スマホの中に世界は広がる


 

本日のお写真はブーケ。

今月挙式のお客様で、レッスンにて新婦の妹さんが作製されました。

 

最近、お母様やご姉妹がブーケを作ってプレゼントされるケースがとても多いようです。

幸せになってね、というメッセージを込めて作製される御家族の気持ちが伝わってきます。

 

今年はブーケのご依頼のとても多い年だったなあと、年の瀬を迎えつつ感じています。

 

☆  ☆  ☆  ☆

 

さて、ここからはまた余談コーナー。

最近はまっていること。

 

スマホ。

といったら笑われそうですが(笑)みなさん、スマホをどんな風に活用されていますか?

もちろん、スマホを使っていないという方も多くおられると思います。

 

わたしも、数年前まではメールと電話だけあればスマホなんていらないや、という人間の一人でした。

でも、最近思うのだけど

スマホをうまく使うのとそうでないのとでは、これからの生活が全然違ってくるのではないかと感じています(パソコンももちろんだけど、なんせ小さくて持ち歩けますから)

 

とにかく、スマホは新しい情報をすべて自分から取りに行ける。

 

以前、息子からYouTubeで観られるちょっとした講義動画を教えてもらって以来

どんどん横滑りに自分で興味のあるものを拾っては観るようになりました。

 

たとえばグロービス知見録 >>> (YouTubeにもチャンネルあり)

 

堅苦しいめんどくさい話もたくさんありますが(そういうのはスルーして)

一方で、普通だったら高額のセミナー代を払わないと聞けないような

時代の最先端をいくベンチャー起業家、女性起業家たちのパネルディスカッションなどを無料で聴くことができます。

小泉進新次郎氏 、サイバーエージェント藤田氏 、 DeNA南場氏 、 GMO熊谷氏とか。

 

グロービスに限らずホリエモンから茂木健一郎、孫正義まで

テレビではほとんど話をしない、とにかくすごい人たちが

今現在考えていることを、YouTubeで簡単に、それも無料で聴くことができるってすごいことです。

 

わたしはこれから起業しようと思ってるわけでもなんでもないんですが、

世の中を動かしている人たちの話は、聴いてるだけでわくわくします。

そして、自分の子ども達が大きく関わってくるこれからの世の中の変化を、見逃してはいけないとも思っています。

 

受け身でしかないテレビの時代はもう終わったようで

スマホ、パソコンを使って自分から情報を取りに行く時代になりました。

 

こんなにすごい内容の話を何度も繰り返し聞けるスマホ。

洗濯を干しながら、料理をしながら聞けるスマホ。

イヤホンで家事をしながら、私の頭の中は世界へ果てしなく広がっております。

 

 

 

ランチ付レッスンレポート

 

ランチ付プリザーブドフラワーレッスンin ビストロ・ナオミ2回目。

東京では雪が降り、11月の列島寒波に襲われた日でしたが、新潟はSunny day!

遠くから来られるかたもおられるので、とても心配しましたが、

10時ころにはお日様が出て一安心。

 

急きょお一人欠席者が出たので、ビストロナオミさんにご連絡すると

「最近、毎日忙しくて忙しくて(汗)、人数が減ると逆に楽で助かります」

とのお返事。←まじか。

さすが。超人気店のオーナーシェフ。

 

他店では、いきなり予約人数が減ると嫌味を言われるのが一般的なので、本当に親切なお店なんです。

打ち合わせ等、お店の方とお話してもお食事しても、嫌だなと思ったことが一度もナイ。

これって実は、すごいことだと思います。

 

なんと、今回はレッスン中のお写真がなく。。。いきなりレッスン終了後の写真です。

あまりにみなさんとお話が弾みすぎて撮り忘れました。

 

今回のお食事は、レッスンで使うお部屋とは違う奥の個室に移動。

7名ちょうど入るくらいの大きさなので、声も届いて話しやすく

まあ、盛り上がる事といったらものすごい。

 

こちらのお写真は、前菜のサラダ。

このあとに、自家製パンとカブのポタージュがあったのに、またしても写真撮り忘れました(汗)

 

最近のランチ付レッスンの特徴は、食事時間がものすごく楽しいこと。

1回目も、ものすごい盛り上がりでしたが

2回目も、みなさんお知り合い同士ではないんですが、とにかく盛り上がってすごいんです。

自慢じゃないけど、うちのお客様はみんなほんとにいい方ばかりです。

 

 

わたしが頼んだのは、チキンソテー。(お魚を選んだ方は真鯛です)

そしてデザート3点盛り。

 

お料理もおいしくて

私にとってはちょっとした忘年会気分。

 

ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました!

