牛乳やハチミツなどの、材料となる素材の味が自然と変わるので
プリンの味も変わってくるとか。 今度は夏に頼んでみよっかな。
(あ、来月から材料が変わるらしいですね)


賞味期限が5日間ということですが、あまりのおいしさに2日もあれば完食してしてしまいそうな勢いで、私の誕生日をはさんで4日も出張で留守にしている夫の口には、どう考えても入らないだろう、仕方ないよね、そうよそうよ、美味しいんだからたべちゃおう〜!なんて子供たちと言っていたら、ピンポーン!と呼び鈴が鳴って、花束が。
最近はあまりの忙しさに一日30分くらいしか顔を合わせない夫が、さすがにもうヤバイだろうと気を遣ってくれたようで、内緒で花束を手配してくれていました。 



プリン残しておこっかな。。。 いや、ムリだな。






シンプル&スタイリッシュなプリザーブドフラワーは7rpmへ
posted by Reiko | 20:51 | food | comments(2) | trackbacks(0) |