続けること。

 

久しぶりの更新です。

本日のお写真は、卒業式用の髪飾り。新潟大学近くのヘアサロン、匠for hairさんに納品したものの一部です。

 

 

それにしても、毎年、冬は暇だったのですが、今年はリングピロー、髪飾り、コサージュそして3月に大きな講習会のご依頼をいくつかいただき、打ち合わせや準備に奔走中。

 

そして、プライベートでは以前ブログにも書きましたが、英検準2級の2次試験(英語面接)が昨日ようやく終わりました。

何でこの歳で英検!? と言われそうですが、仕事と家事をしながら、試験前の2週間毎日コツコツ勉強してみたけど、時事質問が想像以上に難しい。。

というか、環境問題などについて聞かれると、大人なので下手に知識を使っていろんなことを言いたくなっちゃうのです。

でも英語じゃ言えない(汗)。そういう邪念を全部捨てて、シンプルな英語で答えるって難しい。

 

こんなに忙しくなるなら受けるんじゃなかったと、勉強しながら本当に後悔しましたが、終わってみるとやってみてよかった。

外国人と話ができるって、単純に楽しい。それがわかっただけでも一つ財産が増えた気分です。

 

これをきっかけに、今後も地道に楽しく英会話を続けていきたいなあと思っています。

 

 

             ★ ★ ★

 

 

ところで、「続ける」で思い出しましたが、私の仕事ももう10年近くとなり、ずいぶん長く続けております。これもそれも、たくさんのお客さまやお店の方、友達、そして愚直に続けてきたHPのおかげ。

 

愚直に続けること。

 

自分がやりたいと思っていることが明確にある人は、愚直に続けることが遠回りに見えて実は近道なのだと思います。

何かを始めて、うまくいかなくて悩んでる方はたくさんおられると思いますが、あきらめず、ぜひ愚直に続ける努力をしてほしいなと思います。

 

先日YouTubeで、NPO法人Living in peace慎秦俊氏のパネルディスカッションを聞いてたらとてもいいお話をされていたのでご紹介。

 

「中学や高校などの若いときに天才と呼ばれていた人でも、30代40代になるとほとんど残っていない。残る人と残らない人の違いは何か。それは続けるかどうか。愚直にやるかどうか。自分がこれをやると決めたことをやり続けるかどうか、それに尽きる。」

 

 

 

 

 

 

☆Happy Wedding☆

 

 

 

本日のお写真は、昨年末にブーケを作りに来られたお客様から挙式写真を頂戴しましたのでご紹介します。

ブーケ、ブートニア、花冠、リストブーケの4点セット。

 

 

こちらのお写真だと、ブーケがよく見えるかな。

お写真はご本人のチョイスで、WEB掲載OKいただいておりますが、最近の挙式はいろいろなポーズで撮影してくれるんですね。

すごいなあ・・・なんか雑誌の切り抜きみたいです。すてき。

 

 

花冠は、アトリエで作製したときには、少し大きすぎじゃないかと心配されておりましたが、なんせボリューミードレス着用での花冠ですから少し大振りサイズでも大丈夫。

こうやってみるとちょうどよい大きさです。

 

花材選びに頭を絞りましたが、本当にすてきな挙式になってわたしもうれしく思います。

どうぞお幸せに。 ご利用ありがとうございました。

 

 

 

 

リングピロウ作成中

 

本日のお写真はリングピロウ。

新潟市中央区神道寺のジェンメオミイムさま☆☆☆にて、販売させていただいております。

小さいものから大きいものまで、フェアに合わせての納品ですが、私のピロウのこだわりはリングをかけるピンにあります。

実はすべてビーズを使った手作り。一つ一つ丁寧に作製しています。

 

現在、かわいいピロウが、アトリエのテーブルにたくさん並んでおります。

 

今日は立春。

もうすぐ春のウェディングシーズンがやってきます。

なんだかうきうきしてきますね。

 

 

 

 

☆Happy wedding☆

 

本日は、オーダーメードのブーケご注文をいただいたお客様のお写真ご紹介。

 

今、こんなふうにエコスタジアムで撮影したりできるんですねー!

電光掲示板に、お二人の名前を入れてくれたり。

 

 

新婦さまはもと美容師なので、ヘアもメイクもお友達の人気スタイリストさん作。

個性的な新婦さんなので、ドレス姿もご本人らしさがよく出ていて、彼女の個性をお友達のスタイリストさんが熟知しているのがよくわかります。

 

パーティー形式での大人のウェディング。

 

生成りのスレンダードレスと伺っていたので、

花の色やリボンも生成りにしましたが、ぴったりお似合いでうれしい。

そして、新郎さまのブートニアも想像以上にお似合いだったので、さりげなくうれしかったりします。

 

素敵なウェディングのお写真、本当にありがとうございます。

どうぞ末永くお幸せに・・・

 

 

 

 

これからの目標を明言してみる。

 

 

新潟は毎日お天気が悪く、雪が降っております。

もう雪は見飽きたなあ。。。春が待ち遠しい。。。

 

さて、最近の私の動向。

実は先日、なんと英検を受験してきました。中学生のときに受けて以来なので○十年ぶり。

 

なぜ急に?と不思議に思われるかと思いますが、ここ数年、息子と一緒にさんざん英語を勉強してきたし、最近はSkypeを使った英会話を始めてみたりと、せっかくいろいろやってるんだから、一つチャレンジしてみるか、という流れなのであります。

(字幕なしの映画とか、TEDのプレゼンとかをそのまま理解したい,などの単純な理由もあるけど)

でも実は、これが花の仕事や家事を離れた唯一の気晴らしでもあります。なんでも楽しんでやらなくちゃね。

 

 

今回は、中二の娘が英検を受けるので一緒に申し込み。

昔はそれなりに得意だったけど、もうすっかり忘れてしまい、しかしながら娘と同じ級を受けるのも悔しいので、1つ上の準2級にチャレンジ。

応援するばっかりじゃなくて、たまには自分が頑張る姿を見せるというのも子どもには影響ありのようで、「お母さんも英検受けるよ」といったら娘がめちゃめちゃ喜んでました。

 

それにしても、「試験」と名の付くものにチャレンジしたのは本当に久しぶりだったので、それはそれは緊張しまして(不合格でも別にいいのだが汗)受験生のころの気持ちがよみがえってきます。

 

こんな経験をしてみると、親として安易に「頑張れ」なんて言えなくなっちゃうなあ。。。

受験者本人は、もういっぱいいっぱいなのですから。

こういうときは「大丈夫」という言葉が最適のように感じます。


 

 

そして、あらためて今回、思ったのは、英検受験者に案外大人が多いということ。

かなりご年配の方もちらほら見られ、70代くらいの方もおられました。

 

ああいった姿を見ていると、いくつになってもチャレンジ精神旺盛に生きるというのは、大事なことだなあと改めて思います。

基本、人間というのは変化を嫌い、だんだん年とともに新しいことにチャレンジしなくなり、心も身体も老けていく。。。

 

なので、そういう流れを払拭すべく、私も今年はチャレンジの年(と勝手に決めている)。仕事もプライベートも新しいことが、てんこ盛り。

 

英語に関しては、今後二年以内に英検2級まで取得することを、とりあえずの目標にしようかなと思っています。

(↑こうやって明言することも大事ですよね。なんせ、あとに引けなくなる)

 

そうでもしないと、大人が一人で勉強なんて続かないんですよ、ほんと。