 

 

ファンタジーも大事。

 

本日のお写真は、来月挙式のお客様のブーケ。

完全オーダーメードです。

シック系でいつものわたしの感覚に近いので、とても作りやすいブーケでした。

レストランウェディングとのこと。

どうぞお幸せに・・・

 

 

 

<おまけ>

 

さて、本日のおまけ、余談コーナーです。

最近、すごく思うことがあるのですが

人間って大きく分けると、ファンタジー系の人とドキュメンタリー系の人と分かれるような気がします。

読書でいうなら、SFやファンタジーなどのストーリー系が好きな人と、ドキュメンタリー・論説系が好きな人、といった感じでしょうか。

実はうちの家族、私以外はみんな後者のドキュメンタリー系の人間のような気がします。

特にリケジョの娘はすぐに現実的に科学的分析をしたがる傾向が。

 

 

 

先日、娘にこんなことを聞かれました。

 

「おかあさん、アダムとイブってなに?」

 

「旧約聖書の神話の中で、神が創造した地球で最初の人間といわれてる人たちだよ。アダムが男でイブが女。」

 

(わたしの頭の中。こんな感じでロマンティックなイメージ)

 

 

 

 

 

「ふーん。最初の人間ってさ、原人とか?」

 

 

 

 

(娘の頭の中)

 

 

「だからさー!!!神話だから。あくまでもファンタジーの世界ですからっ!!!」

 

 

 

「なにが違うの?

 最初の人間は原人でしょ。」

 

 

・・・ ファンタジーがないっ!!

 

 

 

December lovely boquet


 

本日のお写真は12月挙式予定のお客様のブライダルブーケ。

久しぶりにラブリーな感じのブーケのご依頼です。

レッスンにてお母様が作製されました。

 

20代前半のお若い花嫁さんで、ご本人のご要望に合わせて材料をそろえました。

来月のクリスマスのころの挙式とのこと。

新潟では珍しい冬の挙式ですが、街はイルミネーションに彩られ、きっと雰囲気のあるお式になるのではないかと思います。

 

ほかにもたくさんご注文いただきましたので

後日、もう一つのブーケもご紹介したいと思います。

 

 

 

ローズヒップのビッグリース

 

本日のお写真のメインは、手前のアートフラワーではなくて壁のローズヒップリース。

先日のランチ付きレッスンにご参加くださったOさんが

ローズヒップの実(枝付き)を刈り取って大量に持ってきてくださったので、帰宅後に早速作ってみました。

大きさがよくわからないかもしれませんが、直径40儖幣紊△蠅泙后

 

ローズヒップって、お茶の名前ではよく聞きますが

ようするにバラの実なので、枝にはトゲがびっしり。

 

枝ぶりも素敵だったのですが、今回は大量にいただいたので全部カットしてリースにびっしりと貼り付けてみました。

赤いリースって、とてもすてき。いよいよクリスマス感が増してきました。

みなさんも、どこかでローズヒップの実を見つけたら、作ってみてはいかがですか?

 

わざわざ買ってきたものじゃなくても、素材はあちこちに転がっています。

こういう自然な暮らし、すごくすてきです。

 

 

 

(おまけ)

 

最近、話題になっている映画「君の名は」。

 

とてもすばらしい作品だということで、世界中からオファーがあり

85カ国での上映が決まったとの話を、先日ニュースでやっておりました。

 

すばらしいなーと思いながら、ふとわたしの頭をよぎったのは

映画のタイトルってどうなるんだろ?

 

君の名は

  ↓

  ↓

  ↓

What’s your name?

 

うわーーーー、なんか違う。なんか違う。

世界観が全然違う気がします。

 

 

同様のケースで

英訳された夏目漱石のタイトルがどうも変だと、友人が言ってたことを思い出します。

 

我が輩は猫である

 ↓

 ↓

 ↓

I am a cat

 

これも絶対違う。。。。違う違う違う。

 

こうやってみると

日本語って複雑で、

しかしながらとてもとても きめ細やかな世界観を持った言葉だなと改めて感じます。

 

自分の国の言葉、そして文化。

大切にしなければ・・・ですね。