若者たちよ。結婚式を楽しもう!

 

本日のお写真は、2月に挙式をあげられたお二人。

デザイン系のお仕事をされている、グラフィックデザイナーさん。

 

ブーケはお母様の手作りで

もちろんデザインもアイディアも、お母様の持ち込み企画。

 

中央区万代にある「小さな結婚式場」というところで挙げられたそうで

こちらは、近年、従来型の結婚式業界に殴り込みをかけたとも言える、今、話題の式場です。

 

結婚式といえば、ホテルや豪華な式場で数百万円かけてやるのがあたりまえでしたが

こちらはヘアメイク、ドレス、挙式費用だけで、ほんの数万円で済ませられるというリーズナブルさ。

 

ここ数年、豪華な結婚式を挙げるカップルは激減しており

入籍だけで済ませる方も多く、こういう手軽で安価な式場が支持されています。

 

今の若い方たちは、とても合理的なので

結婚式より旅行や新生活にお金をかけたい、というのが本音なのだと思います。

価値観が大きく変わってきている、ということでしょうか。

 

           ☆

 

私が思うに、最近は芸能界の方たちが豪華な結婚式を挙げなくなったのが一つの要因なのではないかと見ています。

昔は、山口百恵さんが数億円の結婚式をテレビ中継している時代もありましたが

最近は、引退した堀北真希さんも式は挙げなかったようですし

 

挙げる方もひっそりと海外で済ませてきたり、あまりテレビ報道はされなくなりました。

派手なのはダサイ、なんてイメージがあるのかな。

 

でも、この歳のわたしから言わせていただきますと

結婚式は挙げた方がいい。

そして、ドレスや和装も着て欲しい。

 

若いときには気づかないのですが、若さはずっとは続きません(笑)

歳を取ってもドレスが似合うなんてのはエリザベス女王くらいなもので

後からなんて、そうそう着られるものではありません。

 

きょうの写真の花嫁さんも、最初は乗り気じゃなかったのに

結局、ほかにもドレスや和装も着ちゃいました。

 

だから、ぜひぜひ式を挙げて欲しい。パーティーでもなんでもいいから。

結婚式って楽しいんですから!

 

 

ショパンが弾きたい。

 

本日のお写真はキャスケードブーケ。

新婦さまのお母さまの製作です。

 

ご本人とお母さまがご相談されて決めたキャスケード。

下に流れるデザインはとてもエレガント。

 

このところキャスケードブーケを作ることがあまりなかったので

久しぶりなのですが、やっぱり豪華で素敵です。

最近でいうと、女優の北川景子さんがユーチャリスのキャスケードブーケを持たれたのは記憶に新しいところです。

 

      ★ ★ ★

 

年が明けてからは、秋にお預かりしたプリザーブド加工の仕上げに追われておりますが

それでもやはり、他の季節よりも家にいることが多い冬。

今年の目標の一つとして、コツコツとピアノを始めました。

 

もともと子供のころからやっていたましたが

大人になってからは、ずっと遠ざかっていて

娘が習うようになってから、私も久しぶりにピアノに触るようになりました。

 

ショパンが弾きたい!

昔からの夢です。

 

「英雄ポロネーズ」なんかを弾きたいところですが、どう考えても無理なので

比較的簡単そうなところでワルツ9番「告別」。

 

ショパンは黒鍵ばっかり使うのでホントに難しいのだけれど

毎日コツコツやってると、いやはや、ちゃんと弾けるようになるではないですか。

 

努力して、努力して、できるようになるという体験は

大人になるとすっかりなくなってしまうので、ものすごく新鮮。

 

何が私をそこまでさせるのか?といわれるならば

ショパンの音色がそうさせるのであります。

 

何百年と残っている音楽というのは圧倒的な魅力があります。

 

毎日、ピアノのふたを開けっぱなしにして

一日に5分くらいずつ、何回かに分けて練習。

 

今、一番の楽しみです。

 

☆冬のウェディング・ボールブーケ☆

 

今日のお写真は、ボールブーケ。

白無垢用に、お母様から結婚されるお嬢さんへ手作りのブーケのプレゼント。

新潟では、冬の挙式は少ないのですが、最近は家族で簡単に済ませる方が多いので

1月や2月もときどき見られるようになりました。

 

実は私、先週、正月の疲れが出て軽いぎっくり腰をやってしまいまして

予定していたお客様のレッスンを1回キャンセルさせていただいたのですが(ごめんなさい)

こちらのお客様は、翌週に前撮りがあるとのことなので待ったなし。

おかげさまでだいぶよくなっていたので、間に合ってよかったです。

 

    ☆ ☆ ☆

 

今日は成人の日。 成人式を迎えたみなさま、おめでとうございます。

わたしの関わったたくさんの髪飾りたちが

昨日、今日の2日間、日本中の女の子たちのお役にたったと思うととてもうれしく思います。

 

貸衣装店さんでの販売も兼ねている関係で

ネット上で花の髪飾りの写真はほとんど公開しておりませんが

ちょっとした小物飾りだけを、スマホのアプリを利用して販売し始めました。(あまり詳しくは書けなくてごめんなさい)

 

手頃な価格の小物だったせいか、成人式前ラスト一週間の駆け込み注文が、一晩に数十個にも及ぶ日もあり

夜中まで対応が続きました。

たくさんお買い上げいただいて、本当にありがとうございます。

 

これからしばらく卒業式の季節が終わるまでの間

うちで内職しながら、ごそごそとお小遣い稼ぎをして過ごそうと思います。

 

スマホって、本当にすばらしい。

うちに居ながらにして、初期費用もかけずに商売ができる。

まだまだ、新しい可能性を感じます。

 

他の方の販売ページを見ていても思うけど

こんなものが!といったアイディア次第で、いくらでも商売ができるのです。

 

人工知能に負けないチカラとは 「アイディア」そして「応用力」。

これさえあれば、激動の時代を何とかやっていける気がします。

 

 

2018年 ありがとうございました☆

 

本日のお写真は、ウェディングブーケ。

完全オーダーメード作品です。

 

流行のユーカリベースのナチュラルブーケ。このマークでおなじみのPinterest風です。

イメージ通りのすてきなブーケに仕上がったので、ご本人にも喜んでいただけまして

この花嫁さんともすっかりうち解けて、仲良しになりました。

またいつでも遊びに来てね。

 

最近のお嬢さんたちは、みなさんPinterestかインスタの写真を持って来られます。

新しい時代は、すべてスマホから入ってきます。

 

 

さて、今年もあと残すところ4日ほどとなりました。

今年を振り返ってみると、とても楽しく心地よい年でありました。

 

この仕事を始めて、もう10年以上になるここ最近は

利益云々ではなくて、みなさんと楽しく過ごしながら、

それが最終的にお役に立っていればいいなあなんていうスタンスで、仕事をするようになりました。

 

だれかのために役に立てる仕事をしたいと思って暮らしていると

巡り巡って必ず自分のところへ返ってくるのです。

 

        ☆

 

先日、7年前にお嬢さんの成人式の髪飾りのオーダーをくださったお客様から

今年成人式を迎える次女のお嬢さんが、同じ髪飾りを使って写真を撮りました、というメールをいただきました。

それもなんとプリザーブドフラワーの髪飾り。

 

色あせも、劣化もせず、大切に保管してくださっていたんだなと思うと

とてもうれしく思います。

 

来年もまた、いろいろな人との出会いを大切に

楽しく仕事を続けていけたらいいなあと思っています。

 

        

 

Wedding in Hawaii ☆

 

大変ご無沙汰いたしました。

前回の更新から1ヶ月半も経っちゃいました(汗)

 

マメな性格ではないので、活動全部をお知らせするようなマメマメしいSNSは苦手なのですが、

今年の春ころから軽〜い感じでインスタも始めてみまして

 

ブログも軽〜いタッチでさらりとやっていこうと思いますので

たまにのぞいていただければ幸いです。

 

              ☆

 

さて、本日のお写真はハワイ挙式のお客様の花かんむりとブートニア。そしてご親戚用のコサージュです。

ご本人とお母様の3人で作製されました。

白いウェディングドレス用。

 

ブーケはハワイで生花をご用意されるとのことですが

ハワイの青い海に合わせてオレンジ&イエローを選ばれました。

 

当日、オレンジとイエローのリボンを持参してブーケに縛るとのことです。

美男美女のお二人でしたので、当日のお写真が楽しみです。

 

             ☆

 

それにしても、3日前くらいから気になるのがキンモクセイの香り。

毎年9月30日くらいから10月にかけて、薫っていたような気がするのですが

ここ数年、半月くらい早くなっています。

 

これも猛暑や異常気象の影響?

 

キンモクセイ。

 

昔、OLしていたころ、9月30日に退社される方に渡す花束を花屋さんに取りに行ったら

そのお花屋さんが、店先にあったキンモクセイを新聞紙に包んで、私に持たせてくれたことを思い出します。

 

 

☆七夕Wedding☆

 

7月7日七夕の日のウェディング。

ブーケを作らせていただきました。

 

ひまわりのブーケ。

ひまわりはたくさん使いすぎると子供っぽくなってしまうので

小花やグリーンを多用して、ナチュラルな雰囲気に。

 

茎が長く、ナチュラルなY字型が最近のトレンド。

トレンドは毎年どんどん変わるので、ウェディングに携わるものとして勉強は必須です。

 

そしてもう一つ。

蜷川実花デザインのドレスに合わせたリストブーケ(左手)とヘアコサージュ。

 

 

蜷川実花デザインのドレスに合わせてブーケを作るのは二度目ですが

ドレスの発色が複雑かつ絶妙で、ドレスそのものがスゴイ存在感を放っているので

ブーケを合わせて作るのが本当に難しい。

 

試着写真だけを頼りに、花材を集めるわけなのですが

当日の写真を見せていただくまで、色が合ってるのかどうか不安なのです。

 

 

リストブーケはドレスと一体化していてバッチリでした。

(一体化させないで敢えて見せるというのもありですが。そこは新婦さまとのご相談で決めていきます)

 

新郎さまのブートニアは小さめに。

私の個人的見解ですが、ブートニアは小さいほうがぜったいカッコイイ。

 

たった一度の打ち合わせだけで、ここまで合わせてくるのは、実は結構大変でしたが

新婦さまには、とても喜んでいただけました。

 

どうぞ末永くお幸せに。

 

 

 

 

 

ディスプレイ・メンテナンスのお仕事

 

本日のお写真は、

チャペルのフラワーディスプレイのメンテナンスのお仕事の写真です。

(会場では別なことが行われていたので、隅っこで撮影させてもらいました)

 

もともと私が作った物ではありませんが、出入りしているショップさんからのご依頼で

使われている花も、長い時間の経過で落ちたり紛失したり、形は変形して

立てることすら出来なくなってきたとのことで、ベースから作り直して

ほぼ、最初と同じものに復元いたしました。

 

ショップのみなさま、このような造花の崩壊でお困りでしたら

だれが作ったかわからないものでもなんでもメンテナンスいたしますので、ご連絡くださいませ。

 

わたしはフラワーレッスンだけでなく、ショップ・ディスプレイ、プリザーブド加工、着物髪飾り、ウェディングなど

何でもかんでもやりますが、毎年その年の仕事の中心となるものが変わるので、

実におもしろいものだなあと思います。

今年は、ショップさんからのディスプレイ関係のご依頼が多い年かな。

 

ということで、この話にちなんで、研究者・落合陽一氏の仕事の流儀。

最近話題の研究者・落合陽一さんの話をYoutubeで毎晩聞きながら寝ておりますが

彼の話、実におもしろいのです。

 

<3年おきにパラダイムが変わることを理解する>

 

3年おきに世の中の仕組みがガラッと変わっちゃうんで、3年後のための職業を考える、とかじゃなくて

パラダイムはしょっちゅう変わるから飛び乗れ!ってかんじです。

なるべく仕事のバラエティを増やしておかないと

どれが稼ぎ頭になって、どれが廃れていくかわからないんですよね。

 

 

 

☆December Wedding☆

 

本日のお写真はウェディングブーケ。

今年は本当にたくさんブーケのご依頼をいただきました。

 

こちらのお客様が今年最後のウェディング。

今週末の挙式でいらっしゃると思います。

 

レッスンにてお母様が製作されました。

実際は白いウェディングドレス用ではなくて、ピンク系のドレスに合わせて作ったので

どんな仕上がりになっているのか、まだ私は見ておりませんが、挙式後にお写真をいただいてアップできると思います〜

 

 

ブーケに合わせて作った花冠。

後ろでしばるリボンは、なんと1メートル近くもあります。

髪の長い方なので、長いリボンが揺れてきっとすてきなんだろうなあ。たのしみ☆

 

 

          ☆☆☆

 

 

さて、私ごとですが、今週日曜日は娘のピアノの発表会。

5歳から始めて10年、この発表会を最後にピアノをやめる予定でいます。

 

今まで何度か、わたしも一緒に連弾で発表会に参加してきましたが、いよいよ今年が最後の連弾。

記念すべき最後の発表会を万全の体制で迎えたいと思っているのですが

 

なんと当日午前中に中央区にて出張レッスンが入ってしまい

終わり次第、午後から発表会へ直行というハードスケジュールとなってしまいました。

まあ、これもまたいい思い出か。

 

最近は、私も毎日、ピアノのレッスンを欠かさずやっております。

 

 

蜷川実花ドレスのブーケ。

 

本日のお写真は、広告用のモデルさんではありません(笑)。

先日、レッスンにてご自身で作製されましたアーティフィシャルブーケ。

挙式が終わられたとのことで、お写真を送ってくださいましたのでご紹介します。

 

以前、ブログでもご紹介しましたが、蜷川実花デザインの新作ドレスに合わせてデザインしたブーケ。

お色、素材までも細かく調べて、新婦さまと一緒に打ち合わせをして材料を揃えました。

 

 

実際にドレスを着てブーケを持っていただいたお写真を拝見してみて、想像以上に似合っていてうれしかったなあ。

ご本人のブーケのご感想をメールでいただきましたので、一部ご紹介。

 

「ドレスもブーケも可愛くて大満足のお色直しが出来ました
 枯れないからずっと取っておけるし、作って本当によかったです
 ありがとうございました

 

当初、式場さんからのオススメはグリーンとピンクのふつうのブーケだったようですが

私の提案で、このようなブーケにさせていただきました。

実際に似合っているか不安でしたが、お写真を拝見して一安心。

 

ドレスがわかりやすいようにと、全体像を送ってくださいました。

蜷川実花さんらしい、とても美しい色合いのドレス。

新郎新婦さまも、美男美女でとてもすてきです。

 

 

ドレスと一体化しながらも少しインパクトのあるブーケ。

そんなイメージでしょうか。

 

N様ご夫妻、どうぞお幸せに〜

 

 

 

Weddingオーダーあれこれ

 

8月に入り、あっというまにお盆となりまして、仕事を一時休止してアトリエの掃除などをしております。

今年はウェディングのご依頼がとても多く、きょうのお写真は9月上旬に挙式予定のお客様のブーケ。

アーティフィシャルですが、一部プリザーブドを使用しております。

きょうは、たまにはウェディングのオーダーのお話をしてみたいと思います。

 

ご依頼をいただいたら、まずイメージ写真やドレスのお写真をご用意いただいています。

それも、1枚ではなくて何枚か送っていただくとより傾向がつかめます。

それらのデータをもとに、材料を集め、まずは材料だけのお写真を送ります。

そこで、要るもの、要らないものなどを最終調整。それから初めて作製に入ります。

 

今回のお客様のウェディングテーマは「ラプンツェル」。

なので、ご依頼いただいたリストブーケも、ラプンツェルカラーです。

 

 

そしてヘアアレンジもラプンツェル。

今年から、ヘアスタイリストさんに時々出入りしていただいているので

時間的にタイミングが合えば、ここまでのご提案もして差し上げられるようになりました。

これらの完成品写真をメールで送って、了解を得てから納品となります。

このお客様は、お写真を見て大変気に入ってくださって、喜んでいただけました!

 

お近くの方であれば、一度お越しいただいて、現物を確認してからお渡ししています。

(その場で修正や調整もあります)

今まで、遠方の方も含め相当数のウェディングを手がけて参りましたが、クレームは1件もありません。

 

お客様にとって最高のウェディングとなりますよう、できる限りのお手伝いをさせていただけるよう努力しています。